ドラマ King & Prince SMAP 5年後新田は結婚していた!「純愛ディソナンス」3話展開予想とパパっとネタバレ!

5年後新田は結婚していた!「純愛ディソナンス」3話展開予想とパパっとネタバレ!

3話、予想もできない展開続きで、ついていくの大変だった…。

新田の妻が、なんと地味教師だった碓氷(比嘉愛未)だとぉ~!?

なぜ、そんなことになった!?

そして、新田が借金取りみたいな会社に勤めている理由とは…!?

「純愛ディソナンス」3話のあらすじをパパっとネタバレしていきます!

※「3話放送前予想」の見出しは、3話放送前に書いたものです。けっこう予想が当たっていたので、残しておきます。

「純愛ディソナンス」3話予告

映像研究部の部室でハンディカメラに残されていた映像を見ていた冴(吉川愛)は、遺体で発見された元顧問の由希乃(筧美和子)が部員たちに残していたメッセージを見つける。だが、由希乃がカメラの前で話している最中に、男が現れる。「もう終わりにしたい」という由希乃に、「終わらせるくらいなら、僕は全部捨てる」と返す男。それは、加賀美(眞島秀和)の声だった。正樹(中島裕翔)に電話した冴は、留守番電話に由希乃と付き合っていた相手がわかった、とメッセージを残す。するとそこに、加賀美が現れた。冴から事件のことを問われた加賀美は、由希乃の殺害を否定する。冴は、カメラを渡すよう迫る加賀美から逃げようとするが……。

一方、冴からの留守電に気づいた正樹は、異変を感じ、桐谷高校へと急ぐ。その途中、慎太郎(髙橋優斗)と出会った正樹は、彼と一緒に学校へ向かった。正樹たちは冴を探すが、どこにも彼女の姿はなかった。その際、正樹は、加賀美とすれ違い、冴を見なかったかと尋ねる。しかし加賀美は、見ていないという。それからしばらくして、正樹と慎太郎は、映像研究部の部室に落ちていた冴のスマートフォンを発見し……。

引用:https://www.fujitv.co.jp/lovedisso_fuji/story/index.html

ドラマ主題歌、原作漫画は…
↓ ↓ ↓

「純愛ディソナンス」3話ネタバレ

冴(吉川愛)監禁、加賀美(眞島秀和)逮捕

冴(吉川)からビデオを奪い返そうとした加賀美(眞島秀和)は、冴の手足を縛り掃除用具入れの中に監禁する。(予想よりは過激じゃなくてほっとした…)

冴の留守電に気づいた新田(中島裕翔)は学校へ。途中で慎太郎(髙橋優斗)にも会ったので冴を探していることを話し、慎太郎も一緒に学校へ。

加賀美は屋上から飛び降り自殺をしようとしていた。加賀美には妻と息子がいる。小坂(筧美和子)とは不倫だった。小坂は赴任してきた時、恋人の幸助に死なれて、悲しみを抱えていた。そんな小坂に、加賀美はすぐに惹かれた。

しかし、小坂から別れ話を持ちかけられ、別れたくない加賀美は小坂を殺した。(ここは、殺したのは確定ってことでいいんだよね…?)

冴の事は慎太郎が発見。救急車で運ばれる。

新田がパトカーを呼んでいて、加賀美は逮捕された。

新田は「責任を取る」と言って学校を辞めた。

慎太郎からそのことを聞いた際は、学校に行ったが、もう新田はいなかった。音楽室の黒板の片隅に、「応援してる」と書き残されていた。

新田(中島裕翔)は碓井(比嘉愛未)と結婚、碓井の父親(光石研)の会社で働く

5年後。

  • 新田は、借金の取り立て屋みたいな仕事をしている。
  • 義理の父親が社長(光石研)。かなりブラックな会社。
  • 新田の妻は、元同僚の碓井愛菜美(比嘉愛未)。愛菜美は有名小説家になっていた。

そうそう、2話では光石研さんに土下座していた佐藤隆太さん。

あのブラックな会社を無能と言われ追い出され、新たに起こした事業で成功したってことなのでしょう。

でも、恨みは残っているようで…。

冴(吉川愛)と新田(中島裕翔)が再会

冴は偶然、駅で新田を見かける。冴は新田を追いかけている途中、男に絡まれる。その男は新田の元同僚で、会社の損失を出したことで新田に追い詰められ(社長の指示)、自主退社に追い込まれ、新田に恨みを持っていた。新田は冴を助けるが、「誰?」と覚えていないふりをする。新田は風貌からして5年前とはだいぶ変わっており、冴は不安になる。

また駅で再会。新田は、構内に置いてあるグランドピアノを弾いていた。新田は本当は冴を覚えていた。

冴は「私のせいで、教師を辞めることになったごめんなさい」と謝る。

新田「教師なんてもともとつなぎのつもりだった。残業は多いし、生徒思いなふりをしなきゃいけないし大変。あの騒ぎがあって、逆に楽になれた」

昔から、「相手の言ってほしいことを言う」と言っていた新田。冴が気にしていると思って、わざとこんなことを言ってくれているに違いない。それを感じた冴は「やっぱり先生、変わっていないんですね」と安心した。

しかし、「やめろ。二度と先生なんて呼ぶな」と新田は冴を遠ざける。

慎太郎(髙橋優斗)が冴(吉川愛)に告白

冴は、男2人女2人でシェアハウスに住んでいる。そのうちの1人は高校のクラスメートだった慎太郎。慎太郎は今は料理人見習いとして働いている。

冴は推薦を取り消され、大学には進学しなかった。高校卒業と同時に、母親を捨てて家を出た。あれからずっと彼氏はいない。

新田と再会して落ち込んでいた冴は、部屋にこもっていた。心配した慎太郎がおにぎりを作って持ってきてくれる。壁越しに冴は、「私、前に進まなきゃね」と慎太郎に話しかける。

慎太郎も廊下の冴の部屋のドアの前に座る。

慎太郎「じゃあさ、俺も一緒に進んでいい?ていうか、一緒にいたい、ずっと。好きだ」

ついに、慎太郎が告白!キャー(≧∀≦)

碓井愛菜美(比嘉愛未)は有名小説家になっていた

超地味地味高校教師だった碓井愛菜美は、超派手派手美人セレブ妻に変貌していた。それは、人気小説家になったから。

冴はバイトとして、アプリの会社に入社。セカンドパートナーの相手を探すマッチングサイトのアプリ。通称「セカプリ」。

社長は路加(佐藤隆太)。愛菜美のインタビューのアシスタントを命じられる。

「純愛」について聞かれた愛菜美は、「高校の時にそれらしきものを見たことがある」と。新田と冴のことを言っている。

次の打ち合わせの時、愛菜美は「夫が迎えに来てくれることになっている」と新田を呼んでいた。そこで初めて、愛菜美の夫が新田だと知った冴は愕然とする…。

「純愛ディソナンス」3話のポイント

毎回このドラマ、主人公のナレーションが小説っぽくて好きなので、ここに書き留めておこうと思う。

冒頭、新田が冴に何も言わずに学校去ってしまうシーン。

新田のナレーション「誰かを失った時、相手が大切であればあるほど、悲しんでも仕方がない。その運命が本物だとしたら、きっとどれだけ逃げても、追いかけてくるはずだから。」

悲しい別れ。

だけど、運命の2人は必ずまた逢えると言う希望の言葉通り、5年後に再会を果たす2人。

しかし…

5年という月日の中で、新田はかなり変わっていた。

冴のほうは、特別変わってはいなかったが、新田は激変。結婚、結婚相手の父親の会社に就職と、身動きが取れない状態になっている。

冴と再会して、ちゃんと2人で話ができたのに、冴を突き放してしまう新田。

新田のナレーション「その運命が本物なら、どれだけ逃げても追いかけてくる。

ただ、2度目の出会いは、より覚悟が必要だ。

時が流れた分、人は多くのものを手に入れ、そして多くのものを失ってしまうから…」

多分、今の生活を手に入れることで、いろいろなものを失った。

どんな経緯で愛菜美と結婚することになったのかが気になるところだが…。

そして、結婚している新田が、もう一度冴と惹かれ合うためには、冴が否定していた“セカンドパートナー“と言う概念を受け入れるしかない。

冴と新田はセカンドパートナーとなっていくのか⁉︎

でもそれを視聴者が受け入れられるように描くことができるのか⁉︎

そこがこのドラマの1番のポイントである…!

「純愛ディソナンス」3話放送前予想

5年後、新田は教師を辞めてやさぐれている

なんか飛び越えてる…!!MJみたい!

5年後の新田、黒スーツ?何かに追われてるの?やさぐれてるけど、どーした??

この風貌からして、もうすでに桐谷高校の教師では無いようですね。

予告でも慎太郎が「あいつ、教師辞めるって…」と言ってます。

物語は2つの軸で描かれる

爽やか教師だった新田に何があったのか!?

でも、闇の大人の新田もビジュが良すぎて大人気!

予告を見て、「突然5年後!?」と驚いた方も多いと思うが、実は、高校生の時系列と5年後の時系列と、2つの軸で描かれると言う事は、放送前から公表されていました。

高校の時に惹かれあいながらも、教師と生徒という関係で一線を超えることなく、純愛を貫いた2人。

しかしそんな2人が、再会して…

と言うところがメインの物語なのだ。

大人になった2人の障害

大人になった2人にもう障害は無いはずなのだが、なんと新田はこの時、既に既婚者になっていたのである…!
教師と生徒と言うよりも、もっとハードルが高くなったと言えるかもしれません。
教師と生徒だったら、たった数年待つだけで問題なくなるけど、不倫だったら何年待ってもだめなものはだめですからね。

このファミリーってのが、もしかして新田の家族なのかな?と思ってる。
そして、相関図がまだ高校時代のものから変わっていないのでわからないが、新田の妻役が発表されていないのである。
となると、もうすでに相関図に載っている人物が妻に…?

となると、もう新田の妻、碓井(比嘉愛未)しかいなくないですか~!?
地味だった碓井先生が、なぜかすごく派手に変身していたし、きっと何かあったんだ…!

もともと碓井は、華やかな小坂先生(筧美和子)に憧れて、ポーチを盗んで(?)小坂の愛用していた香水を自分に振りかけたりしていましたよね?

最初は、小坂と加賀美(眞島秀和)が付き合っていて、碓井は加賀美が好きで、それで小坂に嫉妬していて嫌い。恋愛感情のもつれから、碓井が小坂を殺した?っていうのも予想したけど、多分碓井は小坂のことが好きなんじゃなくて、男にちやほやされる小坂の存在自体に憧れていて、さらに邪魔に思っていただけなんじゃないかと思う。
周りの人が、恋愛関係で幸せになるのが気に入らないから、新田と冴のことも邪魔しようとしたんじゃないかな!?(写真送った犯人が本当に碓井だったのなら)

そして冴と新田を引き離すことで、達成感を感じ、新田を我が物に…!?

セカンドパートナーとは?

そして実はこのドラマ、今流行の「セカンドパートナー」と言う存在についても描いていくと言うのだ。

セカンドパートナーと言うのは、「夫とマンネリ…もう一度ときめきたい!でも不倫はしたくない」と言う既婚者が、“体の関係なしで“付き合う、信頼できる存在のこと。

一応定義として、

セカンドパートナーは、夫や妻とは別に持つ2人目のパートナーを指す言葉。

最初のパートナーである配偶者との関係がマンネリ化して寂しさを覚えている人や、退屈な毎日に物足りなさを抱えている人が、生活に刺激を得るために作る相手を指します。

セカンドパートナーは単なる異性の友人とは異なり、お互いに恋愛感情を持っていることが条件として求められます。友達が相手では生じないような恋のときめきを覚えさせてくれるという点が、セカンドパートナーの存在意義であるといえるでしょう。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/460037/

っていう説明もある。

なんじゃそりゃ!?って感じなんですけど…。

体の関係なしだったら不倫じゃないわけ?確かに法律では、肉体関係があるかないかで不倫かどうかが決まるみたいだけど、完全に心の浮気じゃん!

心全部持ってかれても、体の関係なければいいの??

信頼できて、何でも話せてって言うなら友達でもいいわけで、でも「ときめきたい」って言っちゃってる時点で、もうそれは恋なわけよ。

そんな都合の良いセカンドパートナーなんて言う言葉で肯定されてもなぁ…。

実際、手繋いだりハグしたりはするみたいだから。

よくどっからが浮気?」問題ってあるけど、それで言ったら、もう完全にアウト認定する人がほとんどだと思う。

でも、5年後の世界では新田は既婚者になっちゃってるわけで、でも高校時代に惹かれていた冴と再会しちゃったわけで…。
またまた2人が純愛を貫くためには、体の関係なしの、だけどお互いの心を救い合えるような信頼で結ばれた関係になるってこと。
それがセカンドパートナーなのだ。

だからたぶん、1話と2話で二人の絆が深まるエピソード持ってきたわけだよね。

冴はもう完全に恋だけど、新田はまだ「救われた」って感情で、恋ってほどでもない。

でも、冴のこと特別だし、大切な存在には変わりつつあると思うのだ。

このドラマによってセカンドパートナーと言う言葉が世に知れることになると思うので、そこは視聴者が「ありえない!」となるのか、「私もそんな存在が欲しい!」と容認する風潮になるのか、気になるところ。

慎太郎(髙橋優斗)「一緒に進んでいい?」

忘れるなかれ、幼なじみの慎太郎!

恋敵になるかと思ってたのに、高校時代でほとんど冴の眼中にも入ってなくて、肩透かし食らった気分…。

でも、やっぱり未来の世界にも出てきますよね!

大人になった慎太郎は、高校時代よりもがんばってるっぽいぞ!!

そうそう、これなんですよ。
私も前評判を結構読んじゃったんで、「クラスメートで幼なじみ、子供のころからずっと冴のことが好き」って存在で、1番近くにいて冴を支えてくれる存在だと思っていたんです。

でも、新田が来る前に冴が信頼していたのは小坂先生1人だけだった。

慎太郎は家庭の事情とか全然知らない感じですよね?小さい頃から知ってる幼なじみって関係だったら、冴がいつも誕生日も母親にドタキャンされて1人で過ごしていることを知ってるはずだから、絶対に慎太郎が一緒に過ごしてあげるはず。
そういった描写が全くないので、慎太郎の存在がすごく薄いんですよね。全然主人公たちの恋愛をかき回す恋敵になれてない感じがする。

大人になった世界で、「高校の時から知っている」と言う意味での幼なじみだったら納得。

5年後の世界では、冴と新田がそこまで近づいた関係になれないため(不倫になっちゃうから)、その分を慎太郎が支えてあげるのかな?

ちょっとは、視聴者に「もう慎太郎にしちゃいなよ…!」と思わせる位に食い込んできて欲しいです!

冴(吉川愛)が加賀美(眞島秀和)に監禁される!?

そうだよ、これ!!!

2話のラスト、めっちゃ怖く終わったのに、予告の「5年後」でぶっ飛んじゃったけど、加賀美に追い詰められた冴はどうなっちゃうの!?

なんか監禁されてたし、冴ママは叫んでるし、新田の

「どうしても守りたいものが、俺にはあった…」

ってナレーション、え、過去形…?

守りたいものがあったけど、守れなかったの…?

それで責任感じて教師辞めて、冴の前から姿を消したのかな?

考えたくはないけど、何かの証拠が入っていそうなあのビデオを冴は見ちゃったわけだから、加賀美は何としてでも冴の口を封じたい。

そのためにレ〇プされるとかないよね…?

それを、あのビデオで撮って、「喋ったら、この映像をグループラインに送るぞ」とか言われたら、もう黙るしかないわけで…。

昔のドラマの方の「高校教師」の見過ぎ?あの京本政樹は怖かったし、あのシーンは衝撃的だった…。今はもうコンプライアンス!

うーん、これね、公式のあらすじで二人とも学校行ったけど、(しかも仲良く一緒に)冴の姿はなかったっていうから、二人とも助けられなかったんだよね、きっと。

それで冴がその時の傷をずっと抱えて生きることになって、新田は自分を責めて消えて、逆に慎太郎はそんな傷を負った冴のそばにずっといてくれた…とか。

それなら、慎太郎が一歩リードするよね。

5年経って、「昔のことは忘れて、前に進もうと思う!」ってやっと冴が前向きになれてさ、それに対しての「俺も一緒に進んでいい?」なんじゃないかな。

「一緒に進んでいこう」ってある意味プロポーズ的な!

とにかく3話が早く見たいーー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする