ドラマ King & Prince SMAP 【菱田朋子(桜井ユキ)真犯人説】動機は息子・清明へのイジメ⁉︎

【菱田朋子(桜井ユキ)真犯人説】動機は息子・清明へのイジメ⁉︎

「真犯人フラグ」の予想考察です。
こちらでは、真帆(宮沢りえ)のママ友の菱田朋子(桜井ユキ)真犯人説を検証していきたいと思います。

ママ友・菱田智子(桜井ユキ)の息子・清明


息子の清明君を演じているのは、桑名愛斗くん。
前クールで「TOKYO MER〜走る救命救急室〜」に出演。鈴木亮平さん演じる喜多見先生の子供の頃を演じ、回想シーンで登場していました!

さてさて、この清明くん、どんな子かと言うと…

小学校4年生
凌介(西島秀俊)の息子の篤斗(小林優仁)の同級生。
篤斗と同じサッカー教室に所属。

と、ここまでは相関図やドラマの中の説明で出てきました。

そしてここからが、私が朋子が真犯人なのではないか?と疑う理由になってくるのですが…

清明くんはあまり運動ができないおとなしいタイプの子

です。

冒頭のシーンで小学校が映った何の変哲もないシーン、実はあれは伏線だったのではないか?と思っています。
エリンギサンタ事件(階段から転落死)を真似して、小学生の男子たちが廊下の階段の4段目位からジャンプして降りていた。

1番最初にやったのは篤斗。
次に2人の男子。
最後にジャンプしたのが清明くん。

しかし着地に失敗して転んでしまいます。
他の男子たちが「死亡ーー!!」とはやし立て、清明くんは「へへへ」と笑ってごまかしていました。

これ普通に小学生の男子の中でありそうなやりとりですよね。
だけど、やっぱり一番最初にやる子が、1番運動ができてガキ大将タイプ。

それに続く元気な子供たちがいて、

最後に同じように遊ぼうとするんだけど、できないどんくさい子がいて…。

ジャイアン、スネ夫、のび太の図、って感じです。

笑ってごまかしてはいるものの、やっぱり「死亡ー!」とからかわれて、いい気はしないでしょうし、運動ができないのは小学生男子にとっては致命傷。
学校では立場の弱い存在なのでしょう。

それに引き換え、篤斗は率先してジャンプをしていたこと、サッカー教室でエースナンバーの10番をゲットしていたことなどから、運動ができるタイプ。
ガキ大将のジャイアンタイプであると予想できます。

篤斗は清明をいじめていた?

そうなってくると、凌介がサッカー教室のロッカーで見つけたユニフォームの切れ端が意味を持ってきます。

最初は篤斗のユニホームが切られていたのかな?と思いましたが、上で述べた事柄から、篤斗はいじめられるようなタイプだとは思えません。
そうなると、切られていたのは清明くんのユニホームなのでは!?

凌介はとっさにロッカーの中に篤斗が閉じ込められて殺されているのではないか?と心配して急いでロッカーを開けていましたが、そのロッカーが篤斗のものかどうか?ロッカーの名前等は映っていませんでしたよね。
もしかしたら、そこは清明くんのロッカーなのではないでしょうか?

ジャイアンがのび太をいじめるように、そこまで悪気は無いものの、篤斗は運動のできない清明くんをからかったり、ちょっぴりいじめたりしていたのかもしれません。
(もしユニフォームを切ったとしたら、“ちょっぴりいじめ“どころの話では無いですが…)

もしそれを母親の朋子が知ったら…?
それこそ、相手の子供、もしくはその親を殺してやりたくなるほど、憎むかもしれませんね。

【2話視聴後追記】2話で“イジメ“と言うキーワードが出てきた

2話では“イジメ”と言うキーワードも出てきました。

とは言っても、送られてきた冷凍遺体は5年前のもので、年齢で行くと長女の光莉(原菜乃華)と同い年。

刑事は光莉が同級生をいじめていたのでは?と疑っていましたね。

でも、“イジメ“と言うキーワードが出てきたのは見逃せません!

【2話視聴後追記】“5年前“と言うキーワードも気になる

それに、もう一つ、キーワードが出てきましたよ。

冷凍遺体は5年以上前に死んでいる遺体。

菱田朋子がこの団地に引っ越してきたのが5年前。

もしかしたら、清明には5歳上の兄がいたのかもしれません。

そして、その兄がいじめられて殺された。

篤斗や光莉が通っていた学校では、5年前にトラブルもなかったし、生徒がなくなっていたと言う事実はない、と言う事でしたが、朋子は引っ越してきたので、5年前は別の学校に子供を通わせていたから、生徒がなくなっていたと言う事実が浮上していないだけ。

子供学校でのいじめで失った朋子は、その学校にいられなくて転校してきた。

しかし、またしても弟の清明までもがいじめられるようになった。

その首謀者的存在だった篤斗を恨んで、誘拐した。

なんていうのはどうでしょうか?結構辻褄が合ってるかなぁなんて思いました!

朋子はシングルマザー

しかも、朋子はシングルマザーです。
幸せ家族の真帆に嫉妬心を感じていてもおかしくはありません。
しかも、今までは団地で仲良くしていたのに、真帆はマイホームを建てて団地を出て行きます。
朋子はシングルマザーで経済的な余裕はないでしょうから、マイホームを持つ事は難しいでしょう。このまま団地住まいが続くわけです。

なんか“置いていかれた感“がありますよね。

優しい旦那がいて、できの良い息子がいて、経済的にも余裕があって、夢のマイホームを手に入れる。そして美人。

めちゃくちゃ憎たらしくないですか!?

これで「私たち、仲の良いママ友なんです♡」と言われても、逆に胡散臭いです。

【2話視聴後追記】菱田朋子は凌介のことが好き?

そして2話を見て思ったこと。

団地の郵便ポストに嫌がらせのビラをたくさん入れられていたところを、朋子が凌介に話しかけてくれたシーン。

引っ越したばかりで周りに馴染めず孤独だった時に、真帆から声をかけてもらって

「孤独な人間に声をかけるってすごく勇気のいることじゃないですか?すごいと思った。だから私も真帆さんみたいな人間になりたい」

と言う台詞がありました。

朋子は真帆のいろいろなことが羨ましかったから、真帆になり変わるために、真帆を誘拐した?

凌介のことも好きというか、本当の憧れの対象は真帆で、真帆になるためには凌介を奪わなければいけない!みたいな発想になったのかも。

1話で真帆と朝、ゴミ出しをしているシーンでは、普通のサバサバとしたママ友だったのに、2話の凌介と2人でいるシーンは、やけにはしゃいでいるように見えたし、笑顔もめちゃくちゃ「笑顔作ってます!」って感じで思いっきりニコニコしてた。

突然、凌介の「唯一の味方!」みたいに接してくるのは違和感があるし、凌介に対して特別な思いがあるのかなぁと思いました。

まとめ

朋子が、真帆に対して嫉妬心を感じていたこと、自分の息子・清明に対する態度で、篤斗に不満を感じていたこと、などの感情が本当にあったとしたら、動機としては充分です。
菱田朋子新犯人説、結構ありだな、と思います。

一応今のところ相関図では、「疑惑を向けられた凌介に対して親身になってくれる数少ない存在」となっているので、“身近にいた良い人が実は裏切り者で犯人“と言うミステリーの王道パターンにも当てはまっているといえます。

桜井ユキさんなら、黒幕を演じる女優さんとしても申し分ないですしね。
なので、私は菱田朋子真犯人説を押していきたいと思っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする