管理人お盆休み中です!また遊びに来てね!
人気記事1位!!中居正広の兄のご近所さんが語る真相!兄は静岡県沼津市の「スーパーカドイケ」の経営者で、中居を「ひろちゃん」と呼ぶ甥っ子も従業員で超イケメン! ココナッツオイルでチョコレート風が簡単に作れちゃう方法!ダイエット中で甘いお菓子に飢えている人にオススメ!

ココナッツオイルでチョコレート風が簡単に作れちゃう方法!ダイエット中で甘いお菓子に飢えている人にオススメ!

夏までに5kg痩せる!と意気込んで糖質カットダイエットを始めたちゃちゃです。何を隠そう管理人ちゃちゃは糖尿病を持病としているため、糖質制限食なんて手馴れたもんです!

こちらでは、私が見つけたココナッツオイルでチョコレートを食べている気分が味わえる方法をご紹介します!

油は摂取しても太らない!

日本人は「太るもの」=「カロリーの高いもの」と考えがちです。油を使っている食べ物は、自動的にカロリーが高くなりますよね?でも、これって間違いなんですよね。

一番太るのは「油+糖質」です。だいたい油ものって糖質とセットになっていませんか?

唐揚げは「衣の油+揚げ油+肉の油」。

天ぷらなんて中身野菜だからって油断ならないですよ。衣がガッツリついていて、めちゃくちゃ糖質高いですから。スーパーのお惣菜の一人前の天ぷらの詰め合わせだったら、それだけで糖質量70gくらいあります。これはご飯一杯分(200g)くらいに相当します。だから、天ぷらをおかずに白米を食べたら、ご飯2杯食べているのと同じなんですよ!

この油と一緒に糖質を摂るという行為が一番ヤバイ!でも、油だけだったらそんなに悪いものでもないんですよ。

野菜を摂るのに、生野菜で摂るよりは油で炒めたほうがビタミンの吸収が良くなる効果もありますし、何より油を摂取すると腹持ちが良くなりますから、間食を抑えることにも効果がありますね。

ココナッツオイルはどうして体にいいの?

そんなわけで、私はダイエット中でも肉はバンバン食べます!でも、油の中でも動物性油よりも植物性油のほうが、もっといいことが多いんです。

油は太らないと言っても、あまりに食べ過ぎたら何でも太ります。油の中でも植物性油は体に蓄積されない油なんです。むしろ植物油には中性脂肪を蓄積するための酵素の働きを低下させる効果があるため、ココナッツオイルやオリーブオイルは毎日摂ったほうがいい油とも言われているんです!

ココナッツオイルでチョコレート風?が作れちゃう!

ココナッツオイルの使い方を紹介しているサイトはたくさんありますので、こちらのページでは割愛します。そして、私が発見した斬新なココナッツオイルの食べ方をご紹介しますね。

先に言っておきますが、管理人ちゃちゃはとっても面倒くさがり屋です!!

学生時代はこの面倒くさがり屋のおかげで、勝手にダイエットに成功していました。

優先順位で言ったら

1位:面倒くさい

2位:お金がない

3位:お腹がすいた

なんですよね。

だから、お腹が空いてもお金がなければご飯を買いに行かない。バイト代が入ってお金があって、お腹が空いてもご飯を買いに行くのが面倒で買いに行かない。(自炊するとかは絶対ない。コンビニに行くのも面倒だったんです)これで、いつも夕飯を抜いているような状態で、母親がいつも送ってくれる野菜ジュースとせんべいで生き延びていたんですよね。

まぁ、今思えば野菜ジュースもせんべいも糖質なので良くなかったとは思うのですが、全体量が少なくて痩せたんでしょうね。

今は、順位がちょっと変化して

1位:面倒くさい

2位:お腹がすいた

3位:お金がない

となっています。結婚して、自分が働かなくてもお金が手に入るようになったので(^^;

でも、面倒なのはやっぱり鉄壁の首位を守っています!!だから、ダイエットのために手の込んだダイエット料理を作るとか、絶対無理!!続かない!!

ココナッツオイルをバターに置き換えて、自分でヘルシーケーキ作り?うん、理論とやり方はわかるけど、絶対やらない。子育てしてて、ほんのわずか手に入った自分の自由時間をそんなことにあてられっか!って感じです。

そこで、私の毎日の楽しみとして、子供が寝静まったら一杯の牛乳を飲むこと。ここにココナッツオイルを垂らしてみたんです。

この方法を発見したきっかけはというと・・・今までは朝食のパンにココナッツオイルと人工甘味料のラカントをふってトーストして食べていたのですが、糖質カットを始めてパンを食べないようになったので、ココナッツオイルを摂取する機会がなくなってしまったんですよね。ココナッツオイルを摂取するために違う料理をするってゆうのも面倒だし、じゃあ牛乳は毎朝飲むからそこに入れてみっか!ということで垂らしてみました。

それで、そのまま飲むんじゃちょっと味気ないのでちょっとだけハチミツを垂らしてみました。

ココナッツオイルは25度を境に形状が変化します。だから、冬は常温でもカチカチ。スプーンでガリガリ削って取っていたのですが、最近(6月)ではすっかり水みたいになっています。

それを冷蔵庫から出したばっかりの牛乳に入れると、すぐに固まります。

こんな感じ。

それをスプーンですくって食べてみると・・・

ん!?なんかチョコレートみたいじゃないか!?この食感はまさにチョコレート!!ハチミツの甘さと牛乳のクリーミー感と、ココナッツオイルの脂肪分でまさにこれはチョコレートだ!!

私、最近糖質に飢えているのでそう感じるだけかもしれないですが、けっこうイケルと思う!もちろん本物のチョコレートを食べている人には、ちょっと・・・と思われるかもしれないですけどね。ダイエット中の人なら、チョコレートを食べているような錯覚に陥るのでは?

油の固まったのを食べてチョコレートの食感に似ているってゆうんだから、チョコレートってどれだけ脂肪の塊かわかりますよね~。でも、その脂肪がココナッツオイルなら心配なし!

本当はハチミツも糖質だから避けたいところなんだけど、これをラカントでやっちゃうと無糖なのはいいけど、冷たい牛乳に溶けないから味がつかないんだよね・・・。ラカントを溶かすために牛乳を温めたら、今度はココナッツオイルが固まらないし。この固まった食感がチョコレート感を出しているから、ここは必須!譲れない。

そんでハチミツだといい具合にねっとりとココナッツオイルの塊にくっついてくれるから、甘みがしっかりとついていい感じなんですよ!

ね?これなら一瞬でできちゃうし、洗い物もコップとスプーンだけだし、面倒くさがり屋の私にも毎日続けられちゃうわけ!超原始的な方法だし全然オシャレじゃないけど、ダイエット中でストレス抱えているときに、面倒な工程の料理なんてやってられないってのが本音じゃないですか??

私のように面倒くさがり屋さんは、ぜひ試してみてくださいな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする