怒涛の伏線回収!!残る謎は?日野黒幕説?最後に日野は何を持って行った?「真犯人フラグ真相編」19話

Huluオリジナルストーリーを見る

河村がやったことを時系列でまとめ!

のストーリーが配信されています!
本編の最終回で納得できない人、こちらで細かい伏線回収を要チェックです!

残り2話ということで、怒涛の伏線回収でしたね!
押入れの中身が切られた10番のユニフォームだったとか、一星は本当は犯人じゃなかったとか、結構を予想が当たっていました!
やった~!

 

「真犯人フラグ真相編」19話で明かされた伏線回収を一挙ご紹介します!!

真犯人フラグ真相編 19話パパっとネタバレ!

菱田家の押し入れの中身

ついについに…!菱田家の押し入れの中身が明かされました…!

6話から長かった…。

 

篤斗(小林優仁)は、エースナンバーを獲得したことでチームメイトの上級生からひがまれ、いじめに遭っていた。上級生は清明(桑名愛斗)に命令してユニホームを盗ませ、上級生がユニホームを切り刻んだ。

 

失踪した日、篤斗はユニホームがなくなっていることに気づき、それを探すためにサッカー教室に行った。(山田コーチは、「忘れ物を取りに来た」と証言していた)しかし見つからず、1人で帰っているところ、清明のお迎えに来た朋子と出会い、
「清明が間違って持って帰ってるのかな?サッカー教室にいるはずだから、一緒に行こう」

篤人の手を取って一緒に歩き始めました。

後ろに歩いている女子高生は、光莉ではなく、偶然通りかかった子。

→ドライブレコーダーに映っていた3人の姿。

 

 

篤斗はショックを受けて、ロッカールームを飛び出し、その時にGPSが落ち、ボールを置いていった。

ボールを持っていると疑われるので、山田コーチが犯人の仕業に見せかけ、凌介の家に蹴りこんだ。

篤人が車に乗せられたときに「ボールを持っていなかった」という情報があった時に、「持っていたはず…」としどろもどろになっていたのは、このためである。

 

※あれ?朋子が真帆の赤い傘をさしていた理由については、何も語られていないよね??

 

 

結局、押し入れの中身は切られたユニホーム、失踪の時に篤人が持っていた傘だった!

 

「押し入れの中身がユニホーム」というところは、予想当たりました!

朋子が真帆に憧れていて、嫉妬していたってのも当たってたけど、それでも真帆のこと好きだったから、悪意は抱いてなかったんですね。

押し入れの中に入っているものは何?清明はなぜ篤斗に謝っていた?「真犯人フラグ」6話考察

朋子は真犯人に脅されていた

朋子もまた、清明がいじめに加担したことがバレ、世間に叩かれるのを恐れて、黙っていた。

篤斗の病室に入って包丁を突きつけ「シーッだよ」と言ったのも、そのこと。

 

しかし、朋子が黙っていた本当に理由は、真犯人に脅されていたからだった!

 

  • 清明が「しゃべったら殺す」と脅された。
  • 菱田家に何者かが侵入。(少しだけ、清明を凌介に預ける)
  • 部屋に戻ると、押し入れの扉に赤いインクで、「しゃべりすぎだ」と書いてあった。

 

朋子がやったこと。

  • 林殺害の凶器の包丁を凌介の部屋のキッチンに置いた。
  • 凌介の入院中、荷物を持ち出す際に、相良家のビデオを持ち出して、部屋の前に置いておく。翌日に家の前に戻ってきていたから凌介の部屋に返しておいた。

 

真帆が失踪日に会っていたのは誰?

失踪日の朝、ゴミ出しの帰りに、「今日、雨降るって。サッカー教室休みかなぁ?」と話していた真帆と朋子。

 

その時、真帆は「サッカー教室がお休みになったら、篤斗のことを預かってくれない?」と朋子に頼んでいた。
「パートを遅番ってことにしてあるから」と。

 

真帆は林と会うのだろうと朋子は思っていた。
しかし林のアリバイから、真帆が会っていたのは林では無いことがわかっており、前日に「直接部屋に行く」と電話をしていた相手も林ではありませんでした。

 

 

では真帆が会っていた相手とは誰なのか?

 

ここの真相は最終回までおあずけ!!

 

バタコが篤斗を誘拐した理由

バタコ(香里奈)はサッカー教室を見に行って、篤斗がいじめられていることに気づいていた。

 

失踪の日、ショックで飛び出した篤斗に声をかけた。
バタコ「私、10番のユニホーム持ってるよ。あげる。ママに心配かけたくないでしょ?」

 

それで、篤人は自ら車に乗った。

 

白い車で篤人を連れ去ったのは、バタコ。

でも、その時のことを詳しく話すと、清明にユニホームを切られたことも喋らなきゃいけないので、篤人は誘拐当日のことはかたくなに話さなかった。

 

圭樹の冷凍遺体を凌介に送りつけたのは、篤人と圭樹が取り違えられていると思い込んでいるため、凌介に本当の息子を返してあげて、篤人を探すのを辞めさせようとしたから。

バタコ「ちゃんと返してあげたのに。あっちゃんの影(凌介)がしつこくあっちゃんを探すから、断ち切ろうとした」

その後、篤斗を送り返したのは、教祖様に命じられたから。

 

取り違えについては、

「これは女の子!光莉ちゃんです!」とオッチーに言われて、我に返った様子。

 

バタコについては、本当に息子をなくして精神を病んだ、以上のことはもうなさそう。

 

一星の嘘

一星は、犯人ではなかった。

 

6話で、一星の会社に送られてきたたくさんの脅迫状を見ていた時、ひとつの紙を見て表情が変わったシーンがあった。

これが、最初の真犯人からの脅迫状だった。

 

母親・すみれ(須藤理沙)と光莉を守りたければ、指示に従うように、と。

 

一星が犯人の指示でやったこと。

  • 光莉の監禁動画を撮って凌介に送ること。
  • 椅子のメーカーを特定して、凌介が犯人と疑われるように仕向けること。
  • 新居新居に光莉の血をまいて、真帆の写真を貼ること。
  • 一星が犯人のように振る舞うこと。

 

一星が真犯人を探し出そうとしてやったこと。

  • 篤斗の服がフリマサイトに出品されていることを知り、陽香(生駒里奈)にその服を購入するように指示し、出品者に揺さぶりをかけた。それがバタコ。しかし空振り。
  • 林(深水元基)を疑う。真帆と不倫をしていると言う噂があったので、犯人候補として本命視していた。

陽香に、監視させた。

  • 茉莉奈にGPS
  • 倉庫に林をかくまっているのを見ていた。
  • 林が車で逃げているのを盗撮。「さよなら、のっぼ」
  • 林が真犯人であるかどうかを確かめるため、凌介に「1人で来い」と呼び出しメールを送りつけた。

一星は陽香に脅されていた

一星が陽香を一方的に利用していたのかと思っていたが、実は陽香に脅されていた!

 

駅のホームの陽香が凌介に人違いしているところを一星に盗撮させたのは、陽香と一星が繋がっているという証を作るため。

陽香「バレたら、二人とも大けがする。そういう関係っていいよね」

二人は共依存的な関係だった。

 

その写真をネットに流出させたのは、陽香の独断。一星は「絶対するな」と止めていた。

 

陽香が光莉の監禁中に電話していた相手。→一星

 

「は!?それって、私が殺すって思ってないと出てこない台詞だよね!?」

の強気な口調から、相手は一星ではないと思っていたが、陽香が一星を脅していたのなら納得である。

 

陽香がやりすぎて光莉を殺してしまいそうになったので、自分が身代わりとなって光莉を開放するという手段に出た。

すみれの店でボヤとすみれの頭から流血

ボヤ→犯人からの脅し。

一星は、やはり犯人に逆らえないと思う。

 

一星を陽香の家の浴室から逃がしたのは強羅(上島竜兵)。
「これ、いつもの方からのお手紙です」
強羅が真犯人からの手紙を持ってきた。

 

「すべての罪を背負え。勝手なことをしたら報いを受けてもらう」

 

その直後、お見舞いに来たすみれが頭から流血しているのを見て、犯人にやられたのだと思い、やはり犯人に従うしかないと決意。

 

 

一星が林の首をナイフで切る動画がSNSに拡散。強羅が作っていたフェイク動画。

瑞穂の姉は別れさせ屋によって自殺

瑞穂と茉莉奈の関係。

→瑞穂が茉莉奈に話しかけ、林のしてきたことを暴露。

 

瑞穂の姉(入山法子)は林の婚約者だった。

しかし、結婚式の3か月前に自殺。

 

実亜h姉は風俗嬢で、反社とつながっていて、美人局をやっていて、それが職場と林にもばれて、婚約破棄されていた。
しかしそれは全部嘘。

 

その頃、真帆と一夜の不倫をした林が、真帆に本気になってしまい、別れさせ屋に頼んだ。

しかし、そのために姉は自殺にまで追い込まれ、瑞穂は林を

 

「殺したいほど憎い」

とまで言っていた。

 

林が殺されたと聞いたとき瑞穂はトイレに駆け込んだ。

茉莉奈の父親がやったと思ったから。
瑞穂「あんたのお父さん関係してないよね?」
茉莉奈「こっちのセリフなんだけど!まさかあんた…」
瑞穂「やってない」

 

河村は真帆に告白していた

瑞穂は小説を書いて、SNSに上げている。協力者もいる様子。

 

河村は、その小説について調べている。

河村の部下の両角は、河村が暴走しすぎて心配している。

 

河村は瑞穂と真帆が3年前から繋がっていたことを凌介と日野に話す。

 

河村は、凌介と真帆の結婚前、真帆に告白して振られていた。

だから、凌介と真帆の家族はなんとしてでも幸せで居続けて欲しかった。だからこの件について、のめり込んで調べている。

 

河村は至上の時を出て行く。

小説は手書きで、凌介は「二宮さんの字に似ている」と。

失踪日の瑞穂の勤怠表を確認すると、その日は早退していた。

 

やはり、真帆が会っていたのは、瑞穂だったのか…!?

 

凌介と日野は、河村の車を追いかける。
店を出る前、日野はテーブルの上から何かを持っていき…。(これ、最終回への重要な伏線っぽい)

 

 

日野は常連のお客さん(強羅)からあることを聞いた。

強羅「復讐代行サービスがあったけど、客が来なくて廃業しちゃったんですって。復讐ってね、自分でやらないと気が済まないんですよ」

 

 

やってきたのはある建物。
日野「ここは?」
凌介「真帆が好きだった…」

 

そこには瑞穂がいた。
河村「やっぱりお前か」
瑞穂「この物語、終わらせましょう」

 

ドラマ主題歌、原作漫画は…
↓ ↓ ↓

【予想】日野は包丁を持って行った

最後に日野が何か持って行ったの、わかりやすい伏線だったけど、ちょっとよそ見してたら見逃しちゃうシーンでもあったし、これが最後の伏線となるのは間違いないでしょう!

 

場所的には、包丁が置いてあった場所。

字幕で見てると、「何かを持つ音」なんて表示されるんだ。ミステリー作る側としては、字幕で見られると、いろいろバレちゃって大変そうだな…。

 

真犯人は日野か?河村か?

もうここまで瑞穂が怪しいので、瑞穂は犯人ではないと予想。

 

となると、やはり黒幕は日野か河村か。

 

河村はやっぱり真帆のこと、ファンとかではなくて本当に好きだったんだな。

今でも独身だし、かなり引きずっていたのか。

 

大学時代には、凌介に小説を書く才能で叶わなかった。

今では、日本一の編集者に上り詰めて、「書く」ということで凌介を抜いたはずだったが、ただのサラリーマンに成り下がったはずの凌介は「今が幸せで、何も未練はない」と、やはり自分よりも上にいる。

それをひがんでの犯行か?

 

日野に関しては、結婚しているかの表記もないが、凌介と真帆が結婚報告をしたときに、左手薬指に指輪をしており(6話)、いろいろと謎は多い。

 

 

あと、気になっている伏線がこれ。

 

「大学の頃、小説のことで凌介に色整然と詰められすぎて、号泣したことがある。」

というのを、日野と河村がお互いに、「日野が」と「河村が」で語っており、矛盾している。

 

どちらかが自分のことを相手がしたことのように話している?嘘をついているのか、思い込んでいるのか。

日野と河村には、何か確執があったのか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました