ドラマ King & Prince SMAP 「SUITS」シーズン1の鈴木大輔(中島裕翔)と聖澤真琴(新木優子) の恋愛部分だけネタバレ!キスシーンもあったのに付き合ってなかったの?

「SUITS」シーズン1の鈴木大輔(中島裕翔)と聖澤真琴(新木優子) の恋愛部分だけネタバレ!キスシーンもあったのに付き合ってなかったの?

「SUITS」のシーズン1で、中島裕翔さんと新木優子さんは付き合ってなかったっけ?と思ったのですが、シーズン2の1話では鈴木大輔が聖澤に「付き合ってください!」と告白していましたね。

シーズン1ではキスまでした2人ですが、付き合ってなかったんだ?? 

 そこで「SUITS」シーズン1の鈴木大輔(中島裕翔)と聖澤真琴(新木優子) の関係をちょっとおさらいしてみたいと思います。

 

「SUITS」シーズン1はFODで全話配信中!

※無料お試し期間なら全話無料で見られます!

FODで「SUITS1」を見る

 

 

中島裕翔と新木優子のキスシーン

これといったきっかけはなかったけれど、最初から惹かれ合っていた2人。

調べ物をしていた時にふいに顔が近づき、見つめ合い、聖澤の方から鈴木にキスをしました。

写真載せようと思ったけど、中島裕翔くんの顔がガッツリ映ってて怒られそうなので、載せれませんでした…。

聖澤(新木優子)、鈴木(中島裕翔)の替え玉について知る

いい感じになった2人に、ちょっとした事件が起こります。

聖澤はパラリーガルですが、本当は弁護士を目指しています。

それは父親が海外で活躍する超優秀な弁護士だから。ちなみに父親は竹中直人さん!

聖澤はパラリーガルとしては事務所一優勝と言われていますが、試験になると緊張してしまい、ずっと司法試験に落ち続けています。

そんな時聖澤は、高校の時の仲間内で1番に司法試験に受かった親友に、「本当は替え玉受験で司法試験に通過した」と聞きます。

替え玉受験を請け負ってくれた人は、とても優秀な人だと。

すると聖澤は、「自分もその人にお願いしたい!」と言い出したのです。

その替え玉受験を請け負ってくれた人と言うのが、鈴木大貴です。

(鈴木大貴というのが本名で、鈴木大輔になり済まして偽弁護士をしているのです) 

しかし約束の場所に鈴木が行かなかった(というか行ったけど、自分が替え玉をする張本人だとは聖澤に話さなかった)ため、聖澤は道を踏み外さずに済みました。

しかしこれを機に、聖澤は鈴木の替え玉の秘密を知ることとなりました。

(8話)

聖澤真琴(新木優子)は鈴木(中島裕翔)が弁護士資格を持っていないことを知らない

私、ここ勘違いしていたのですが、シーズン1の8話で聖澤にバレたのは、

鈴木が替え玉受験に協力していた

ということだけ。

そのせいで、

鈴木が司法試験の受験資格を失っている=今は偽弁護士

ということまではギリギリバレなかったのです!

鈴木大輔(中島裕翔)と砂里(今田美桜)がキス

 8話では蟹江(小手伸也) の陰謀により、機密情報漏洩の罪をかぶせられてしまった聖澤。

しかし鈴木は全面的に聖澤を信用し、冤罪を晴らす協力をしました。このことにより、再び距離が縮まりかけた2人。

しかし、砂里が鈴木にキスをしているところを聖澤が偶然見てしまうのです( ゚Д゚)

鈴木大貴(中島裕翔)と砂里(今田美桜)の関係

シーズン2には出ていないので、砂里って誰!?と思われる方への補足です。

砂は、鈴木大貴の高校時代の親友で悪友・谷元遊星(磯村隼人)の妹です。

だから、大貴とも地元の幼馴染ってことになりますかね。

この遊星ってのがキーマンで、

「鈴木が経歴詐称して、弁護士資格を持ってないのに偽弁護士をやっている」

という、この物語の基本設定に関わってくる人物です。

遊星は昔からワルでした。

それで、自分の先輩の司法試験の替え玉受験をしてほしいと、天才の大貴に頼んだのです。

しかしそれがバレてしまい、大貴は高校を退学になり、それだけでなく司法試験の受験資格を失ってしまったのです…( ゚Д゚)

だから、あんなに頭がいいのに、弁護士になれないんですね。

そういった兄の悪いところも全部知ったうえで、大貴に対して「悪いな」という思いや「支えてあげたい」という思いを砂里は抱えているんですね。

そして、純粋に大貴のことが好き好きなんです。

かなり積極的にアプローチしているし、大貴の部屋に入り浸ったりしていて、はたから見たらほんと彼女ですが、大貴にとっては本当に「ただの妹のような存在」なのです。

鈴木が聖澤を突き放す

さてさて、話は本筋に戻って…

その後鈴木の経歴詐称がチカ(鈴木保奈美)にバレ、事務所を辞めなければいけない危機に立たされます。いっぱいいっぱいになった鈴木は

「俺のことはほっといてくれ!この前のことを(キスしたこと)も忘れて」

と聖澤を突き放してしまいます。

砂里のことがあって微妙な関係になっていた上に、こんなことを言われてしまい、ますます2人の関係は危うくなってしまいます。

(10話) 

ラストでは砂里が身を引き聖澤に委ねる

最初の話では、甲斐(織田裕二)を守るために、鈴木(中島裕翔)が自分のクビをかけ奔走。

そんな鈴木の姿を見て、聖澤も仕事の仲間として協力したいと言う気持ちに吹っ切れます。

 2人の関係はまだ曖昧なままですが、甲斐の事件解決が第一なので「とりあえず恋愛の事は置いといて…」と言う感じになります。

そして最終回ラスト。

ファームを辞めて、弁護士も辞めることを決意した鈴木。

しかし砂里は、聖澤に「鈴木大樹に弁護士を辞めないように言ってください。あなたの言うことなら聞くと思うから」と頼みに行きます。

鈴木が聖澤に惹かれていることを知ってていたので、砂里は身を引いたんですね。

そして聖澤は鈴木に会いに行きます。

するとそこへ甲斐もやってきます。そしてボストン行きのチケット渡し

「2年間勉強してこい。そして成長して戻ってこい」

と言って、鈴木を送り出すのでした。

鈴木大輔(中島裕翔)と聖澤真琴(新木優子)の関係を簡潔にまとめると… 

  • もともと鈴木(中島裕翔)と聖澤(新木優子)は惹かれ合っていた
  • キスしていい感じ
  • 砂里が鈴木に一方的にキスして、それを見た聖澤が彼女だと勘違いする
  • 鈴木の気持ちを知っている砂里が身を引いて、聖澤に託す
  • 聖澤が鈴木に会いに行っていい感じになるはずだったが、甲斐がきたので2人で話す時間が持てず、関係は曖昧なまま鈴木はボストンへ。

結論

結局砂里が身を引いたけど、聖澤と鈴木がいい感じになるタイミングを奪った犯人は甲斐だった… ( ゚Д゚)!

ということですね(笑)

まぁラブストーリーなら恋敵が身を引いて、三角関係が解決して、やっと素直になったヒロインが主人公のところに駆けつけてブチュー!で終わり!

とかなるんでしょうが、

これは

最強バディ

のお話ですのでね。

最終回はやっぱり甲斐×鈴木が並んで、聖澤が一歩後ろを歩いている…というので正解だったと思います!

二人の恋愛はあくまでの脇の要素ですからね。私はそこんとこ、すごくワクワクしながら見ていましたが(笑)

シーズン2でも、この二人の仲を最終回まで引っ張るのか?

でも、今回は三角関係になるようなキャスティングないぞ??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする