ドラマ King & Prince SMAP 赤いナースコール1話から最終回までのパパっとネタバレ

赤いナースコール1話から最終回までのパパっとネタバレ

秋元康さんが企画原作を手がけるドラマ「赤いナースコール」。
舞台は病院。
医師やナース、相部屋の入院患者たちがとっても不気味。

主演はSexy Zone佐藤勝利さん。
交通事故で入院した、“普通“の主人公が、病院の外で起こっている猟奇的な連続殺人事件の犯人として疑われていく…。

この夏、一番考察合戦が盛り上がりそうなドラマ「赤いナースコール」の簡潔なぱぱっとネタバレを1話から最終回までまとめていきます。

登場人物キャスト

春野翔太朗:佐藤勝利

売れないテレビドラマの脚本家。

彼女の実家に挨拶に行こうとする途中で事故に遭い、入院。

いたって普通の主人公。(彼女には尻に敷かれている)

“脚本家“と言うだけで、刑事に「ニュースを見ている視聴者を楽しませるために、猟奇的殺人事件を起こしているのではないか? 」と疑われていく。

三森アリサ:福本莉子

実家に向かうため運転をしていて、免許取り立てで、事故を起こしてしまう。

フロントガラスに顔から突っ込み、顔の右半分に大きな怪我をしているため、翔太朗に会いたくない。

榎木田誠:鹿賀丈史

この病院の院長。アリサを担当している。

西垣小百合:浅田美代子

翔太朗の担当看護師。

「21歳」と言い張る。

石原祐二:板尾創路

翔太朗の担当医。

アリサに会わせてほしいと言っても、はぐらかして取り合ってくれない。

山根ミク:ベッキー

翔太朗の担当看護師。

クールで愛想がない。

石原とこそこそ何かを話していて、不気味。

工藤文世:池田鉄洋

捜査一課の刑事。

最近起こっている連続殺人事件の担当。猟奇的殺人事件で、犯人は遺体の一部を切り取って持ち帰っている。

そんなことをするのは、事件にエンターテイメント性を求めるサイコパスだと疑い、脚本家である翔太朗が犯人なのではないかと疑う。

滝中良一:橋本淳

第1話の被害者

翔太朗と相部屋の入院患者。

椎間板ヘルニアで入院。すぐに退院できるほどの軽症だったのに、3ヶ月も入院している。

トラックの運転手をしていたが、入院中は働けないため、奥さんが代わりにコンビニでバイトをして家計を支えてくれていた。(しかし他の入院患者たちは、滝中が結婚していたことも知らず、奥さんが見舞いに来た事は1度もないらしい。看護師のミクによると、“あの人の言っている事は事実と違うところがある“とのこと)

何度も「早く退院したい」と直訴しているのに、何かとはぐらかされている。

翔太朗が「アリサに会わせてほしい」と直訴しているのにはぐらかされている姿が自分と重なり、夜中にこっそりアリサに会わせてあげるため翔太朗を車椅子で連れ出してくれた。

しかし途中で翔太朗とはぐれ、翌朝、翔太朗のベッドの下から遺体となって発見された。

手には翔太朗のスマホが握られ、腰から下の下半身が切り取られていた。

ドラマ主題歌、原作漫画は…
↓ ↓ ↓

「赤いナースコール」1話から最終話までのパパっとネタバレ

1話ぱぱっとネタバレ

春野翔太朗 (佐藤勝利) は、恋人の三森アリサ (福本莉子)の両親に挨拶をするため、 彼女と共 に車で実家へ向かっていた。 だがその最中に事故を起こしてしまう…。 一命は取り留めたものの 大ケガを負ってしまった二人は、近くの病院に入院することに。 目を覚ました翔太朗は、アリサ がいないことに気づくが、 担当医らはなぜか言葉を濁して会わせようとしない。 やがて翔太朗 は、この病院に入院する患者や医者、 そしてこの病院そのものが異様な雰囲気を纏っていること に気づく。 そして、会うことを禁止されていたアリサの病棟に忍びこんだ翔太朗に、とある出来事が降りかかる・・・・。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/akanasu/

遺体の一部を切り取る連続殺人事件

翔太朗が入院した病院の担当医は石原(板尾創路)。看護師は山根ミク(ベッキー)

翔太朗が入った313号室には、他に5人の入院患者。

交通事故の事情聴取を受ける翔太朗。それなのに、なぜか捜査一課の工藤(池田鉄洋)と言う刑事もやってきた。

病院の外では、連続殺人事件が起こっていた。

犯人は、耳や足首など、遺体の一部を切り取って持ち帰っていると言う猟奇殺人。

そんなことをするのは、”ニュースを見ている人間を楽しませたい”と思っているサイコパスだと、脚本家の翔太朗を疑っている。

アリサは無事だが…

男性病棟と女性病棟が分かれているので、アリサは他の病棟にいるらい。

アリサは、フロントガラスに顔から突っ込み、顔の右半分に大きな怪我を負っていた。こんな顔ではと、アリサは翔太朗に会うことを拒否する。

アリサが4階の個室に入院していると言う情報をゲット。

同室の滝中(橋本淳)が、夜中にこっそり翔太朗をアリサの病棟へ連れて行ってくれる。

滝中は椎間板ヘルニアで入院したが、なかなか退院させてもらえず、その間家計を支えるために、奥さんがコンビニでバイトしてくれていたらしい。何度も「退院したい」と病院側に直訴したが、何かとはぐらかされた。

それが、翔太朗が「アリサに会わせてほしい」と頼んでもはぐらかされている場面と被ったため、同情して翔太朗をアリサのところに連れて行ってくれようと思った。

滝中の遺体発見

しかし途中で滝中とはぐれてしまう。翔太朗は何者かに後ろから頭を殴られ、気を失い、気がつくと朝。自分の病室のベッドに寝ていた。

滝中は突然退院していなくなっていた。

また刑事の工藤が会いに来る。事故の時、翔太朗の携帯電話が紛失しており、探すために鳴らしてみる。

この病院では、携帯電話がつながらず、Wi-Fiも飛んでいない(ロビーに行けば通信できるらしい)と言う話だったが、ナースのミクによると、「他の患者さんの迷惑になりそうな時だけ切っている」とのこと。

工藤が携帯を鳴らしてみると、翔太朗のベッドの下から着信音が。

ベッドの下を調べてみると、翔太朗の携帯電話を握った滝中の遺体があった。

引っ張り出してみると、なんと腰から下の下半身が丸々切り取られていた。

2話ぱぱっとネタバレ

春野翔太朗(佐藤勝利)のベッドの下から、滝中良一(橋本淳)の遺体が発見される。だが下半身がなく手には翔太朗のスマホが…。工藤文世(池田鉄洋)は一緒に病室を抜け出した翔太朗を疑うが、滝中の誘いだったと主張。自分も何者かに殴られ気を失ったと訴える。工藤は、今回のサイコパスな犯行と、近頃起きている連続殺人事件との関連を疑っていて…。やがて滝中の下半身があまりにも残酷な状態で見つかり、病院内に衝撃が走る。

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/akanasu/

滝中の下半身は、病院の厨房の鍋でぐつぐつと煮込まれていた。犯人は厨房の床で切断したらしい。

人の体が脂肪があるため、聞いているうちにものに油がギトギトについてきれなくなってしまう。それを企業に切断したのは、その作業に慣れている人物か?

ここで焼き肉屋のオーナーである下塚(大水洋介)に疑いの目が。

しかしなんと、下塚はふたりめの被害者となった…!

トイレに顔を突っ込むようにして倒れていた下塚。

起こしてみると、首から上が切り取られていた…!

第3話ぱぱっとネタバレ!

下塚の頭部は、病院のゴミ捨て場から発見された。

同じ病室の人間が2人も殺されたことで、松井(木村了)は、早く退院したい。

病院の外の連続殺人事件がまた起こった。

被害者は若い女性。犯人は左手の薬指をペンチで切り取って持ち帰っている。

さらにもう1人の被害者は、病院の購買部で働く江口さん。

松井は江口さんのことを気にいっていた。江口さんが殺された時、松井は病室にいなかった。びしょ濡れで戻ってきて、「江口さんと車で話していた」と。

明らかに松井が怪しい流れだが…!? (と言う事は死亡フラグ?)

工藤(池田鉄洋)は、「もしあなたがテレビの脚本家としてこの事件を描くなら、犯人はどう描きますか?」と翔太朗(佐藤勝利)に尋ねる。翔太朗は、「犯人は2人用意する」と。

すると工藤も「1人は感情の赴くままに行動するサイコパス、もう1人は緻密な計算の上で行動する知能犯だ」と。

傷が治るまで翔太朗に会えないアリサ。包帯をとってみる。すると、顔には全く傷などなかったのだった!

4話ぱぱっとネタバレ

アリサの顔には傷などなかった。白石(板尾創路)が嘘をついていたのは、院長(鹿賀丈史)にそう言えと言われたから。最初は、「入院患者が1番儲かるから退院させたくないのだろう」と思っていたが、そのうち白石自身も、不安そうに鏡を覗き込むアリサを見てゾクゾクするようになり、本当の理由などどうでもよくなった。

病院の駐車場の車の中で殺されていたのは、購買部の江口さんだった。(紐状のもので首を絞殺)その江口さんを好きだったのが松井(木村了)。松井は翌日、無理矢理自主退院してしまった。警察が松井の自宅を訪ねてみると、ベランダの物干し竿に吊るされるように殺されていた。(毒殺)右手が切り取られていて、右手首は松井の自宅の洗濯機で洗われていた。

アリサはまた認知症の老婆に「早くここから逃げなさい」と言われる。実はこの老婆は、認知症のふりをしているだけで、本当は認知症ではなかった。この病院は多くの患者が入院を長引かされ、退院したはずの患者が家に帰っていないと言うこともあるそう。アリサは「翔ちゃんと一緒に逃げたい」と言い、老婆が「私に任せなさい。そのためにずっと認知症のふりをしてきたんだ。どこに行っても、みんなそのせいだと思う」と協力してくれることに。

老婆はエレベーターの中で翔太朗に認知症なふりをして絡み、こっそりとアリサからの手紙を渡した。待ち合わせの場所と時間が書いてあった。

ついに事故以来初めて再会した翔太朗とアリサ! 2人でこっそり話していると、電動ノコギリを持った何者かが近づいてくる。必死で逃げ、隠れたが、ついに2人の隠れている場所のカーテンが開けられ、電動ノコギリを持った人物が現れる…!