ドラマ King & Prince SMAP 新田が碓井愛菜美(比嘉愛未)と結婚した理由「純愛ディソナンス」4話パパっとネタバレ!

新田が碓井愛菜美(比嘉愛未)と結婚した理由「純愛ディソナンス」4話パパっとネタバレ!

「純愛ディソナンス」4話のあらすじをパパっとネタバレします。

4話のポイントは、

  • なぜ、何がどうなって新田が碓井愛菜美と結婚することになったのか?その理由となれそめ
  • 夫婦の間に愛はあるの?
  • 冴に告白した慎太郎だけど、その答えは?
  • シェアハウスに新たな入居者
  • 路加の賢治への復讐劇場の始まり

などです。

「純愛ディソナンス」4話パパっとネタバレ!

冴(吉川愛)は、『美南彼方』の名で小説家として活躍している愛菜美(比嘉愛未)と再会を果たす。その愛菜美が、「私の夫」といって冴に紹介したのは、何と正樹(中島裕翔)だった。ショックを受けた冴は、シェアハウスに戻っても一睡もできないでいた。

あくる朝、冴と莉子(畑芽育)は、慎太郎(髙橋優斗)から、新たにシェアハウスの住人となる村上晴翔(藤原大祐)を紹介される。晴翔は、19歳のフリーターだった。

冴がアルバイトをしている『コアスパーク』では、セカンドパートナーを探すためのマッチングアプリ『セカプリ』の新規登録者獲得を目的に、イベント会社と組んでパーティーを企画していた。社長の路加(佐藤隆太)から意見を求められた冴は、相手がいるにも関わらず他の相手との出会いを求めること自体が理解できず、不倫を推奨するふしだらな場、などと発言する。すると路加は、冴の言葉を遮り、「自分の気持ちが満たされないとき、その心の隙間をパートナーだけじゃ埋められないことはよくある。その感情を否定する時代はもう終わった」と返す。

一方、正樹が勤める『モノリスエステート』は、管理しているタワーマンションの住人たちから、会計報告書に偽造が見つかったとして、賠償金3億円を求められていた。正樹は、住人側のリーダー的な存在である医師・倉持の弱みを握って黙らせ、事態を収束させようと動き始めるが……。
引用:https://www.fujitv.co.jp/lovedisso_fuji/story/story04.html

セカンドパートナーのコラボ小説始動と愛菜美(比嘉愛未)の企み

セカプリにアルバイトとして入ったものの、”セカンドパートナー”の概念がどうしても受け入れられない冴。

「自分の感情が満たされないときに、そこを埋めてくれるのはパートナーだけでは足りないと言う事はよくある。そのためのセカンドパートナー。新しい時代の恋愛の形」

と路加は説明するが、「結局不倫。不倫なんて昔からあった」と冴。

愛菜美は、セカプリから依頼されたセカンドパートナーを題材にした小説の話を受ける。愛菜美の推薦で、冴もこの企画に関わることになった。

ポイント!
愛菜美は冴がまだ新田のことが好きなのをわかっていて、わざと自分たちに関わらせて面白がっている。そもそも、このコラボ小説を受けたのも、それが狙い。

愛菜美は冴に服を買ってあげ、自分の服も選んでほしいと派手な真っ赤なワンピースと清楚な茶色のワンピースの2択を迫る。

冴が選んだのは清楚なワンピース。愛菜美にとっては「自分らしくない」服だった。

家に帰って新田に「どっちがいい?」と2択を迫る。愛菜美の意思を汲み取ろうと必死で、なかなか選べない新田。

ポイント!
新田は、愛菜美の顔色を窺って生活する夫婦関係っぽい。

シェアハウスの新しい住人 藤原大祐

シェアハウスに新しく入ってきた村上晴翔(藤原大祐)。19歳のフリーター。

冴は愛菜美の紹介で、編集者に自分の小説を持ち込んだが、酷評され落ち込む。

晴翔「全員に好かれなくてもいいって思えば楽じゃないですか?自分の大切な人が応援してくれれば、それでいいんです」
慎太郎「俺は、応援してるよ…?」

晴翔はこれからストーリーに絡んでくるのだろうが、今回の出番はこれだけ。

晴翔の歓迎会を4人でやっていた時に、冴と慎太郎がちょっとぎこちない雰囲気になって席を外したシーンで、「どうしたの?」と2人を見送る莉子(畑芽育)を、晴翔がじっと見ていた。

この視線だけだと、晴翔は莉子を好きになるのかなあと思った。

莉子は莉子で、パソコンに入っていた冴の小説を勝手に読んだりと、ちょっとやばいやつの雰囲気もある。

シェアハウス男女4人の中でも、恋愛ドロドロぐちゃぐちゃが行われるのでは…?

新田(中島裕翔)が愛菜美(比嘉愛未)と結婚した理由

新田は冴との一件で責任を取り高校を辞めて、親にも縁を切られ、工事現場で真面目に働いていたが、冴との写真がネットに出回っており、「女子高生に手を出してクビになった高校教師」と言うレッテルを貼られ、同僚たちにいじられる。

「あんたが手を出した女子高生、処女だった?」とからかわれ、思わず突き飛ばしてしまい警察送りに。

そこに碓井が愛菜美がやってきて、「示談金を出す。力になりたい」と新田の手を握った。

それで愛菜美の父親の賢治に頼ることになり、愛菜美との交際が始まり、新田の方からプロポーズをした。

ポイント!

5年間がざっと回想シーンで語られたが、新田が愛菜美にプロポーズしたときの感情は多くは語られていない。

そこに本当に愛があったか、賢治との関係上、もう切っても切り離せない関係だと腹をくくったのか…。

ハメられた新田(中島裕翔)が暴力を受け入院

路加は昔、賢治の下で働いていたが、ひどい捨てられ方をして恨んでいる。賢治の周りを調べ、愛菜美が娘であること、その夫の新田が昔、冴と噂になったことなどを知る。

セカンドパートナーを探すパーティーが開催される。

新田はそこに仕事で来ていた。(もめている相手・倉持の弱みを握れと賢治に指示されている。倉持がこのパーティーに参加するという情報を手に入れ、証拠写真を撮りに来た)

会場に新田がいるのを見つけた路加は、面白いことになるのを狙って、冴に「書類を持ってくるように」と言いつける。

会場に入った冴は、セカンドパートナーを探しに来た参加者と思われ、男性に強引に声をかけられる。新田は「連れなんで」と冴を助ける。

冴は改めて、新田が教師を辞めるきっかけを作ったことを謝る。

新田「もう昔のことだよ」
冴「昔のことじゃない。私の中では、今でも続いてます。でも昔のことにしないといけないのはわかってる。だから一つだけ聞かせてください。先生、あの時どう思ってたの?」

そこに路加がやってきて、新田の返事は聞けなかった。

パーティー後、倉持はさっそく知り合った女性とホテルへ。

後をつけて、その写真を撮った新田。これで倉持の弱みゲット!

すると、男たちに取り囲まれ、ボコボコに殴られ、スマホを奪われる。

実は、愛菜美の兄である北都(和田正人)が、新田に倉持の情報をくれた男に、さらに高い金を積み買収。新田の動きを倉持にリークして、スマホを奪わせたのだ。

しかし、新田がボコボコにされている様子を北都はしっかりと動画で押さえたため、それが倉持の弱みとなる。

ポイント!

北都と新田は、どちらが賢治に気に入られるか、いわばライバル関係。

今までは新田が圧勝だった。

今回、北都が新田をハメる形で手柄を上げたため、賢治は北都の出した成果に満足。北都はポイントリードした形となった。

慎太郎(髙橋優斗)への返事は保留

冴に告白した慎太郎だが、その後も普通に接している。

冴がパーティーから帰ろうとすると、心配した慎太郎が迎えに来ていた。

冴はハイヒールで足が痛くなったと座り込む。

慎太郎「めんどくさ~!」
冴「めんどくさい女を受け止めるくらいの包容力ぐらいつけろよ。だからダメなんだよ」

慎太郎はしゃがんで「ほれ」とおんぶをしてくれると言う。

冴「いいよ…(汗)」
慎太郎「歩けないんだろう?」
冴「歩けないよ?痛いもん!」
慎太郎「じゃぁ早く乗れよ」

(↑なんかこの幼馴染な感じのやり取りいい)

おんぶして歩いている途中、

慎太郎「この前のこと本気で考えて欲しい。ダメならダメで言ってくれれば、踏ん切りつくから」
冴「ぶっちゃけ慎太郎モテるだろうし、きれいな子を探すっていうのもアリかもね~」
慎太郎「…ここでチャカされたら、結構傷つく」
冴「ごめん…ちゃんと考える」

新田(中島裕翔)と冴(吉川愛)がセカンドパートナーに?

冴は、新田が怪我をしたことを聞かされ思わず病院へと走り出す。

(路加が、愛菜美がコラボ小説の打ち合わせに来られなくなった理由としてさりげなく伝えたが、路加は波乱が起きることを期待して、わざと話したと思う。

路加は、新田がパーティーに来ていたことも、仕事で来ていたとは言わず、まるでセカンドパートナーを探しに来ていたかのように話して、夫婦の関係に波風を立てようとしていた)

病院で新田を前にした冴。

「先生のことが心配で、頭が真っ白になって、先生のことしか考えられなくなって…!」

我に返った冴が、「すいません、帰ります…」と後ろを向いて歩き出すと、新田は冴を後ろから抱きしめた。

新田のナレーション

~俺はわかっている。この幻想が、俺にとって唯一の救いだと言うこと。~

パートナー愛菜美には埋められない新田の心の闇に、冴との再会が救いになりつつあることは確実!

しかし、それこそセカンドパートナー!

冴が受け入れられないと言っていた”いわゆる単なる心の不倫”の関係に、二人は突き進んでしまうのでしょうか…!?

ドラマ主題歌、原作漫画は…
↓ ↓ ↓

「純愛ディソナンス」4話のポイントまとめ

  • 新田は、人生どん底から愛菜美が救ってくれたから結婚した(愛はなさそうだが、はっきりとした描写は無し)
  • 愛菜美の父親の会社で働いているから、夫婦生活でも愛菜美に頭が上がらない様子
  • 愛菜美は冴に対してマウントを取りたい。(昔から嫌がらせをしていたから、コンプレックスがあって嫉妬していたのか?)
  • 新田は今の生活に息苦しさを感じていて、冴の存在が“唯一の救い“になっている

おまけ 賢治(光石研)の名言とも言える怖すぎる発言集

ここからはおまけで、賢治の名言集です。

愛菜美の父親で新田の義理の父親であり、上司(社長)という立場の賢治。

その賢治の発言が怖すぎる…!

光石研さん、いいお父さん役をやらせたらすごいお人好しな感じが似合うのに、怖い役やらせたら本当に怖いからすごいのよ。

賢治が”血も涙もない”人間であることを一瞬で視聴者に伝えるのには、十分に効果を発揮しています…。

新田に期待の言葉をかけるシーン。

「優秀な人間とは、何も起ためらわずに人を蹴落とし、踏みにじることのできる人間だ。
お前にはその素質がある。
弱みを握れ。ないなら作れ!」

自分が懐柔していると思っていた人間が、まさかの北都(和田正人)に寝返っていたことを知り、愕然とした新田に対して。

「自分が信頼されているとでも思っていたか?
いいか?誰の言葉も嘘と思え。
裏の裏を読み尽くして、目の前の人間、骨になるまでしゃぶり尽くせ。
それが本当にわかったら、お前も一人前だよ」