ドラマ King & Prince SMAP ネットフリックス嵐ドキュメンタリー「voyage」2話の内容と感想 ライブ演出家・松本潤の苦悩と、寄り添うニノ

ネットフリックス嵐ドキュメンタリー「voyage」2話の内容と感想 ライブ演出家・松本潤の苦悩と、寄り添うニノ

1話を見て、なんとなく今後もずっと“活動休止“への想いをカウントダウンみたいに語っていく番組なのかと思ってた。だから2話も重くてシリアスなのかなあと思ったら、今回は全然違った。だから今回も重くてシリアスなのかなぁと思ったら、今回は全然違った。

考えてみれば当然。今は「嵐=もうすぐ活動休止」みたいになっちゃってるけど、嵐の本当の姿を伝えるって言うドキュメンタリー番組ならば、他にももっともっと伝えなければいけないいいところがいっぱいあるはず!

今回はライブに向けて、松潤が中心となって、それを作り上げていくメンバーの様子が描かれています。

ネトフリ嵐ドキュメンタリー「voyage」2話を見た人の感想

とは言っても、最初のこの文字…。

”(デビュー20周年アニバーサリーツアー「5×20」初日)72日前。

2018年9月5日、この時5人は活動休止を心に決めていた。”

そっかぁ、この時はもうすでに話し合いも終わり、決定事項として”活動休止”をメンバーが胸に秘めていた時期だったのかぁ。

活動休止を発表したのが2019年1月27日。

2018年9月5日には5人とも活動休止を受け入れていたと言う事は、「メンバーでたくさん話し合いをした」と言うのはそれよりも前の事。

一体どれだけの長い間、メンバーは周りに本当のことを言えない苦悩の中、頑張ってテレビで笑顔を作ってきたのだろう…。

ライブの曲選び、順番に松潤のこだわり

ライブの構成を考えるのは、嵐の中では松潤の役割となっている。

スタッフと真剣な表情で意見を出し合う打ち合わせをする松潤。

「技術がすごいというよりも、”あったかくなる”ということが最重要だと思っていて」

打ち合わせが終わったのは、深夜1時40分。

演者として画面に出ているだけでもものすごい時間多いのに、深夜まで裏方として”作る”ほうの仕事もしているなんて本当に大変。言われたことをしっかりとこなして、完璧なパフォーマンスをするというだけでも、アイドルの役割を果たしていると思いますが、嵐はもうそれにはとどまらない。

前にTwitterで、誰かの誰かの部屋でスタッフ達と何かの打ち合わせをしている松潤の動画が出回ってしまったことがありましたよね。あの時の感じとよく似ていた。すごく真剣に、論理的に話している。

本当に仕事ができる、頼れる男って感じ。

でもツアー初日まで後51日、、全然曲が決まらない。

一つの曲が終わった時の余韻から、次の曲のイントロが”ハマる”か”ハマらない”か。

サビの歌詞が入ってくるようにしたい。

リーダーの踊りが綺麗に見えるか。大野智のダンスセクション、かっこいい大野智のダンスを見てもらいたい。

松潤のこだわりポイントは、細部にまで渡ります。

「これあったかくなんのかなぁ?」

とにかく一番のこだわりはこれらしい。

「すごいものを見せてやりたい!」っていう自分たちがどれだけすごくなるかじゃなくて、

あくまでも考えている対象は”見ているお客さんの気持ち”ってことなんだ。

5人揃ったら、松潤急に元気

5人で振り付けの練習。

でも、相葉くんは高熱でおでこと首に冷えピタ貼ってる。辛そうなのに、ちゃんとダンスがんばってる。

「みんなで動き出したら急に動き始めた感じ」今までに打ち合わせが嘘みたい」

練習を終えて、松潤と翔くんが2人でエレベーターに乗る。

カメラマン「なんか嬉しそうだもんね」

無邪気に笑う松潤と、それを優しく穏やかに微笑みながら頷いてる保護者みたいな翔くん。翔くんのこの表情、めっちゃ好きだー(≧▽≦)

でも、無邪気にしてるのが相葉ちゃんとかならわかるけど、松潤ってのが新鮮。

コンセントの延長コードを首に巻くガサツ男子・櫻井翔

翔くんがラグビー曲のラップの歌詞を考えている。

コードレスのイヤホンを使っているが、充電が切れてしまったのでコンセントにつないだ充電器→耳につけたイヤホンに繋いで、コンセントを首に巻いた状態で続きをする翔くん。

櫻井「コードレスっていいんだか悪いんだか。せっかくノってきたところなのに充電切れちゃって笑」

うん、こういうとこ、男っぽくて好き。

うさぎ抱いてる松潤

松潤が若い頃のウサギを抱いている写真と今の松潤がその写真を再現?真似をしている写真見て、ケラケラ笑ってる翔くんと大野さん。

にのあいが寄ってきてまた笑う。

すっごく和やかで楽しそうな一時。

それ以外にも、翔くんと大野さんがカメラに向かってふざけてるシーンもあったな。後ろでは松潤がスタッフと真剣に話している声が続いているというのに(笑)

嵐デビュー記念日、5人でジャニーさんに電話

11月3日。

嵐デビュー記念日、5人で集まってジャニーさんに電話。とっても楽しそう。

そして5人でシャンパンを掲げて記念写真。

感想

今回は本当にドキュメンタリーといった感じで、特別ストーリー性を持たせていないけど、彼らの日々の頑張っている姿や、生み出す苦悩とか、そんな中のささやかな笑い合える日常とか、そういったものを見せてくれました。

メインはライブを作る松潤で、そしてそんな松潤を信頼してついていく。中でも1番意見してあげていたのがニノで、そんな末ズコンビ(松潤とニノのコンビを指すファンの呼び名)の信頼しあっている様子が見れてファンは嬉しかったようです。

しかしニノの結婚発表以降、嵐の不仲仮説の中でも、特に松潤が凄く怒っていると言う話を聞きますね。

なぜ活動休止まで待てなかったのか?と言うことと、やはりツアー中であったと言うことで「とにかくタイミングが悪い!」と言うことに、ファンは納得できていないようですね。

確かに松潤がこんなに一生懸命考えてくれていたツアーですから、ファンは思う存分”夢の時間”を楽しみたかったですよね。それがニノの結婚発表で台無しになってしまったと言う方も多いと思います。

こんな意見もあって…

確かに今がそうじゃないなら、楽しそうな映像を見れば見るほど悲しくなる。

だけどこれ、1年間ドキュメンタリー続けるなら、どこかでやっぱりニノの結婚についても触れるんじゃないかな?その時メンバーがどういった意見を持って反対して、だけどどうしてニノはこの時期を押し通したのかとか、そういった理由も全部含めて。

ファンにはわかってほしいことを伝えるための番組、と嵐の5人が考えているならば、そこについては避けては通れない道だと思う。そこのしこりを残したまま活動休止しちゃっていいの?って思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする