ドラマ King & Prince SMAP 重岡大毅の演技がうまい!泣き笑いキャッチボールに涙「#家族募集します」1話のぱぱっとネタバレと感想

重岡大毅の演技がうまい!泣き笑いキャッチボールに涙「#家族募集します」1話のぱぱっとネタバレと感想

金曜ドラマ「#家族募集します」すっごくハートフルでヒューマンで子育てドラマだからめちゃくちゃ好きなタイプのドラマだった!
「ジャニーズ主演のドラマなんて〜」と偏見を持たずに、みんなに見て欲しい位いいドラマ!
1話では、重岡大毅さんと仲野太賀さんがキャッチボールするシーンに号泣でした。

「#家族募集します」1話のあらすじをパパッとネタバレ、感想を書いていきます。

「#家族募集します」1話パパっとネタバレ!

蒼介(仲野太賀)はお好み焼き屋の2階を間借りしている。家賃折半のため、一緒にシェアハウスをしている人を探している。街で偶然、学童が一緒だった幼なじみの俊平(重岡大毅)と再会する。

シェアハウス候補①シングルファーザー赤城俊平(重岡大毅)

赤城俊平(重岡大毅)は、5歳の息子・陽(佐藤遙灯)育てるシングルファーザー。妻のみどり(山本美月)は、3ヶ月前に海外出張中に事故で亡くなってしまった。

みどりは絵本作家だった。俊平は小さな絵本の出版社「エッグプラント」で営業をしている。慣れない家事と子育て、仕事の両立に毎日くたくた。しかし持ち前の明るい性格で、いつも笑顔を絶やさずに生活している。

蒼介と再会してそのことを打ち明けると、蒼介は

「学童保育とシェアハウスが合体したような家を作りたい!」と言ってSNSで「#家族募集します」と一緒に暮らす家族を募る。

蒼介と俊平は学童が一緒だった幼なじみで、2人とも親がシングルだったので、お迎えはいつもこの2人が最後。親がいない寂しさをよくわかっている。

シェアハウス広報②シングルマザー桃田礼(木村文乃)

小学校の教師をしているシングルマザーの桃田礼(木村文乃)。一人娘の雫(宮崎莉里沙)を育てている。

生真面目でクールな性格で、「シングルだから仕方がない」とか「女1人じゃ限界がある」と言われるのがすごく嫌。だから仕事にも全く手を抜かず、頑張っている。

ある日、夜に保護者からの呼び出しが入り、急遽雫を預けなければいけなくなった。預け先をSNSで探していたところ、蒼介の「#家族募集します」が目に入る。電話をしてみて、「資格を持った保育士がいない」と知り断ろうとするが、時間もないし、たまたま蒼介がビラ配りをしていたお好み焼き屋のビラを雫が持っていたため、試しに預けてみることにする。

雫があまりに緊張しているので、蒼介は俊平に助けを頼む。

俊平は小さい頃に自分で作った戦隊ヒーロー「トリプルファイブ」と言うキャラクターがあった。その決めゼリフは

「仲間のピンチは仲間が救う!」

蒼介が困っていると聞いて、俊平と陽は助けに行く。
すぐに陽と雫は仲良くなった。

キャッチボールで泣き笑い

相当楽しかったのか、陽は翌日も「そうちゃんのお好み焼き屋に行きたい」とだだをこねる。困っている俊平のために、蒼介が礼に連絡を取ってくれて、礼は「昨日のお返しに」と雫を連れてお好み焼きを食べに来てくれる。
4人で一緒にお好み焼きをシェアして食べる。

「1つのお好み焼きをシェアしてみんなで食べるのが、家族の幸せの象徴」と言うのが蒼介の理想の家族の形。

子供たちが2人で遊んでいるので、大人たちは屋上へ。
蒼介「俊平も雫ちゃんのママも凄い立派だと思う。でも、無理しているように見える。無理してまで立派である必要ってあるのかな?何でも話せよ。いつでも聞くから」

2人はキャッチボールをしながら話す。
みどりが亡くなってから、この3カ月間、家事や子育てで楽しかったことを俊平は話す。

疲れて、寝かしつけで自分の方が先に寝てしまうこと。退屈した陽が起こそうとして、転んで寝ている俊平の顔面に陽の頭が落ちてきて、鼻血が出て大騒ぎしたこと。

みどりが死んでいることをまだ隠しているため、必要以上に神経質になって、公園に家族連れが遊びに来ると、頑張って陽の視線をそらそうとすること。

陽に「ママはいつ帰ってくるの?」と聞かれて、言い訳が出尽くして、思わず「ママはトリプルグリーンになると電話があった」としょうもない嘘をついてしまったこと。陽がそれを信じてしまったので、いまだにその嘘を続けていること。

最初に「暗くならずに笑って聞いてくれよ?」と言ったのは俊平なのに、俊平がいつの間にか号泣していた。それでも無理してもらおうとして、泣き笑い。
蒼介も号泣して、「お前やっぱ頑張ってるよ。お前は頑張ってる!」と頭ワシャワシャ。
礼も泣いていた。

俊平「こうやって一緒に泣いて、一緒に笑って、1つの気持ちをシェアするのが、そうちゃんの理想の家族の形じゃない?」
蒼介「そうだよ!てことで、ここで一緒に暮らしませんか!?」
礼「それは…無理です!」

礼は「なるべく人に頼らずに自分の力で生きていきたい」と肩肘張って生きているタイプ。でも、ここに来るときに、「もしここで一緒に暮らせたら、雫の願いを叶えてあげられるかもしれない…」とちらりと考えていた。雫が七夕の短冊に書いた願い事は

「ママともっとたくさん遊びたい」

とりあえず今日はもう遅くなってしまい、雫も陽も寝てしまったので、お試しで2人とも泊まっていくことにした。
すぐに一緒に暮らす事は難しくても、
「また困った時は、ここで会いましょう」と約束して、翌日別れた。

シェアハウス候補③シングルマザー横瀬めいく(岸井ゆきの)

また、蒼介のSNSの書き込みを見た親子がやってきた。シングルマザーの横瀬めいく(岸井ゆきの)とその息子の大地(三浦綺羅)。2人はもう、ここで暮らすことを決めている。
ちょっとパンクな出で立ちのこのシングルマザーの正体は…!?

「#家族募集します」1話の感想〜ほっこり昼ドラっぽくていい!〜

昔の昼ドラ(エロいやつじゃなくてほっこりした家族物の)「天までとどけ」とか「キッズウォー」とかに雰囲気が似ていて、すごく好きだしなんだか懐かしい感じがした!

この役、重岡大毅さんのあて書きなのかな?って言う位にぴったりはまり役だった!キャッチボールの泣き笑いのシーンは、すごい泣けた。かわいそうな話してるのに、「笑って聞いて欲しいんだよ?」って自分でも笑いながら、でも泣いちゃう…みたいな。

その後も仲野太賀さんも「お前は頑張ってる!」もよかったなぁ。仲野太賀さんは、こういった人情派の役、とっても似合いますね。

2人が熱くて「陽」の気質だから、木村文乃さんはクールでドライな感じでちょうど良い。すごくバランスのとれた3人で、ここに岸井ゆきのさんが入ってきてどんな感じになるのか、また楽しみ。

学童保育とシェアハウスがくっついているって、子供がもうちょっと小さい時、私も本気で「あったらいいのに」と夢見ていたものです。シングルじゃないけど、旦那がいない平日5日間はそういうところに入居したいって、本気で考えてた。

旦那に話したら、「食事はどうするのか?子供預かるには免許が必要」などいろいろ問題があって、入居するには「最低月に100,000円は取らないとやっていけない」とか、もしあったとしてもなかなか入居するのが難しいのかなあと思って諦めた。でもドラマだからこそ、ちょっと位無理な設定があってもいいし、実際子連れでシェアハウスをしたらどんな感じになるのか、とっても興味があります!

多分大変なところとか、うまくいかないところも出てくると思うけど、それ以上にやっぱり助け合うって必要!と思えるところがあると思う。今の家族って、みんな核家族でワンオペ育児だから虐待とか出てきちゃうけど、こんなふうに他人同士が助け合えるような施設があったらどうなんだろう…?って、本当に夢みたいの世界だけど、あったらいいなって思う。

しかも、それをSNSで募集できちゃうって言うところが今っぽいし、現実的にももしかしたらこのドラマを機に流行るかな!?なんて期待も。いろんな意味で楽しみなドラマです。