ドラマ King & Prince SMAP 親友・東堂(濱田岳)が衝撃の裏切り告白!俺が誘拐した…「マイファミリー」7話のぱぱっとネタバレと感想

親友・東堂(濱田岳)が衝撃の裏切り告白!俺が誘拐した…「マイファミリー」7話のぱぱっとネタバレと感想

「俺が誘拐した…」
まさかの東堂が犯人と衝撃告白!?
そしてやっぱり鈴間は東堂の妻と姉妹説当たった!?

でも、東堂が誘拐に関与していたのには絶対何か事情があるはず…!
やっぱり心春ちゃん事件の真相暴くためかな?

「マイファミリー」7話のあらすじを簡潔にぱぱっとネタバレしていきます。

「マイファミリー」7話ぱぱっとネタバレ!


犯人はハルカナ社員の鈴間亜矢。香菜子(高橋メアリージュン)に共犯者の疑いの目が…。

  • 温人(二宮和也)がコンテナの中で目撃した人物は、ハルカナ社員の鈴間亜矢(藤間爽子)
  • 鈴間について調べるため、会社のロッカーを開けるが、空だった。防犯カメラを調べると、香菜子(高橋メアリージュン)がロッカーから鈴間のパソコン持ち出していた。
    →温人を後からスタンガンで襲った共犯者は香菜子なのか…!?
  • 阿久津(松本幸四郎)が会社の権限を使って通信履歴を調べ、香菜子と鈴間のやりとりを発見。「パソコンは処分したからもう会社には来ないで」「このやりとりは削除して」など。

香菜子は犯人ではなかった!

  • 三輪(賀来賢人)の娘の誘拐事件の際、温人が会社のお金を5億円、一時的に借り、後から補填していたことに気づいた香菜子は、パソコンのログを調べた。
  • 温人にあやしいところはなかったが、たまたま鈴間が音声変換アプリを使って頻繁にやりとりをしていることに気づいた。
  • 時期的に、友果誘拐の時にも一致。鈴間を呼び出し真相を聞き出した。(6話で香菜子が鈴間を呼び出していたのがそれ)
  • 友果の誘拐のときにはハルカナのゲームのユーザーに助けられた。それなのに実は犯人が社員だったと世間にばれたら、ハルカナは終わる。独身で仕事に注いできた香菜子にとって、会社は自分の子供のようなもの。なんとしてでも守りたかった。だから、鈴間が会社からいなくなればそれでいいと思った。
  • しかし誘拐されているのが阿久津の娘だと知り、通報しなかったことを心から詫びた。

真犯人は東堂()だった…!

  • 温人は自宅のルーターに盗聴器が仕掛けられていたことをに気づく。
  • 友果はいつも塾に行く時は未知留(多部未華子)が送り迎えをしていたのに、なぜあの日犯人は友果が歩いて塾に行くと知っていたのか?
  • 自宅を盗聴していて、未知留と友果が喧嘩をし、友果が歩いて塾に行くことを知ったのではないか?
  • 友果が誘拐されたときに、東堂が盗聴器発見器を使って家中を調べてくれていたはずだった。その時、「盗聴器は仕掛けられていない」と言った東堂が怪しい。
  • ゲーム内でやりとりしていた犯人のアカウントは「haruto1212」。東堂の結婚記念日は2006年12月12日。
  • 2人の結婚式の写真の参列者に、鈴間亜矢が映っていた…!
  • 東堂は「俺が誘拐した…」と白状した。

  • その頃、倉庫らしき場所で誘拐されている実咲(凛美)は、ボルダリングの技術を使って壁を登り脱走を試みて…。

ドラマ主題歌、原作漫画は…
↓ ↓ ↓

「マイファミリー」7話のポイント 鈴間と東堂妻は姉妹説

今回、前半は香菜子が怪しい、でも違った、と言うところに時間を使っていたので、物語が進んだのは、本当に後半のちょびっとだけ。

「怪しい、怪しい」と言われていた東堂がやっぱり犯人として浮上してきて、鈴間が東堂たちの結婚式に映り込んでいたことから、やはり東堂の元妻と鈴間は姉妹説が濃厚となってきました。

それにしても、2006年なら16年前だけど、鈴間は今とあまり見た目が変わらないような気がしたけど、一体何歳なんだろう?

と思って、履歴書の写真を見返してみたら、31歳でした。

2008年に高校卒業と言うのも履歴書に書いてあったので、2006年当時は高校1年生と言うことになりますね。

高校1年生には見えなかったけど、結婚式だから派手にしてお化粧もしてたらあんな感じになる?

予告で鈴間が「もうこんなことやめよう…?」と悲痛な叫びを上げていたため、やはり真犯人に脅されて別の子供を誘拐している可能性大ですね。心春ちゃんの誘拐犯に脅され、心春ちゃんを取り戻すために仕方なくやらされているのでしょう。

心春ちゃんが誘拐されて、姉がなんでしまったため、妹の鈴間が協力しているのかもしれません。

「マイファミリー」7話の疑問  東堂はどうやってルーターに盗聴器を仕掛けたのか?

友果の誘拐前から盗聴器が仕掛けられていたのに、東堂が「盗聴器はなかった」と言ったことから、盗聴器を仕掛けたのは東堂だ!とばれてしまいました。

しかしここで疑問が1つ。

東堂は友果が誘拐されてから、もう一度温人との関係が復活したので、それまでは鳴沢家には出入りしていなかったはず。いつ、ルーターに盗聴器を仕掛けるタイミングがあったのだろう?

逆に、阿久津家ならいつも家族ぐるみの付き合いをしていて、温人がいない時にもしょっちゅう家に上がっていたため、警戒心のない未知留と友果だけなら、いくらでも仕掛ける機会はあっただろう。

話はもう一度鈴間に戻るが、ハルカナに入社した時から住所を偽装していたことを考えると、かなり前から友果を誘拐する機会をうかがっていたはず。
その執念、用意周到さ、そこら辺を考えると、やはり「娘を誘拐されている」位の理由がないとおかしいのだ。

それほど用意周到に友果の誘拐を計画していたのなら、なにも東堂が自ら鳴沢家に侵入して盗聴器を仕掛けなくても、業者を使ってルーターをいじる機会に、その業者にお金を渡してやらせた…とかもあり得るわけで。

あと警備会社に勤めていたことがある。温人の家はお金持ちだから、セキュリティー入っているだろう。それで警報鳴らしてチェックのために侵入して、その時にこっそりとか?

でも、どうしてそこまで友達の子供を誘拐しようと言う考えに至ったのか?そこはまた別の記事で考察していこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする