ドラマ King & Prince SMAP サラリーマンに勇気を与える「半沢直樹」名言集

サラリーマンに勇気を与える「半沢直樹」名言集

「半沢直樹2」2020年版の名言集。

サラリーマンに勇気を与える半沢の名言や、敵役を黙らせる口喧嘩がめっぽう強い半沢の切り替えし、大和田(香川照之)の名演技など!

サラリーマンの心に染みる半沢直樹の名言

1話「大事なのは”どこで”働くかじゃない!”どう”働くかだ!」

「子会社でどんなにがんばっても負けだ」という諸田に対して。

半沢「ふざけるな!俺たちの仕事は人や会社の成長を願い、その手助けをすることだ。証券も、いや、どんな仕事も目指すところは同じはずだ。そこに勝ちも負けもない!

大事なのはどこで働くかじゃない、どう働くかだ!

お前が売ったのは情報じゃない、俺たちの信頼だ!

半沢直樹2、1話名言

2話「自分が必要だと思う仕事に全力を尽くす。それがサラリーマンだ!」

セントラル証券からさらに出向させられそうになっている半沢を心配した三木に対して

半沢「自分が必要だと思う仕事に全力を尽くす。それがサラリーマンだ!」

4話 3つの信念

出向するかもしれない半沢が森山(賀来賢人)に最後に言っておきたかったこと。

半沢の3つの信念。

正しいことを正しいことと言えること。

組織の常識が世間の常識と一致していること。

ひたむきで誠実に働いたものがきちんと評価されること。

当たり前のことだが、その当たり前のことが今の組織ができていない。

だから戦うんだ。

自分のためだけに仕事をするんじゃない。仕事は客のためにするもの。ひいては世の中のためにするもの。その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事するようになる。

お前はこれからいろんなものと戦ってことになる。でも最終的に戦うのは自分自身だ。

4話「勝ち組、負け組」

銀行に戻ることになった半沢がセントラル証券のみんなに最後の挨拶。

みんな、ぼろ泣きで聞いてた。

半沢「どんな会社にいても、どんな仕事をしていても、自分の仕事にプライドを持って、日々奮闘し、達成感を得ている人のことを本当の勝ち組というんじゃないかと、俺は思う。」

5話「素晴らしい伝統も縛られて生きる力を失えば、未来に引き継げない」

帝国航空が伝統を大事にするあまり、逆によくない方向に行っていると説得する半沢。

「どんなに素晴らしい伝統も、それに縛られて生きる力を失えば、未来に引き継ぐことができません!」

口喧嘩がめっぽう強い半沢直樹

1話「先生に言いつける小学生か!」

諸田が伊佐山に送ったメールの証拠を突きつけた半沢。

しかしメールを削除してしらばっくれた伊佐山は、やっぱりへらへらと余裕ぶっこいている。

まず、証拠メールは

偽造メールじゃないんですかぁ~~?

半沢直樹2、1話ネタバレ振り返り

と破り、

「むしろ、俺たちに感謝してもらいたいくらいだ。こっちは親会社としておまえ達の尻拭いをしてやってるんだからさっ!」

半沢直樹2、1話ネタバレ振り返り

と破いた紙で顔を拭き…

「銀行員は人事には逆らえない。お前はもう終わりだ!」

と決めセリフでこの憎たらしい満面の笑み!

こっから半沢、逆襲の名言!

「何かあれば”人事、人事”と、先生に言いつける小学生か!

2話。「矛盾しています。筋を通しませんか?」

諫山「詫びろ!お前はグループ全体の利益を損ねるようなことしたんだぞ!」

半沢「我々、子会社の利益は、そのグループ全体の利益に含まれていないんでしょうか?電脳雑技団集団とのアドバイザー契約を横取りしたのはどなたですか?グループ全体の利益を損ねたことにはならないんですか?

矛盾しています。筋を通しませんか」

伊佐山「電脳がうちを選んだんだ。これは顧客の判断だ!これ以上筋の通った話があ・る・か」

半沢「なるほど。それではうちも筋を通させていただきますこちらにも正当な理屈というものがあります我々セントラル証券はスパイラルと正式なアドバイザー契約を結びました!

よって、電脳の買収に対する弊社からのアドバイスは正当な業務です。

非難される筋合いは何一つない!

4話「”ゴミ扱い”しているのではなく、”ゴミだ”と申し上げているのです!」

伊佐山が作った電脳への500億円融資の稟議書には「重大な欠陥がある」と役員会に乗り込んできた半沢。

伊佐山「私の作った稟議書を”ごみ扱い”するというのか!」

半沢「”ごみ扱い”してるのではありません。”ゴミだ”と申し上げているのです!」

5話「まるで赤ん坊ですね」

議員の兄の力を借りてばかりの永田に対して。

半沢「お兄さんの力を自分の力だと勘違いしている。困ったことがあるとすぐにお兄さんの力を借りる。まるで赤ん坊ですね。あなた、おいくつですか?」

5話「腐った肉の匂いがする!」

永田と言い合いになって。

半沢「それ以上近づかないでいただきたい!あなたからは腐った肉の匂いがする!膿んでただれた肉の匂いが!あなたの好物なんでしょうね!?」

7話「小さなネジでも、間違った力には命がけで抵抗する!」

自分が飛行機を飛ばす機長だとすれば、銀行員など飛行機を作るネジに過ぎないとバカにしていた白井議員(江口のりこ)に対して、

半沢「あなたは現場の人間をネジだとおっしゃいましたね?確かに一つ一つのネジは小さく非力ですが、間違った力に対して、精一杯命がけで抵抗します。問題はあなたがその抵抗を感じられなかったことです。

ネジにもそれぞれ役割がある。1つでもかければ、飛行機は飛びません。あなたにとって、銀行員は小さなネギに過ぎないかもしれないが、私たちは与えられた仕事は全力で果たす。あなたは総理の椅子だけを見て、足元のネジを軽んじた。これがその結果です!

大和田常務(香川照之)のおもしろすぎる怪演

1話「施されたら施し返す。恩返しです!」

大和田「施されたら施し返す。恩返しです!」

絶対流行語狙ってる。そして香川さんこの顔芸…(^^;

3話「おしまいでDETH!」

大和田「君はもうお・し・ま・いDETH!」

この「DETH」は香川さんのアレンジで、カットがかかった瞬間、堺雅人さんは大爆笑だったとか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする