オススメ記事!キンプリ妄想歌詞小説『koi-wazurai』2話 年上キラーと爽やか王子とわがまま姫 中居正広ラジオ「ON &ON AIR」11月30日 部屋の中で見られたくないのは本棚とDVDラック、プレミア12の取材の裏話

中居正広ラジオ「ON &ON AIR」11月30日 部屋の中で見られたくないのは本棚とDVDラック、プレミア12の取材の裏話

2019.11.30オンエア。中居正広ラジオ「ON &ON AIR」(サムガ)書き起こしレポです。

プレミア12~世界野球世界一おめでとうSP~!

《この冬何する?》

「プレミア12が終わりまして、野球シーズンが終了~!春のキャンプまで野球のない生活が始まります。今年の冬は何しますか?」

2か月か~。自主トレしようかな。ゴルフは寒いとやらないです僕。1月、2月はやらないかな。夏もやらない。スキースノボーとかやらないでしょ。何やろう?

ちょうど昨日で、この2か月で映画30本見ました。全部アジア。んで見終わったら、面白かった奴と、面白くなかった奴を積んでるんですね。今面白かった方が1本リードしてますね。15対16とか。じゃあB’z。

♪B’z/LADY NAVIGATION

《部屋の中で見られたくないもの》

映画ってあれですね。やっぱ勧められないですね。何々見たはいいけど、「あれはよかったですよ、これは」って今一つって言いにくいですね。褒めるだけならいいのか。でもやっぱ嫌だね。本も。結局、家の中で人に見られたくないところって、本棚って見られたくないねDVDラックも見られたくないね。なんでだろうな。

ベッドより見られたくない。見透かされちゃうみたいで。なんでだろ。すげえやだね。だから人を入れない説もあるな。「こんなの見てんだ?」って絶対なるでしょ? 「これ見た俺も!」とか「あたしこれ知ってる!」ってのはいいんだけど、「こんなの見てるの?」って言われる恐怖。ハハハハ(笑)「こんな本読んでるの?」って言われるのが嫌っぽいんだな。

映画もほとんど男向き。女の子が見るようなのがないから、ラジオで紹介するようなことはないって書いてあります(笑)

《プレミア12》

プレミア12終わりました。僕本当素人だなと思ったことがあって。始まる前に「今回の侍ジャパンは不安だ」って、ラジオでいったんだっけ?最初に候補者が挙がって、そこから削っていくんだけど、 選ばれて辞退する人が多かったんで、士気が下がるんじゃないかなって。技術的な面は超一流なので、あとはこの短期間でどれだけ一つになれるのかなって。辞退する選手が多いと、一丸となれないのかなって思って、そういう意味で僕は「不安だ」って言ってたんですけど。

本当申し訳ないですね。世界一ですから。ハハハハ(笑) 世界一だもんね。本当に申し訳ない。俺の目は節穴だっ。

でもやっぱり台湾の3試合で、本当にしんどい試合だったんですよ。それで東京に戻ってきた時に、広島の菊池選手にお話を伺ったんだけど。

あっこれも言わなくちゃいけない。せっかく試合前や試合後にお話を伺っても、放送できなかったコメントがいくつかある。僕が貰ってる話は、解説や実況の人が話してて、その内容に沿ったものを、メモをバーッとめくって、ここだってところで紹介するけど、その時の状況だったりとか。難しいんですそういうの。誰も指示してくれない。

菊池選手は「しびれる試合が多かった、それで勝っていくとチームがチームになって行くって。苦しければ苦しいほど一つになる。簡単にいかなかったのが良かった」って言う話をしたんですね。でも東京に来るとチームがどうのこうのっていうよりか、さあこれで点数が入るかって場面で、ちょっと今の場面とは温度が違うかな、入れられないなって。

でも新聞で話したのかなそれ。スポーツ新聞の取材があった時に菊池選手のは入れたのかな。そうやってチームが一つになって、台湾でギリギリの戦いをしてたことで一つになってたって。良かったですよ。

台湾は暑いんですよ。夜はちょっと寒い。台北はホテルから5分ぐらいのところに球場。台中はホテルから2時間半ぐらいかかる。行きは新幹線で、帰りは車。ぴったり2時間半でした。よかったDVD持って行って。「新感染」っていう、ゾンビみたいな奴なんですけど(笑)中居チームで、メイクさんとか長玉さんとかと見て。エンドロールのところでご飯のところにつきました。ピッタリだったですよ、あれ。褒めて欲しい。

長玉さんは寝てるし。ほかのスタッフは見てたんだけど。どうだった?っていったら「いや~よかったです」って。お前寝てただろう。なんでごまかすんだろう。台中はちょっと寒かった。雨がシトシトで。前回、WBCか、あれ。準決勝。雨が降ってメモが全部にじんでしまうっていう。これ僕の命なんですよ。リポートの。やべえと思って。

TBSなんですよ。横についてるスタッフがその時と同じスタッフで。これ思いだすなって。ロスの時は傘を持ってきてもらって、後ろにかけたのかな。でも雫がどんどん垂れてきて。自分が濡れうのはいいけど、「このノートさんだけは何とかしてくださいよ!」って思ったのを思い出したけど。まあまあ誌合前にはあがってよかったなと思いますけど。

韓国戦、初回でいきなり3点。それはびっくりしましたね。でも勝ったからよかった。でもホント大変なんですよ〜小林君も「プレミアどうでした?楽しかった~?」って。そんな軽いもんじゃないですよ。そーゆーもんじゃないんですよ。近くで見てるって感じは全然ないなあ。こんな近くかよ~ってのはもう全然ないですね。

僕向き不向きでいったら、不向きなのかなあって。試合前の3時間前ぐらいからウォーミングアップが始まるんですけど、そこから取材エリア入って。やっぱ話を聞きたいんですよ。放送に是非ともっていうのもあるし、どういう心境なのか一言貰いたいなあって。聴きたいなあと思っても。これがね、聞けないんすよね。

「話いいですか?」って聞くと、「全然いいですよ」って言ってくれるんですよ。でも中居だけ独占するのは良くないなあって昔からあって。五輪でもみんな話が聞きたい。聞けちゃうんですよ。みんなよくしてくれるんですよ。でもなかなかいけない。ルーティン崩したくないし。聞けて二人。ゼロの日もあるんですよ。

それはタイミングと。二人までかなって。勝つにつれてどんどん緊迫のある試合が増えていく。沖縄での強化試合だと、まだ聞けたりするんだけど。聞けるのが40秒ぐらい。お伝えしたい話も前後をつけないといけない。サービスで1分半ぐらいしゃべってくれる選手もいるけど、あんまり時間を取らないようにって言うのがルールとしてあるので。

後半は申請ってのがあるんですよ。試合の前に、申請してOKが出ることもあれば「今日は」ってのもある。アメリカ戦の前とかやばい、攻め一人、守り、台湾で聴いた1人とか。やべぇどうしようって。そしたらベンチで聞いた本番前の話とか。それが大変。

いや~でも世界一よかったなー!甲斐野投手っているでしょ。俺の二回り違うんだよ。それに「お話しいいですか?」って。「いいです」「ほんとありがとう…!」って。甲斐野。96年生まれ。ねずみ年だ。同じ干支だ。24下の子に「いいですか」って(笑)

大竹選手すいません、挟めませんでした。聞いたんですけど、早かったんです。三者凡退で。行こうかなと思ったらテンポ良く3人で終わって、挟めませんでした。大塚愛!(さくらんぼ)でたっ!

♪大塚愛/さくらんぼ

もうわかんないよね。もうちょっとズカズカいった方が、スタッフは「今~選手です!」って。でも申し訳ないのもある。目が合うと、選手みんな挨拶してくれるんですよ。でもわざわざ挨拶してもらうのも申し訳ないから、僕の視界に入ってないと思えば、向こうは挨拶しなくていいじゃないですか。

気を遣わせちゃうから。自分の視線に入ってない振りをする。これ難しいですよ。僕見えてないから挨拶しなくていいですよって。この人の話聞きたいなって時は、ちょっと視界に入れる。青山テルマですよね。「私はここにいるよ」って。言いたいことわかるでしょって(笑)

《おまけハガキ》(パワーヒッターと言えば?)

ブーマー。また来週!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする