最新話アップ!キンプリ妄想歌詞小説「koi-wazurai」7話~Smiling Forever~岸くんと妹 「テセウスの船」伏線まとめ!

「テセウスの船」伏線まとめ!

「テセウスの船」もかなり伏線ドラマになりそうな予感なので、出てきた伏線と、回収されたかどうかについて、こちらにまとめていきたいと思います!

「テセウスの船」全体の伏線

現在の世界に心の兄・慎吾がいないのはなぜ? 未来が変わり、事件後、和子が一家心中を図ったことにより、和子と慎吾は死亡していた!(3話)
1話で大人になった鈴(貫地谷しほり)が押していたいた車いすに乗っていた謎の男(安藤政信)は何者?

内縁の夫だと公式ページに出てた!(4話あらすじ)

「心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。」とあるので、心が知っている人物?

「テセウスの船」1話伏線

伏線

回収済み

死刑判決が下されてもなお、”冤罪”を主張し続けている。

→誰かをかばって自ら逮捕されたとかではない。

パラコートは捨てたはずなのに、千夏の死因はパラコートの誤飲。

→誰が飲ませた?

犯人:竜星涼説へ移動

佐野の駐在所の机の引き出しにパラコートの容器が入っていた。 心が雪の中に捨てた容器を回収していた。(1話)

佐野が千夏ちゃんを無理やり引っ張って雪山を歩いていった。

けっこうグイグイ引っ張ってたように見えたけど…?

千夏の姉・明音の失踪事件が6日も早まったのはなぜ?

佐野が千夏を見つけおぶって歩いているとき、普通なら村のほうへ戻るはずなのに、なぜ山の上の方角に行ったの?

佐野が心の「未来から来ました」を簡単に信じすぎ?

→もしかして、佐野もまたタイムスリップ経験者だったりして?

佐野を疑う流れは1話だけだったようなので、これは単純に「人が言い。懐が深い」というキャラクターを強調するために、心を疑わずに信じてくれたということらしい。

心は小さい頃から「上を向いて歩こう」が耳に残っていて、由紀のお腹の中の赤ちゃんにも歌ってあげていた。

佐野の好きな歌で、和子(榮倉奈々)のお腹の中の心にいつも歌ってあげていた。(1話)

「テセウスの船」2話伏線

伏線

回収済み

さつき(麻生祐未)は心の”未来が見える”能力に興味津々。

「運命の人は誰?」的な興味のように見せかけて、実は心の能力を探っているのかも?

翼の二面性。

子供好き、心には攻撃的、婚約者にDVっぽい接し方。

翼が子供たちがうさぎをかわいがっているところに現れた翌日、うさぎ殺害事件が起こった。

ノートに描かれていた絵。

泣いているうさぎが塗りつぶされている。手をつないだ二人の女の子の一人が塗りつぶされている。

→目が見えない田中義男は、「その時々に家にいるものに、自分の中に浮かんだ詩を書き留めてもらっている」と言っていた。

本当に翼が書いたものなのか?

田中義男曰く「村の者が代わる代わる世話をしに来てくれるし、息子も帰ってきたし、小学校のみんなも毎日来てくれる」

つまりノートを書いていたのは、翼だけではないということで、かなり容疑者は多いということである。

心がパラパラめくっていたノートの中身はこちらにまとめました

うさぎ殺害で心が容疑をかけられたとき、心をかばったのは鈴(白鳥玉季)と加藤みきおだけだった。

特に翼をかばっていたのは明音。

田中義男の家が火事になる事件は回避できた。けっこう簡単に過去変わる?

明音の失踪事件は翌日のはずなのに、鈴と二人で行方不明に。

この前明音は6日も早く失踪事件を起こしていたが、それで帳消しにはならなかったのか?

明音がいなくなったときに、翼の様子が明らかに変だった。泣いてた?

「明音ちゃんのことは、こんな小さい頃から知ってるんだ。オシメを替えたり、風呂に入れたり…」と言っていたけど、その記憶がありながら明音ちゃんに恋愛感情を抱いていたとは気持ち悪い…。

明音が監禁されていた山小屋を覗いていた目は竜星涼っぽかった?

目の検証はこちら。2話終了時点考察記事

翼はいつもカメラを持ち歩いている。

明音の写真を撮っていた。(2話の最後のシーンで紀子が燃やしていた。)

翼はロリコンで明音のことが好きだった?明音のところだけ写真を切り取っていた。

→婚約者(芦名星)が嫉妬により、明音を拉致?(これは違うと私は予想。理由はこちら。2話終了時点考察記事)

翼は婚約者の佐々木紀子(芦名星)に頼み、木村メッキ工場から瓶に入った薬を持ち出してもらっていた。青酸カリ?

翼が青酸カリで自殺。

生徒のみきおと悠がやけにセリフがある。

うさぎが殺されたときに一番に駆け付けたのもこの二人。

絵の解読をしてくれたときもこの二人。「風速計」と教えてくれたのはみきお。

最後はみんな怪しい感じで映る。

校長(笹野高史)が鼻歌歌いながら鉛筆を削る。

さつき(麻生祐未)は意味深な表情でウサギ小屋を見つめる。

徳本(今野浩喜)が運んでいた荷物のトラック荷台にパラコート。でも徳本は農家なので、パラコート(除草剤)持っていても全然おかしくない。

田中義男の息子(せいじ)がうさぎの絵を見ていた。

井沢(六平直政)がワープロを打ってた。

全然怪しくない人も怪しげに映しているから怪しく見える!

でもよく考えてみると、笹野さんとかただ鉛筆削ってただけ。

「テセウスの船」3話伏線

金丸(ユースケ・サンタマリア)が、調書を見て何か気づいたように自分の右手を見つめていた。→いつも右手でライターカチカチしていたのと関係ある?

明音は低体温症で意識が戻らず入院中。犯人に抵抗したときにできたと思われるアザあり。

→その後、明音の意識戻る。明音を監禁したのは長谷川翼だと証言。

何者かが雪山の中から心の免許証を拾う。→駐在所のポストに入れる。平成の年号のところが塗りつぶされていた。
心が突然釈放される。

雪山の木に鈴のキーホルダーが引っかかってた。(明音がすぐにあげたもの)

主に泣いている女の子と「S]が描かれた絵。(知らせに来たのはみきお)

小学校にオレンジジュースが届けられた。箱には「21」の文字。(オレンジジュースは音臼小事件で青酸カリが入れられた飲み物。被害者の数は21人) →犯人がノートを拾った?

悠だけ飲んじゃう。

金丸(ユースケ・サンタマリア)が「絶対に一人で動くな」と言いすぎて怪しい。

金丸が心と別れた後、車を降りて「よう」と誰かと落ち合っていた。

泣いている女の子と、2匹の狐の絵が寝ている心の上に置いてあった。(学校の職員室に寝泊まりしている)

神社で心を突き落としたのは誰?(青酸カリの入ってる瓶を素手で触って、しかも傷口にたぶんついちゃったけど大丈夫なの!?)

「大事な証拠を探しに行かなきゃいけない」と言って、風速計の山小屋に行っていた金丸が誰かに崖から突き落とされた。その前に崖の下に向かって「ここでいいのかー?」と言ってた口調が、目上の人とかに対する感じではなかった。

「テセウスの船」4話伏線

鈴の夫が同級生だった木村みきお!(安藤政信)

みきおを引き取って育てた母親代わりがさつき先生(麻生祐未)!

目の絵や妊婦の絵をさつきが描いていた。鈴が心と密会していた会話を聞く前から、鈴の正体を知ってた?

鈴(貫地谷しほり)の部屋に隠しカメラ!!鈴を監視しているのはさつき!

さつきが「うさぎ」というワードを2回も言ってた。うさぎ毒殺もさつきの犯行か?

さつきのパソコンの横に、シアン化カリウム500gの瓶があった!しかもかなり古い。