ドラマ King & Prince SMAP キンプリ妄想歌詞小説「雨音」2話〜帰り道の約束〜

キンプリ妄想歌詞小説「雨音」2話〜帰り道の約束〜

King & Prince「MAGIC TOUCH/Beating Hearts」のカップリング曲「雨音」と「Seasons of Love」の歌詞をもとに、小説を書きました!

私は曲の歌詞からストーリーを構成する“歌詞小説“と言うものを描いています。

前のお話はこちら。

満員電車キンプリ小説平野紫耀

7/21 King & Princeの3枚目のアルバム「Re:Sense」が発売!

 

そこでいつものアンケートです!
アルバムの中でどの曲が一番好き?

King & Princeの3rdアルバム「Re:Sense 」の中でどの曲が一番好き?(複数回答可)

結果を見る

Loading ... Loading ...

 

 

「僕らのGreat Journey」のMVやメイキングが見たい方は…
初回限定盤A!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Re:Sense (初回限定盤A CD+DVD) [ King & Prince ]
価格:3286円(税込、送料無料) (2021/8/17時点)

 

「Namae Oshiete」のMVやメイキングが見たい方は…
初回限定盤B!

 

通常盤にしか入ってない限定ソング「 Dear My Tiara」が聞きたい方は…
通常盤!

満員電車

私たちが飛び込んだのと同時に、プシューとドアが閉まった。

「セーフ!」

ニカッと微笑んで振り向いた紫耀くんは、まだ私の手をつかんだままだったことに気づき、慌てて離す。

「やべ!また俺ばか力じゃなかった!?大丈夫?今度は赤くなってない?」

「うん、大丈夫…」

紫耀くんに握られていた手首をさすりながら、その温もりが離れてしまったことをちょっと残念に思う。

「あれ?平野紫耀じゃない?」

電車はかなり混んでいて、近くに立っている女子高生たちから、ささやきが漏れ聞こえた。

「きゃーラッキー!平野紫耀と一緒の車両!」

学校では小学校の時同様、クラスの女子の人気者だと言う事は今日1日でよくわかったけど、もはや「学校の人気者」を超えた存在になっているらしい。

他の高校の女子にも顔や名前が知れているほど、有名人なのだ。

それは、この美貌だもん、無理もないか。

こっそりと、すぐ近くにある紫耀くんの横顔を盗み見る。

首筋に伸びる顎のラインがめちゃくちゃ綺麗。

片方の手はポールを握り、もう片方の手はドアの窓についている。

ちょうど壁とドアの角にちょこんと収まっている私は、紫耀くんに覆われているような格好になる。

そのたくましい腕や、2つ開けたワイシャツの襟元から覗く鎖骨がセクシーすぎて、思わず抱きつきたい衝動に駆られている私は変態だろうか…。

電車は混んでいるのに、私と紫耀くんの間に少し距離がある。紫耀くんはドアについた手を突っ張って、距離を保っているようだった。

満員電車で、私が潰されないように、守ってくれてる…?

「紫耀くん、もうちょっと詰めても大丈夫だけど」

紫耀くんのブレザーの裾をツンツンと引っ張る。

「えっ…⁉あ、いや、これ以上はちょっと…。」
突然紫耀くんが慌てふためくので、ちょっと傷つく…。

「あ、ごめん…そんなちかづくの、やだよね…」

「えっ⁉違う違う!そういうんじゃなくて…!ほら、さっき走ったから、俺、臭いと困るし」

「え!?なにそれ、全然臭くないし(笑)」

なんだ、そういうことか。ならよかった。

でも、そんなこと言われたら、私もこれ以上近づけないや。私だって走ったから、汗かいてたら嫌だし。

そうして微妙な距離を保ちながら、私たちは電車に揺られた。


するとさっき「平野紫耀だ」と騒いでいた女子高生3人が、紫耀くんのすぐ後ろに来ていることに気づいた。人混みの中をすり抜けて、場所を移動してきたのだろう。

電車の揺れに合わせて、紫耀くんの背中に倒れ込み「きゃーすいません」とかわざとらしく言っている。

そのあとで他の2人が「ずるーい!今度私ー!」などとヒソヒソ、クスクス話しているのが丸聞こえだ。

これは、男女が逆だけど、ある意味、痴漢行為じゃないのか?

「紫耀くん、大丈夫?場所、変わろうか?私なら大丈夫だよ?」

こっそりとそう言って、後ろの女子高生たちをアイコンタクトで示す。

「何言ってんだよ、女の子は男が守るものなんだから、お前は黙って守られとけばいーんだよ!」

急にそんなお姫様みたいな扱いをしてくれるものだから、カーッと顔が熱くなっていく。

「かぐや様は告らせたい」がついにAmazonプライムビデオに登場!
レンタル作品ではありません!Amazonプライム会員なら、無料で見られます!(月額500円税込)
プライム会員ではない方は、こちらから登録できます!登録後、すぐに見られます!
↓  ↓  ↓

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら!

満員電車(平野サイド)

やばいやばいやばい。なんかスゲェ見られている。

花凛の視線を感じている首筋がかゆくてムズムズする。

そんなうるうるとした瞳で見つめないでくれ、なんか心なしか花凛の頬がほてってる感じするし。

なんか、…エロい!

ちょっと会わない間にこんなセクシーな視線で男を誘ってくるような女になりやがってぇ〜!(←別に誘ってはいない)

やべ…このまま抱きしめたい…。

ハッ!いかんいかん!

さっきどさくさに紛れて手繋いじゃったし、完全エロモード入ってるよ俺!!

再会したばっかで、そんなガッツいたら絶対引かれる!!

花凛だって高校生にもなったんだから、彼氏とかいるかもしれないしな。焦るな、焦るな。

あまりに至近距離で、目のやり場に困り、ずっと窓の外を見ていた。

するとツンツンとブレザーを引っ張られる感触がした。

「紫耀くん、もうちょっと近くに来て?」(←ちょっとニュアンス変わっているが、紫耀にはこう聞こえた)

ダッ…!ダメだろ、それはぁ〜〜ッ…!

歯止めきかなくなるから!!

でも…これはちょっとくらい触ってもいいのか!?満員電車を口実に、抱きしめてもいいのか!?そうなのか…!?

そうだよな!花凛の方から誘ってきたんだしな!(←だから誘ってはいない)

そしてそっと、ポールを握っていた手を離す…

雨の日の約束

紫耀くんが、ボールを握っていた手を離し、その手がそっと私に近づいてくる…。

…と思ったら、途中でピクッと手が止まり、そのままズボンのポケットに手を入れ、携帯を取り出し画面をチェックした。

なんだ、携帯取ろうとしただけだったのか。

なんか、私のほうに手が伸びてきたように感じたのは気のせい?

一瞬、触れられるのかと思った。

って、電車の中で、なんでだよ!?私、やっぱり変態かよ。

紫「はぁぁ〜〜…」

紫耀くんは、携帯の画面を見つめたまま、大きくため息をついた。

「どうかしたの?」

「ごめん、急にバイト入っちゃった。次の駅で降りなきゃいけなくなった。本当は家まで送りたかったんだけど。本当にごめん!」

「いいよいいよ!全然!」

そう言いながらも、かなりがっかりしていた。せっかく今、幸せの絶頂だったのになぁ…。もっと紫耀くんと一緒にいたかったな。

紫「明日こそ、絶対一緒に帰ろうな!」

「…うん!」

紫「じゃぁ、約束」

紫耀くんが小指を立てる。

「あ、これ…」

紫「フフ、そ(笑)あの日もやったろ?」

私たちの家は踏み切りのあっちとこっちで、一緒に帰った日は、踏切で手を振って別れる。

春休みに入る前日も雨が降っていて、いつものように紫耀くんが暴れまわって傘を壊して、私の傘に入り込んできて、踏切で別れる時に約束をした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

紫「4月になったらクラス別れちゃうかもしれないけど、また傘壊れたら、入れてな!」

「学年上がっても、まだ傘壊す気なの?(笑)」

紫「いや、壊す気はなくても壊れちゃうつーか…。まぁ、いいだろ?頼むよ」

「うん、わかった」

紫「じゃぁ、約束!」

「うん、約束」

紫耀くんが小指を出して、私がそこに自分の小指を絡めて、2人で笑って腕をブンブンと振った。

「また新学期!」と手を振って別れ、だけど新学期にまた会う事はなく、それが私たちの最後の会話になった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だけど今度の「また明日」の約束は、守れるんだよね。明日も明後日も明明後日も、その先もずっと会えるんだもんね。

電車の窓から見る街並みは、昔とはだいぶ変わっていた。

だけど昔と同じに戻った私たちの関係は、きっとこの先もずっと続いていくんだよね?

このときの私は、何も疑わずにそんなふうに思っていた。

帰り道の指切り

無邪気に微笑む君

手を振った踏切

見慣れた街並みも 変わっていくけど

King & Prince「雨音」作詞:Komei Kobayashi 作曲:Shusui・Susumu Kawaguchi

痴漢?

紫耀くんが降りると、さっきまでのゆとりのある空間が嘘のように、ぎゅうぎゅうの車内に押しつぶされた。

やっぱり紫耀くん、守ってくれたんだ。

知らない人と向き合っているのも気まずいので、窓の方向を向いて後ろ向きに立った。

するとしばらくして、何やら太ももに生ぬるい感触を感じた。

…痴漢!?

うそでしょ…、どうしよう…。その指の感覚が、太ももをすりすりとつたって、スカートの中に入り込もうとする。

ヤバい、このままじゃ…

勇気をふりしぼって、その手をつかみ上に上げた。

「こ、この人、痴漢です…!」

振り返って確認したその男の顔は、驚きであんぐりと口を開けたまま固まっていたが、それ以上に私の方がびっくりしてぶっ倒れそうになった。

それくらいに、その彼は美しく整った顔だった。

「ちょ、お姉さん…、本気で俺が痴漢した、言うてんの?ありえへんのやけど…」

今のこの状況けっこうヤバめだな…と思いながらも、もう一方で「あれ、この顔で関西弁なんだ⁉︎そして意外に声高いな…」なんて呑気なことを考えていて、頭の中はとっ散らかっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする