9月9日に何も起こらなかったことを受けて…音楽小説「Style~父親であること=これが俺の生き方~」”SMAPの木村拓哉”を降り、ワッツからFLOWという新たな航海へ
人気記事1位!!中居正広の兄のご近所さんが語る真相!兄は静岡県沼津市の「スーパーカドイケ」の経営者で、中居を「ひろちゃん」と呼ぶ甥っ子も従業員で超イケメン! ママのおっぱいを触りながら寝る娘。幼稚園4歳になってもやめられない【C子さん体験談】

ママのおっぱいを触りながら寝る娘。幼稚園4歳になってもやめられない【C子さん体験談】

C子さんは、三人の娘さんのママ!三人生んでいること自体が、すでに私からすると素晴らしく尊敬してしまいます。

その中でも次女ちゃんが夜泣きが大変だったということで、それでよく三人目チャレンジできたなぁって・・・。

C子さんは、ありとあらゆる寝かしつけにいいとされる方法を試しており、まさに私も共感してしまいました!この中に、あなたの赤ちゃんにピッタリな寝かしつけ方法があるかも・・・!?





ありとあらゆる寝かしつけ方法を試した夜泣き地獄

C子さんは三人の娘さんがいますが、その中でも次女ちゃんがとっても困った寝ない子ちゃんだったそうです。

「三姉妹の娘がいるのですが、3人の中で唯一夜泣きが酷かったのが次女です。

今まで夜泣きが無かったのに10ヶ月ぐらいから急にはじまりました。まず眠くなったらグズグズ泣き出し私の足にしがみついて来ます。それが彼女の『眠いから抱っこ紐に入れてくれ!』の合図です。

それから抱っこ紐に入れ、私は家のことをすること1時間。完全に爆睡にはいった彼女を抱っこ紐から下ろしゆっくりと布団に寝かすのですが、ここからが大変で泣く!暴れる!!

最終的に目がさめ、夜中1時までお付き合いするのがほぼ毎日でした。夜中におもちゃで遊んだりして、長女を起こそうとしたりしていました。主人とチェンジして1時間ぐらい私は寝かせてもらったりもしました。

これでは困ると思い、いろいろ作戦を考えました。日中ベビーカーでずっとお散歩へいったり、同じぐらいのお友達と子供プラザでたくさん遊ばせて、たくさん疲れさせてみたりもしました。抱っこ紐から下ろしてすぐに私も横になり添い乳してみたり、唄を歌ったり。オルゴールの音楽を鳴らしてみたりもしました。

主人が車で夜中ドライブに連れて行く事もしてくれました。お風呂を長く入って疲れさせたり、夏はお庭でプールさせて疲れさせる!

妊娠中のお腹の中にいた時に聴いていたソフロロジーの音楽を掛けてみたり。

『もう思いつかない!』と言うほどたくさん!

母に聞いたり主人と相談したり、ネットで調べたり、友達に聞いてみたり。辛くて涙する事もありました。『もうどうしたらいい?』と彼女に聞いてみたりしました。」(C子さん談)




ママの胸を触りながら寝る娘

「いろいろした結果彼女が気に入ったのは私の胸を触ることでした。いろいろ試したのにそれが一番安心して寝れるのかと思うとなんかいろいろ作戦を考えていたのに悲しかったです。

でも嬉しさの方が凄く大きかったです。やっと彼女の一番落ち着けて寝れる方法が見つかったのが凄く嬉しくて、その喜びはいまでも覚えています。

ただ夜泣きは治らず夜中泣いたら私の胸を触りそのまま寝る。目は瞑ったまま。寝ぼけているようにも見えますが、泣けば触るそれの繰り返しです。ひどい時は何十回と触られることも。ただ夜中目が覚め遊ばれるよりは大分楽でした。これなら私も寝ていられたし。

幼稚園4歳になっても、まだまだ甘えたい!ママは焦らずおおらかな心で受け止めて

そんな彼女も4歳になり幼稚園にも行き出し、たくさん友達でき妹も出来たのですが、今だに夜泣きし胸を触りそのまま寝ます。

たまに日中そーっと私の洋服に手を入れて来たりしてきます。『いい加減やだなぁ。』と思うのですが、夜泣きが無くなったらそれはそれで寂しくなったりするのかな?と思いながら今だに続いています。

何歳まで続くか分かりませんが、彼女が『もういい!』と言うまでは触らせてあげようと思っています。ただ外で触られるのは辛いものがありますが・・・。

この前彼女に『もうそろそろ触るのやめる?』と軽く聞いたのに、『やだ!』と言われ、その日ずっと「抱っこ」と言われ1日大変な思いをしました。突き放されると思い、逆に執着心が強くなったのでしょう。

妹も出来たしずっと構ってやれていないのは事実!たくさん我慢させているのも事実です!

まだまだ甘えたりしたいのもわかるので、10歳になろうが20歳になろうが『永遠と触らせてあげるよ!』と言う気持ちで頑張りたいです。

ちなみに8ヶ月の三女は夜泣き寝かしつけまったく必要なしです。

三女の出産で入院中は、次女は祖母の胸を触っていたそうです。むしろ誰でもいいのか?と思ったのは事実でした(笑)」(C子さん談)

うんわかるわかる(笑)うちの長男くんは、次男くんの出産でばあばの家に預けられた寂しさをきっかけに、私の耳を触らないと眠れない子になりました。でも、私だけじゃなくて、ばーば、パパ、保育園の先生の耳を触りまくっていたそうです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする