ドラマ King & Prince SMAP リカ続編エピソードゼロ「リバース」原作小説パパっとネタバレ!犯人は誰?結花が後のリカ?ドラマとの違いも!

リカ続編エピソードゼロ「リバース」原作小説パパっとネタバレ!犯人は誰?結花が後のリカ?ドラマとの違いも!

原作小説「リバース」のネタバレをパパッと簡潔に紹介していきます。千尋を殺したのは誰?宗像は本当に事故死なの?と言う結末がさくっと知りたい方にオススメです。

完全に原作の結末ネタバレとなりますので、ご注意ください!

リカが子供の頃の話

これはリカが子供の頃の話。

母親は麗美。今回は高岡早紀さんが母親役。

娘は双子の姉妹。梨花と結花。

リカがどうしてあんな純愛モンスターサイコパスになったのか?という謎が解けるお話です。

家政婦の幸子

物語は終始、家政婦の幸子目線で進んでいく。というか、幸子が1日にあったことを日記のようにして、宛てた手紙として書き綴っている。

幸子は18歳。高校を卒業して、上京。両親を早くに亡くし、村の教会で育ったため、幸子にとって神父様が父親代わり。だから、日々あったことを、細かくを神父様に手紙に書いて伝えている。

幸子はとても純粋で良い子なので、雨宮家で起こる不可解なことを、全ていい方に解釈しようとする。でも読者には、「それってそういうことじゃないんじゃ…」と違和感を抱かせるように描かれているため、早々に犯罪の匂いがしてくる。

例えば母親 麗美の梨花と結花への異常なまでの折檻。やっていることを読んでいれば、行き過ぎた虐待であることがすぐにわかるのだが、幸子は「きっとこれはしつけなのでしょう。奥様はとてもお優しい方です」と思い込もうとしていたり…。

雨宮家の周りで次々に人が消える

幸子の前に家政婦として働いていた雪乃は、突然家政婦を辞めて行方不明になっている。

旦那が可愛がっていた熱帯魚が2匹減っていた。

旦那が可愛がっていた愛犬のマロンがある日行方不明に。

旦那が経営しているクリニックの看護師が次々に辞める。

近所で、ペット惨殺事件が何件も起きる。

梨花と結花にピアノを教えていた、千尋が行方不明になる。

千尋の死の真相を調べていた宗像のアパートが火事になり、宗像が死亡。

など、雨宮家の周りで、たくさんの人が消えている。

特にペット惨殺事件の話では、「耳や目や舌などのパーツを一つ一つ切り取って置いてあった」と言う描写があり、読者には「リカの仕業だ!」とすぐにわかる。

千尋の失踪

梨花と結花にピアノを教えていた千尋は、ある頃から何かに深く思い悩むような表情をするようになり、年末でピアノ講師の仕事を辞めると言い出した。

実は、麗美の旦那・武士と愛人契約を結んでいたのだ。武士は以前から、千尋のことが気にいっており、よくちょっかいを出していた。

もちろん最初は千尋もそれに困惑していたが、千尋の祖父が怪我をして治療費がかかるなどお金に困った事もあり、愛人契約に了承したとみられる。

しかし千尋は、雨宮家に家庭教師として来ている宗像と交際していた。宗像は医大の苦学生なので、お金の面で千尋の助けにはなれない。

しかし千尋と宗像は純粋に愛し合っていたため、千尋は武士との愛人契約を解消しようとしていたはずだったが、突如行方不明になってしまう…。

ドラマ
英会話の家庭教師と言う設定に変更されていた。

宗像が事故死

千尋は「何も言わずにピアノ講師を辞めた無責任な人」と言うことになっていたが(麗美の中で)、宗像は千尋がそんなことをするとは到底思えなかった。宗像は、その後何年も、千尋の行方を追っていた。

そして、やっと千尋が愛人契約をしていた事実にたどり着く。

その相手はピアノを教えていた家の父親。

でも、雨宮家以外にも、千尋はピアノを教えていた。相手が誰なのか、特定はまだできていなかった。でも真相まであと1歩…。

このことを宗像が幸子に電話で告げた日の夜、宗像のアパートは火事になり、宗像は死亡してしまう。

犯人は麗美?

この物語の中では、母親の麗美の異常さが特に描かれ、読んでいる方も、完全に脳内で高岡早紀に置き換えてイメージして読んでしまっているため、麗美が次々に人を殺しているのではないか?と思わせる。

それは半分当たっている。

麗美はもともと愛人の子供で、他に跡取りがいなくなったため、この大きな豪邸とクリニックを継ぐことになった。(多分本来の跡取りを殺したのも麗美)

生まれは恵まれていないため、麗美はなんとしてでも、「広尾にある大きな家で、庭には花が咲き誇り、ハンサムで医者の旦那がいて、聡明で美しい双子の娘に恵まれた」と言う笑に描いたような幸せな結婚生活を手に入れたいと思っていた。

さらに今の旦那と結婚する前に、麗美には子供を中絶した過去があった。その過去の記憶もあり、かわいい双子の娘に恵まれ幸せに生活している、と言う自分の理想像を絶対に崩したくなかった。

しかし旦那は根っからの女好きで浮気症だった。

旦那が浮気をするたびに、麗美の心は激しく掻き乱された。

それは旦那を愛しているからと言うわけではなく、自分の理想の結婚生活を崩されるから。だけど離婚はできなかった。そんなことをすれば世間から笑われるから。取り繕って理想の結婚生活を続けるしかなかった。

だから旦那が浮気をした日は、弱いものにあたった。

魚を殺し、愛犬を殺し、子供たちに激しく折檻をした。

そしてついには、女癖の治らない旦那までもを殺しているっぽい。“ぽい“と言うのは、そこは小説では定かにはなっていないから。

旦那は幸子が地元に帰っている3年の間に、交通事故で亡くなっており、小説は幸子目線で書かれているため、疑ってはいるものの、事故の詳細は知らない。

旦那はピアノ教師の千尋にも手を出していた。

そしてそのことに麗美は気づいていた。千尋のアパートの部屋を見張っていたり、「夫に近づかないで」と直接話をしに行ったりもしている目撃証言がある。

宗像は別れ話がもつれて、旦那が千尋を殺したのではないか?と思っていた。

しかし、ある日偶然庭の花壇の手入れをしていて、花壇の土の中に骨が埋まっているの発見してしまう。

花壇を掘り返した事はすぐに麗美にバレ、「マロンを誤って死なせてしまったから、庭に埋めた」と打ち明けられる。

しかしマロンの骨の下に、もっと大きな太い骨が埋まっていたのを、幸子は見ていた。

本当は嫉妬に狂った麗美が千尋を殺していたのだという真相に、幸子はたどり着くが…。

犯人は梨花?

しかしそれさえも間違っていた。

幸子はこの家で殺人が行われたことを、警察に話に行こうとする。しかしかなり早朝だったため、交番は巡回中で人がおらず、一旦雨宮家に戻る。どうしてここで戻っちゃったんだよー!絶対怖いじゃん!と読んでて思ったのだが、時すでに遅し…。

幸子が雨宮家に戻ると、バスルームに人が倒れており、ドロドロと廊下まで血が流れていた。バスルームにはもう1人、人が倒れていた。ピンク色のパジャマが見えたので、梨花か結花のどちらかだろう。

幸子は神父様に電話をする。留守電で、「お願いです!庭を…!」と言うメッセージを残したところで、後ろに気配を感じ、ナイフで足首をかっ切られた。アキレス腱が切断され、肉が切り裂かれ骨が見えている。

そこで幸子は気づく。千尋を殺したのは、麗美ではない。

幸子と宗像の電話を盗聴していたのも麗美ではない。麗美は宗像のことを、単なる家庭教師としか思っていなかった。わざわざ盗聴なんてしない。

そんなことをするのは、宗像に強い恋心を抱いていた梨花と結花の姉妹。(2人とも宗像に恋心を抱いていた)

そして千尋を殺したのもそうだ。宗像と千尋が付き合っていることを知り、千尋の存在が邪魔になり、宗像を手に入れるために千尋を消した。

しかし宗像は、自分に振り向いてくれるどころか、千尋への執着をどんどん強め、千尋の足取りを調べ上げていた。

幸子との電話を盗聴し、宗像がいまだに千尋に執着していることを知り、どうしても振り向いてくれないのなら、いっそ殺してしまおうと思ったのだ。

宗像のアパートに放火をしたのも、梨花と結花のどちらか。

宗像に対する恋心を、積極的に示していたのは梨花だ。

犯人は結花

エピローグとして、神父様が連絡の取れなくなった幸子を心配して、東京に来る。

神父様は、幸子が「すべての犯人は奥様だった」と思い込んだところまでの手紙を受け取っているため、幸子が麗美に殺されたのではないか?と疑っている。

雨宮家を尋ねると、結花が対応し、「母はしばらく旅行に行って帰らない」と答える。そこで神父様は、やはり麗美が幸子を殺し、逃亡したのだと思う。

しかし、麗美も梨花も既に結花に殺されている。

バスルームで倒れていたのは、麗美と梨花だったのだ。

神父様は幸子からの手紙を思い出し、千尋を殺したのは麗美ではなく娘の方だったと気づく。しかしここでは、宗像に強い恋心を抱いていた梨花の仕事だと思っている。

結花に梨花の居場所を聞こうと振り返ろうとしたとき、後ろから首筋を一突きにされた。

そこで初めて気づく。

幸子からの手紙には何度も、

「結花様はお姉さまのようになりたいと強く願っていた」

と書かれていたことを。

神父様の意識が遠のく中、結花が微笑みながらつぶやく。

「あたし、リカよ」

ということで、結花ぎこの時から梨花になりかわったので、「リカ」になったのだった!

と、ここまでが、結末までのパパっとネタバレになります!

ここからは、その他の気になる項目について解説していきます!

梨花は結花をいじめていた

もともと梨花はフランス人形みたいに可愛くて派手で気が強い。成績もいつも学年トップ。

結花は日本人形のような奥ゆかしさがあり、おとなしくて従順。常に梨花の言いなりである。成績は梨花よりは悪いが、3位以内で充分に良い。

梨花は結花をまるで自分の奴隷のように扱っていた。

梨花も結花も相当なファザコンだが、父親は梨花ばかりを溺愛していた。

家庭教師の宗像に、2人とも好意を寄せているが、梨花は猛アタック、結花は自分の気持ちを秘めている。

そういったいろいろがあり、結花はずっと梨花に成り代わりたいと思っていた。

麗美が梨花と結花を虐待

前の「リカ」でも、リカが子供の頃、母親に虐待されていたと言っていましたよね?腕にあざも残っていました。

麗美の旦那はとても浮気症で、麗美は旦那が家に帰って来なかったり、女の人と仲良くしているのを見ると、その日は必ず娘たちに虐待をしていた。

基本は竹のヘラで叩く。

浴槽に水をためて、沈めたこともある。

2人ともとても優秀なので、基本的に怒られるような事はしないのだが、テストで98点だったとか、ピアノの発表会で誰も気づかない位の小さなミスをしたとか、そういった些細なことで怒られる。

それは、麗美が自分が愛人のこと言う生まれを気にして、「完璧な家庭を気づかなければいけない」と言う思いにとらわれているからである。

ドラマ
2人を叱る時、麗美は自分の腕を竹のヘラで叩いていた。

結花の病気

結花は謎の病気にかかり、入院する。その時、麗美は宗教に騙されており、変なお茶の力を信じて結花に勝手に飲ませていた。そのお茶を飲むと、結花の体から変な匂いがするようになった。

「体から変な臭い」と言うところで、読者には「結花が後のリカになるんだ!」と言うことがわかる。

その他にも、病気のせいで痩せこけてしまい、肌はボロボロになり、背だけが伸びていった、と言う変化が起こり、これもまた後のリカの特徴そのものである。

リカぎ28歳と言い張る理由

ちなみに、「リカ」の時から、リカは自分のことを「28歳」と言っているが、小説では特にその描写は無い。リカの幼少期に、母親から「28歳で結婚するのが女の幸せ」と言われて育ったとか、そういった過去のトラウマ的なものがあるのかと思っていたから、これは拍子抜けだった。

ちなみに麗美は37歳だが、そうは見えない位に若くて美しいと幸子は感じている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする