9月9日に何も起こらなかったことを受けて…音楽小説「Style~父親であること=これが俺の生き方~」”SMAPの木村拓哉”を降り、ワッツからFLOWという新たな航海へ
人気記事1位!!中居正広の兄のご近所さんが語る真相!兄は静岡県沼津市の「スーパーカドイケ」の経営者で、中居を「ひろちゃん」と呼ぶ甥っ子も従業員で超イケメン! 「リバース」湊かなえの原作小説のあらすじがすぐにわかるパパッとネタバレ!ドラマはけっこう違うオリジナル展開?

「リバース」湊かなえの原作小説のあらすじがすぐにわかるパパッとネタバレ!ドラマはけっこう違うオリジナル展開?

湊かなえさん原作の小説「リバース」。TBSでドラマ化され、主演の藤原竜也さんがダサい深瀬役になりきっていることや、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんのメガネスタイルの教師役がかっこいいと話題です!

深瀬の親友・広沢(小池徹平)が事故死しますが、10年のときを経てその事故に主人公の知らなかった事実が絡んでいる可能性が出てきて、もしかしたらただの事故死ではない可能性が・・・?「僕の親友を殺したのは誰だ」というテーマで進んでいくミステリーとなっています。

湊かなえさん原作小説「リバース」のあらすじがすぐにわかるパパッとネタバレと、詳しいネタバレ内容を含むあらすじをご紹介します。

こちらでは犯人のネタバレを書いていきますのでご注意ください。

「リバース」原作のパパッとネタバレ

  1. メイン登場人物は、大学時代の同じゼミのメンバー。地味グループの主人公深瀬(地味で冴えない、コーヒーを淹れることしか取り柄がない)、その親友の広沢(穏やかな性格)。派手グループの教師志望の浅見(誠実な人徳のある性格)、議員の息子で金持ちの村井(横暴できつい性格)、一流企業への就職を決めた谷原(ムードメーカーで気のいいヤツ)。
  2. ゼミ仲間での卒業旅行で、広沢が事故死する。
  3. 半ば飲酒運転を強要した形だったため、村井、谷原、浅見、深瀬のメンバーは酒のことを警察には内緒にした。
  4. 10年の時が経ち、その4人に「人殺し」という脅迫文が送られ、谷原がホームから突き落とされるなど誰かの手によって、広沢の事故の復讐が始まる。

その1:10年前に起きた悲しい親友の事故死

主人公深瀬和久は 地味で何の取り柄もない男だが、頭だけはよくいい大学に進学していた。卒業間近、ゼミ仲間5人で旅行に行くことになる。ゼミのメンバーは派手グループ3人(浅見、谷原、村井)と、地味グループ(広沢、深瀬)の構造だった。
深瀬は浅見たち3人に引け目を感じていたが、意外にも自分も旅行に誘ってもらえたことを嬉しく思った。それに自分と同類の広沢も一緒に行くということで安心感もあった。

しかし旅行前日に村井が軽い交通事故を起こしてしまう。けがはなかったが事故処理のため、旅行に不参加になるかもしれないという。「行けたら遅れていく」ということで、村井の用意してくれた車で村井の親戚の別荘に向かう。

夕飯の時、酒を飲もうという話になると、広沢と深瀬が「酒は飲めない」と断る。すると谷原が露骨に不機嫌になる。(まったくどうして酒を飲める人間は、飲めない人間に無理強いするのだか・・・)深瀬は酒のアレルギーがあり、体に異変が起きることを説明しその場を逃れる。広沢は酒を飲むと眠くなってしまうというだけの理由だったので、谷原たちに気を使って飲むことにした。自分が飲むことでその場の険悪な雰囲気を鎮め、これ以上深瀬が責められないようにするという狙いもあったのだろう。

酒を飲みながら夕飯を終えようとしているところに、村井から連絡が来る。近くの駅まで着いたので 車で迎えに来て欲しいと言う。酒を飲んでいないのは深瀬だけだったが、深瀬は運転免許をそもそも持っていなかった。浅見は飲酒運転をするのをどうしても嫌がった。(谷原は免許を持っていない)浅見は昔から教員になることが夢で、採用試験に受かり将来を棒に振るのは嫌だと強く主張した。そして、浅見は広沢に頼んだ。それは、この中で広沢だけが就職を決めていなかったので、「お前には棒に振るような将来がそもそもないだろう」と言っているように聞こえた。深瀬は、「それは酷い!」と言いかけたが、自信のない性格から浅見たちに反論することができなかった。このへんの発言力を許されていない感じ、ヒエラルキーがよく表現されている。深瀬は、せめてもの広沢への励ましにと思い、眠気覚ましに熱いコーヒーを淹れて持たせてやった。昼によったそば屋で、おいしいハチミツを買ったので、甘いもの好きな広沢のためにたっぷりと入れてやった。コーヒーにハチミツを入れて飲むとおいしいと、教えてくれたのは広沢だったから。

広沢は運転免許取り立てで運転に慣れていなかったし、その日は天候も悪く駅までの道はカーブのきつい峠道だった。そして事故は起きる。ガードレールを突き破り車が谷底に落下し、炎上。広沢は遺体で見つかった。浅見たちが半ば広沢に飲酒運転を強要した結果である。

その2:深瀬・浅見・谷原・村井に届いた脅迫文

あれから10年の月日が経ち、深瀬は小さな会社で働いていた。浅見は夢だった教師になり、印刷紙やコピー機やファイルなどの注文を深瀬の会社にしてくれていて関係は続いていた。

深瀬は毎日通う行きつけのコーヒーショップで出会った女性と付き合うようになる。越智美穂子という女性だ。交際は順調だったが、ある日美穂子から美穂子宛てに届いた手紙を見せられる。そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた。広沢のことが思い当たった深瀬は美穂子に全てを打ち明ける。

その3:広沢という人物の本当の姿が浮かび上がる

高校時代エピソード:葵の恋心

深瀬は広沢のことを知るため、広沢の実家の愛媛を訪れ、広沢の旧友から話を聞く。広沢は野球部に所属し、守っても投げても打ってもピカイチだった。そして人間性もとても優れていて慕われていた。

ある時、弱いものいじめのような事が起こった時に、無言でバリケードになってその場を沈めた事があった。気の強い葵と言う女の子が、いじめっ子グループに注意をすると、いじめっ子グループの怒りが葵に向けられた。机を勢いよく蹴飛ばされ葵の太ももにあたり、机の中の物が散乱し、葵は恐怖に震え上がった。するとそこへ広沢が無言で入ってきて、散らばった教科書や筆箱を拾ってくれた。広沢は体も大きくその背中は堂々としていて、いじめっ子グループは広沢に怒りを向けることはなく、その場は鎮まった。その後、葵がいじめっ子グループに何かされるということはなかったし、もともといじめられていた子へのいじめも止まったと言う。

その後、葵は当然のように広沢のことが好きになるが、「もし付き合ってほしいと告白したのならば、広沢くんはいいよと言うに決まっている。広沢くんは自分を求めてくる人間を拒まない。その相手に合わせて生きていこうとする」と葵は思った。しかし葵は広沢に自分で選んだ子と幸せになってほしいと願い、身を引いたのだった。

広沢の親友、古川大志

広沢には、高校時代ずっと一緒にいた友人がいた。古川大志という男で、地味で陰気臭くて深瀬と印象がかぶる。しかし広沢ととても仲が良かった。周囲の人間は、広沢はもっともっと上に行ける人間なのに、自分を頼ってくる人間を拒めないというだけで優しくしてあげているだけなのに、古川は広沢の親友気取りで自分も広沢と同じレベルに自分も持ち上げてもらっていると勘違いしていると思っていた。その事に、広沢の他の友人は腹を立てていた。「本当に広沢のことが好きなら解放してやればいい」と。

深瀬はその言葉を聞いて、胸に刺さる。自分も広沢のことを親友だと思っていたが、広沢は自分に同情していただけだったのではないか。本当は村井や谷原からも声がかかっていたのに(広沢の死後、意外にも広沢が村井や谷原と交流があったことを深瀬は知る)、自分に気を使って谷原たちと親しくしていることを打ち明けなかったのではないか。 古川は広沢のことを思って自ら身を引いた。広沢に気を使わせないように、「お前のような偽善者とはもういたくない」と言って、広沢と距離をとった。古川が自分の気持ちを押し殺してやっと広沢を自由にしてやったのに、また別の冴えない男が広沢に頼ってつきまとっている。深瀬は自分が何も知らずに広沢の隣にいたことを激しく悔いた。そして恥じた。広沢はとても強く優しい存在だった。全然自分と同類なんかじゃなかったのだと、深瀬は思い知っていた。

その4:谷原が電車のホームに突き落とされる

谷原は草野球チームに所属していた。そこのマネージャーをしている女の子を狙っているということを村井が言っていた。深瀬は野球チームのメンバーに話を聞きに行く。マネージャーの女の子は、ある頃から野球の練習を一人たたずみ見るようになったのだという。お調子者の谷原が最初に声をかけて、「野球が好きだから見学させてもらっている」という彼女をチームのマネージャーとして引き入れたのだ。

その後も谷原は彼女のこと狙っていた。そして野球チームで飲み会が行われることになった。その日谷原は、彼女を送るつもりで珍しく車で来ていた。しかし谷原は、その日酒を飲んだ。そして迷わず飲酒した状態で車を運転して彼女を送ろうとしていた。チームのメンバーはみんな谷原を止めた。谷原は納得しなかった。しかし彼女の説得により、やっと納得したのだ。

そして二人で電車で帰ることになった。そこまで聞いて、深瀬は広沢の高校の卒業アルバムを見せて、そのマネージャーの女の子を確認してもらう。その彼女は美穂子だった

美穂子は 谷原に「飲酒運転をすることを気にならないのか」と尋ねた。「昔友人が交通事故を起こしたことがあると言っていたのに」と。すると谷原は饒舌にこう語った。「あの時は自分が運転免許を持っていなくて、悪天候の中でカーブのきつい道を運転するのが大変だったのだろうと思ったが、免許を取ってみたらこれくらいの酒だったら大丈夫だとわかった。要は反射神経。だけどあいつは野球はうまかったんだ。きっと運が悪かったんだな」と。谷原はあの事故のことを全く反省していなかった。浅見はあれ以来、酒は1滴も飲んでいなかった。それだけあの事故のことを悔いていた。それに引き換え・・・。その言葉を聞いて美穂子は怒りがこみ上げ、谷原を思わずホームに突き落としてしまったのだ。

その5:犯人は深瀬の恋人だった美穂子

美穂子は広沢の恋人だった。古川の話によると、広沢は学校でミスコン2位に選ばれた美人の女の子のことを思っていたらしい。しかし卒業まで告白したりということはなかった。

しかし大学に入ってから、なんと偶然古川がパン屋でその彼女と偶然再会する。そのことを広沢に告げると広沢はそのパン屋の場所を聞け返してきた。そして翌日、広沢はそのパン屋に行き、彼女との再会を果たし、後に交際することになった。彼女はよく広沢の部屋を訪れ、古川と3人の時間を過ごした(広沢と古川は同居していた)。デートに行くときも、古川も誘われることが多かった。そして古川から聞かされた彼女の名前・・・それが美穂子だった。

その6:広沢は仕方なく深瀬といたのではなかった

美穂子は、広沢のことを知りたくて4人に近づいた。元々復讐目的だったわけではない。4人と接触しているうちに、みんな気のいい人間だということも分かり、広沢がこういう友人に囲まれて大学生活を楽しんでいたことを知り満足もできた。そして田舎に帰る予定だった。

しかしその中で、どうしてももう少し一緒にいたいと思う人物がいた。それは深瀬だった。なぜなら深瀬は広沢にとって特別な友人だと聞かされていたからだ。美穂子が接触したなかで、交際するという形をとっていたのは深瀬だけだった。

広沢は古川が離れて行った時に相当ショックを受けていたらしい。しかしその後、深瀬に出会い、「一緒にいると本当に落ち着く存在なんだ」と美穂子に語っていた。広沢にとって、古川も深瀬も「可哀想だから」「自分を頼ってくれるから」一緒にいた存在ではなかった。広沢自身が、一緒にいたいと願って時間を過ごしていた友人だったのだ。

その7:広沢の本当の死因はそばアレルギーによるアナフィラキシーショックだった

広沢の本心を知ることができ、深瀬の心は満たされていた。上記の話を美穂子から聞いたのは、行きつけのコーヒーショップで会っているとき。そのとき、マスターが新しいコーヒーを淹れてくれる。珍しい香りのするコーヒーだ。「何が入っているのか」とマスターに聞くと、「そばのコーヒーだ」と言う。

その直前に、広沢はそばアレルギーであることを美穂子から聞かされていた。旅行の道中で、みんなで昼食に蕎麦を食べようという話になった時に、広沢は一人で「カレーが食べたい」と言って違う店に入った。いつも何でも人に合わせる広沢にしては珍しい行動だと少し違和感は抱いたものの、広沢は大のカレー好きだったので、そんなに気にも留めなかった。しかし、本当はそばが食べられなかったのだ。それは言わなかったのは、一生懸命店を調べてくれた深瀬に対する気遣い。その店は、事前に深瀬がリサーチして、みんなに提案した店だったから。きっと広沢がアレルギーで蕎麦食べられないと聞いたら、浅見や谷原も「蕎麦屋をやめて、みんなでカレー屋に行こう」と言うに違いない。深瀬の努力を無駄にしないために、広沢は単独行動をとったのだ。広沢を殺したのは、そば入りの蜂蜜を入れたコーヒーを持たせた深瀬自身だったのだ・・・!深瀬こそが、広沢を殺した犯人だったのだ・・・!!

「リバース」原作小説の感想まとめ

このストーリーは、「脅迫文を送りつけた犯人探し」という所を軸に進んでいるサスペンスですが、その中に随所でてくる深瀬の劣等感というものが一番の見所だと思います。

自分と同類だと思っていた広沢の知られざる姿を知っていくうちに、どんどんと自分と広沢が親友ではなく、かけ離れた存在に思えてくる寂しさ。そして途中、自分とすごく重なる人物・古川に出会います。古川の気持ちにどんどん同化してしまい、古川は広沢のことを想って解放してあげたのに自分はそんなことも気づかずに最後まで広沢につきまとってしまったということも深瀬をとても悩ませます。

しかし最後は美穂子の言葉によって、そんなんじゃなかったということがわかります。広沢は自ら望んで自分のとなりにいてくれたということ。最後の最後に心が救われたシーンで、新しく入れた温かいコーヒーを2人で飲むというシーンにマッチして、とても温かい気持ちになりました。

しかし、そこで明かされた驚愕の真実!自分の入れたコーヒーのせいで、広沢がアナフィラキシーショックを起こして死んだという事実。

あまりに唐突に来たこの絶望的な終わり方。読み終わった後に、何ともやりきれない気持ちになり、とても余韻が残りました。湊かなえ作品の真骨頂ですね。読後嫌な気持ちになる”イヤミス”なんて呼ばれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする