ドラマ King & Prince SMAP キンプリ妄想歌詞小説「雨音」2話

キンプリ妄想歌詞小説「雨音」2話

King & Prince「MAGIC TOUCH/Beating Hearts」のカップリング曲「雨音」と「Seasons of Love」の歌詞をもとに、小説を書きました!

私は曲の歌詞からストーリーを構成する“歌詞小説“と言うものを描いています。

前のお話はこちら。

満員電車キンプリ小説平野紫耀

私たちが飛び込んだのと同時に、プシューとドアが閉まった。

「セーフ!」

ニカッと微笑んで振り向いた紫耀くんは、まだ私の手をつかんだままだったことに気づき、慌てて離す。

「やべ!また俺ばか力じゃなかった!?大丈夫?今度は赤くなってない?」

「うん、大丈夫…」

紫耀くんに握られていた手首をさすりながら、その温もりが離れてしまったことをちょっと残念に思う。

「あれ?平野紫耀じゃない?」

電車はかなり混んでいて、近くに立っている女子高生たちから、ささやきが漏れ聞こえた。

「きゃーラッキー!平野紫耀と一緒の車両!」

学校では小学校の時同様、クラスの女子の人気者だと言う事は今日1日でよくわかったけど、もはや「学校の人気者」を超えた存在になっているらしい。

他の高校の女子にも顔や名前が知れているほど、有名人なのだ。

それは、この美貌だもん、無理もないか。

こっそりと、すぐ近くにある紫耀くんの横顔を盗み見る。

首筋に伸びる顎のラインがめちゃくちゃ綺麗。

片方の手はポールを握り、もう片方の手はドアの窓についている。

ちょうど壁とドアの角にちょこんと収まっている私は、紫耀くんに覆われているような格好になる。

そのたくましい腕や、2つ開けたワイシャツの襟元から覗く鎖骨がセクシーすぎて、思わず抱きつきたい衝動に駆られている私は変態だろうか…。

電車は混んでいるのに、私と紫耀くんの間に少し距離がある。紫耀くんはドアについた手を突っ張って、距離を保っているようだった。

満員電車で、私が潰されないように、守ってくれてる…?

「紫耀くん、もうちょっと詰めても大丈夫だけど」

紫耀くんのブレザーの裾をツンツンと引っ張る。

「えっ…⁉あ、いや、これ以上はちょっと…。」
突然紫耀くんが慌てふためくので、ちょっと傷つく…。

「あ、ごめん…そんなちかづくの、やだよね…」

「えっ⁉違う違う!そういうんじゃなくて…!ほら、さっき走ったから、俺、臭いと困るし」

「え!?なにそれ、全然臭くないし(笑)」

なんだ、そういうことか。ならよかった。

でも、そんなこと言われたら、私もこれ以上近づけないや。私だって走ったから、汗かいてたら嫌だし。

そうして微妙な距離を保ちながら、私たちは電車に揺られた。


するとさっき「平野紫耀だ」と騒いでいた女子高生3人が、紫耀くんのすぐ後ろに来ていることに気づいた。人混みの中をすり抜けて、場所を移動してきたのだろう。

電車の揺れに合わせて、紫耀くんの背中に倒れ込み「きゃーすいません」とかわざとらしく言っている。

そのあとで他の2人が「ずるーい!今度私ー!」などとヒソヒソ、クスクス話しているのが丸聞こえだ。

これは、男女が逆だけど、ある意味、痴漢行為じゃないのか?

「紫耀くん、大丈夫?場所、変わろうか?私なら大丈夫だよ?」

こっそりとそう言って、後ろの女子高生たちをアイコンタクトで示す。

「何言ってんだよ、女の子は男が守るものなんだから、お前は黙って守られとけばいーんだよ!」

急にそんなお姫様みたいな扱いをしてくれるものだから、カーッと顔が熱くなっていく。


その時、紫耀くんがズボンのポケットから携帯を取り出し、画面をチェックした。

「…」

「どうかしたの?」

「ごめん、急にバイト入っちゃった。次の駅で降りなきゃいけなくなった。本当は家まで送りたかったんだけど。本当にごめん!」

「いいよいいよ!全然!」

そう言いながらも、かなりがっかりしていた。せっかく今、幸せの絶頂だったのになぁ…。もっと紫耀くんと一緒にいたかったな。

紫耀くんが降りると、さっきまでのゆとりのある空間が嘘のように、ぎゅうぎゅうの車内に押しつぶされた。

やっぱり紫耀くん、守ってくれたんだ。

知らない人と向き合っているのも気まずいので、窓の方向を向いて後ろ向きに立った。

するとしばらくして、何やら太ももに生ぬるい感触を感じた。

…痴漢!?

うそでしょ…、どうしよう…。その指の感覚が、太ももをすりすりとつたって、スカートの中に入り込もうとする。

ヤバい、このままじゃ…

勇気をふりしぼって、その手をつかみ上に上げた。

「こ、この人、痴漢です…!」

振り返って確認したその男の顔は、驚きであんぐりと口を開けたまま固まっていたが、それ以上に私の方がびっくりしてぶっ倒れそうになった。

それくらいに、その彼は美しく整った顔だった。

「ちょ、お姉さん…、本気で俺が痴漢した、言うてんの?ありえへんのやけど…」

今のこの状況けっこうヤバめだな…と思いながらも、もう一方で「あれ、この顔で関西弁なんだ⁉︎そして意外に声高いな…」なんて呑気なことを考えていて、頭の中はとっ散らかっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする