ドラマ King & Prince SMAP キンプリ妄想歌詞小説「雨音」6話

キンプリ妄想歌詞小説「雨音」6話

King & Prince「MAGIC TOUCH/Beating Hearts」のカップリング曲「雨音」と「Seasons of Love」の歌詞をもとに、小説を書きました!

私は曲の歌詞からストーリーを構成する“歌詞小説“と言うものを描いています。

しょうれんの間で揺れるお話だったはずなのに、さらにジンくんまで参戦して…⁉︎

前のお話はこちら。↓

10月6日、King & Princeの8枚目のシングル「恋降る月夜に君想ふ」が発売されました!
そこで、カップリング曲どれが一番好き?アンケートです!今回はカップリング曲のみでアンケートを行いたいと思います!

回答すると、アンケート結果が見られます。

「恋降る月夜に君想ふ」カップリング曲、どれが一番好き?

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

背中文字

「花凜!さっきはありがとな!」

授業が終わると、紫耀くんが振り返って話しかけてきた。

「でも、結局伝わらなかったね。紫耀くん、昔から苦手だったよね、背中文字」

紫「じゃあ、今度は俺が問題出してやるよ!」

紫耀くんがクイクイと指で後ろを向けとジェスチャーするので、背中を向けた。

再会してから、なんとなく紫耀くんと話す時は緊張してしまって上手に話せなかったけど、こんなふうに子供の頃にやった遊びなら、自然に話せる。

ツー、ボコッ。

紫「…ッ!?」

「…あっ」

真っ赤になってとっさに振り向くと、紫耀くんはもっと真っ赤になっていた。

紫「ごごごごめん!!!」

紫耀くんが、背中に縦に指を走らせた時に、私のブラのホックのところでボコッとなったのだ。

やっぱり私たちは知らずに大人になっていて、子供の頃と同じように無邪気に遊んだり話したり、ましてやお互いの体に触れることなんて、もうできない…。

紫「あっ、あぁ~っ!じゃあ、また俺に書いてっ!」

「あっ…う、うん、そうだね!!」

2人とも誤魔化すように焦って体の向きを変える。

「は、はい!どーぞ!」

大きな背中をこちらに向けて、ぎこちなく固まっている紫耀くんの後ろ姿を見ながら、何を書こうか考える。

「うーん、そうだなぁ」

ちょっと考えて、前を向いて待っている紫耀くんの背中に、またシャーペンを滑らせる。

平「わぁ~!長い長い!!え?これ、単語?ひらがな?カタカナ?」
「漢字も混ざってる。文章」
平「そんなん、わかるわけねーわ!」

さっきまでのぎこちない雰囲気は消え、まるで小学生の時のやすみ時間に戻った時のように、2人で笑った。
でも本当は、ちょっと笑える状況ではなかった。

「今日一緒に帰れる?」と書いた。
さっきのメールが怖くて。

でも、紫耀くんがお母さんのためにバイト頑張ってるってわかってるから、そんなこと頼めない。
絶対に当てられないのを分かってて、書いただけ。

あの時の「すき」と同じで。

ストーカーの正体

あれから、紫耀くんがたまーにバイトがない日は一緒に帰る日もあるけど、ほとんどの日はジンくんに送ってもらっていた。
でも、実はついさっき、「これからは送ってくれなくて大丈夫」と言ってしまったばかりなのだ。

ジンくんは駅が違うのに、わざわざ私の駅で一度降りて、いつも家まで送ってくれる。
さすがに毎日それは申し訳ないので、いつか断ろうと前々から思っていたのだ。

ジンくんは何度も「気にしなくていいよ」とか「ちゃんとボディーガードしないと紫耀に怒られるから」とか言ってくれたけど、今日ばかりは頑なに断った。

いつまでもジンくんに甘えてばかりいるわけにもいかないし、それに理由はもう1つ。

近頃、私とジンくんが付き合っているという噂が出ていることに気づいていた。

毎日一緒に帰っているわけだから、当然といえば当然だ。

でも、その噂を紫耀くんには知られたくないというか。

別にジンくんは私の事なんて何とも思ってないのはわかってるけど。
また「意識し過ぎや!」とあの痴漢冤罪のイケメンくんに罵声を浴びせられそうだけど…。

そういや、あいつ、うちの自宅を知って「何かしてやる」みたいなこと仄めかしてたけど、実際に嫌がらせを受けることはなかった。

それもこれも、もしかしたらジンくんが送ってくれているからなのかもしれないんだよなぁ…。

え、ちょっと待って。
もしかして、さっきのメール、あのイケメンくんじゃないよね…?
ジンくんがいつも一緒にいてくれるから、手を出せないだけで、実はどこかから見られてたとか…?

いやいや、ほんと、それこそ「勘違い甚だしい!」とブチ切れられそうだ。
あんなイケメンが私にストーカーなんて、するわけないじゃんね。

そう自分に言い聞かせながらも、なぜか背筋に感じるゾクゾクとした感覚は、いつまでもおさまらずにいた。

侵入者

「本っ当にごめんね!勝手なことばっか言って…!」
顔の前で両手をパチンと合わせ、上目遣いで見上げると、またいつものニコニコとした爽やかな笑顔がそこにあった。

神「全然大丈夫だよ。遠慮しないで、いつでも頼ってくれていいんだよ?」

結局あの後、ジンくんにお願いして今日も家まで送ってもらった。
ジンくんは嫌な顔1つせずに、「もちろんいいよ」と笑顔を向けてくれた。

前に、紫耀君が、「俺なんかより、ジンの方が全然モテるんだよ〜」と言っていたことがある。
それもわかる気がする。
ジン君はただ顔がイケメンと言うだけではない。
すべての振る舞いが紳士的で、大人っぽい。
そしてこの優しさと落ち着きをまとった爽やかな笑顔が嫌いという女子はいないだろう。

神「じゃぁ、明日からも俺がボディーガードするってことでいいかな?」
「はい、お願いします…」
神「はい。かしこまりました。」

ジンくんはにこっと笑って、私の頭の上にポンと手を乗せた。
神「遠慮は禁物だよ?オッケー?」

「は、はい…オッケーです…」
ジンくんは「ならよかった」と真っ白な歯を見せた。

な、なんと言うことだ…。
不覚にも、紫耀君以外の男の子に、ちょっとキュンとしてしまった。

ジンくんは、むやみに女の子にスキンシップを取ったりしてくるタイプではないので、逆に今の頭ポンポンが不意打ち過ぎて…。

あぁ〜、やばかった、やばかった。
危うく落とされるところだった…。
クラクラしながら家の中に入り、そのままバタっとソファーに倒れ込む。

ギシッ…。
かすかに足音がした気がして顔を上げ、息を呑んだ。

自宅を知られた時点で、もっと警戒すべきだったんだ。
でも警戒って?毎日家の前まで送ってもらってたんだよ?

これ以上どう警戒しろと?

だって、家を知られたからって、まさかこんな…。

家の中に勝手に侵入するなんて、コイツ普通じゃない。

あのメールのストーカーの正体は、コイツだったんだ…!

「パンツ」

あの時と同じ、顔に似合わない高い声が小さく漏れる。

「ひっ?」
私も小さく息が漏れただけで、声が出ない。

「丸見えやけど。俺を誘っとんの?」

ギシッ。

彼が一歩私の方へと足を踏み出す。

今度は冤罪なんかじゃない。
しかも、罪は痴漢じゃない。
ストーカー。不法侵入。

そして、この後私がされることは……!

この状況じゃ、逃げられない。
あまりの恐怖に、体が固まり、思わずギュッと目をつぶった…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする