ドラマ King & Prince SMAP 「真犯人フラグ」冷凍遺体は誰?2話 ママ友菱田朋子(桜井ユキ)は凌介(西島秀俊)のことが好き説

「真犯人フラグ」冷凍遺体は誰?2話 ママ友菱田朋子(桜井ユキ)は凌介(西島秀俊)のことが好き説

「真犯人フラグ」2話のあらすじをぱぱっとネタバレ!
毎回、真犯人ぽい人が違ってくる秋元ドラマ!
2話で怪しく見えたのは、ママ友の菱田朋子(桜井ユキ)?
考察、感想など書いていきます。

「真犯人フラグ」2話ぱぱっとネタバレ!

冷凍遺体

凌介(西島秀俊)が差出人になっていて、戻ってきてしまった荷物に入っていたのは氷に埋まった子供の腕。凌介が慌てて掘り出してみると、篤斗(小林優仁)ではなかった。

しかし、本物の子供の遺体だった!
絶対、マネキンか何かで、ただのいたずらって言うオチかと思っていたので、かなりびっくりした…。

夜のうちに警察がきたが、メディア発表なしと決定。
遺体の事について知っているのは、その場にいた凌介と瑞穂(芳根京子)、部長(正名僕蔵)、その他上役のみ。

遺体は5年前のもの。
腹部と後頭部に打撲痕、腕に擦過傷。直接の死因は内臓損傷。
生きていたら長女・光莉(原菜乃華)と同い年。
警察は、光莉が誰かをいじめていて、その家族が凌介家族に恨みを持っているのでは?と疑っている。
凌介が学校に確認したところ、5年前にいじめ等のトラブルはなく、亡くなった生徒もいない。
荷物の段ボールと、中の「お探しのものです」と書かれた上からは、凌介と他、配送スタッフ以外の1名の指紋が検出された。データベースに一致するものはなし。
ユニホームは多数流通していたもので、手がかりにはならなそう。

瑞穂(芳根京子)とドライブレコーダーのデータを盗む

事件の解決に協力してくれることを宣言した瑞穂。

会社のトラックのドライブレコーダーに、何か映っているかも!とひらめく。
しかし正式に頼んでも、データを貸してもらえなかった。
夜中に侵入して、データを盗む。

篤斗を誘拐したのは女!?

ドライブレコーダーの映像を確認していると、篤斗を発見!
傘をさした女性と一緒に歩いてた…!

この女性は真帆(宮沢りえ)のママ友の菱田朋子(桜井ユキ)か?

コンクリートの中にローファー

不動産屋の営業の林(深水元基)から連絡を受けた凌介は、現場に行く。

匿名で「何かが埋まっているらしい」と電話があったそうだ。

新居の基礎のコンクリートを流したばかりで、まだコンクリートは柔らかい。職人が帰った後で、何かを埋め込む事は可能。

確認してみると、光莉が入っているものと同じローファーが埋まっていた…!

ドラマ主題歌、原作漫画は…
↓ ↓ ↓

菱田朋子(桜井ユキ)は凌介(西島秀俊)が好き説

凌介は、すっかり犯人扱いで嫌がらせをされる。団地のポストに嫌がらせのビラが入っていたり、周りの人が白い目で見てきたり…。
そこを、朋子がかばってくれる。

朋子はシングルマザーで、5年前にこの団地に引っ越してきた。
周りに馴染めず、孤立していた。そこへ真帆が最初に声をかけてくれた。
朋子「孤立している人に声をかけるのって、勇気がいるじゃないですか?すごいなって思った。だから私もそういう人でありたいと思ってる!」

このセリフを素直にとれば、「今、孤立をしている凌介に声をかけてあげられるような人間になりたい」と言うだけのこと。

しかし深読みすると、「真帆さんみたいになりたい」=「真帆さんの立場にとって変わりたい」=「凌介の妻になりたい」?
1話で真帆と朝、ゴミ出しをしていたときには、普通のサバサバしたママ友に見えたけど、凌介と話しているときには、やけにニコニコしてはしゃいでいるように見えた。
もともと凌介狙いだった?

優しい夫、スポーツのできる息子(朋子の息子の清明は運動ができない)、もうすぐ新居を建てると言う絵に描いたような幸せ仲良し家族、そんなポジションをとって変わりたいと願っていたのでは?

そして気になるのが、朋子が団地に引っ越してきたのは5年前!
冷凍遺体も5年前。
このつながりは?

もしかして、朋子にも清明の5歳上の息子がいたのでは?
前の学校で、いじめが原因で亡くなっている?
それで、環境を変えるために引っ越してきたけど、辛い体験からすぐに周りに馴染むことができなかったとか?
そしたら、転校先のこの学校でも今度は弟の清明が運動できないことをいじめられるようになって、運動ができる篤斗がいじめの首謀者みたいに思えて、恨んでいたとか?
(清明が運動ができないと言うのは、1話の冒頭シーンで、ちょっとからかわれているシーンがあったからです)

私は1番の時点で、朋子が1番怪しいと感じていました↓

でも、1話では「不動産屋の営業が怪しい!」と結構言われていたけど、それは出演シーンが多かったから。
2話では「ママ友が怪しい!」の流れで、やっぱり意味深な出演シーンがあったから。
毎回、出演シーンが多い人=怪しいと思わせる、と言う手法で進んでいきそうだけど、
と言う事は、2話で早速怪しく見せた朋子は犯人じゃないのかな?

生駒里奈は葬儀場のスタッフ

1話では、“謎の女“と言うだけの登場シーンだった生駒里奈さん。
今回も、ほんのワンシーンしか出てきませんでしたが、葬儀場のスタッフであると言うことと、「本木晴香」と言うフルネームが明かされました!
意味深にちょこっと出しているだけで、まだストーリーに絡んで怪しい!と言うところは無いのですが…。

その他、伏線になるかもしれないこと

その他、2話で出てきた情報です。後で伏線になるかもしれないので、メモがわりにここに書いておきます。

IT起業家の橘(佐野勇斗)が見ていた携帯は、GPS?「電源がオフになっています」と出ていたけど、篤斗のGPSを調べていたのか?

凌介が団地の前でマスコミに取り囲まれているのを、橘が見に来ていた。

亀やん急便では、伝票に色マジックで印をつける。冷凍遺体の荷物には、青ペンの印。青ペンは商店や企業から出されている印。
発送されたのは市場からだった。一般の人が「ここから送りたい!」と言っても無理らしい。市場の人や、運送会社の人なら入れる。
荷物からは、凌介と配送スタッフ以外にもう1人指紋が検出された。前科者リストに該当者なし。
凌介の部屋の下の階の部屋は、ゴミ出しにうるさい池上さん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする