オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 小説 | ちゃちゃすいっち

「 小説 」一覧

「Believe」9月9日月曜日~6年前の約束は果たせぬままに~SMAPつとぷ妄想歌詞小説(スマスマノンストップライブ)

「Believe」9月9日月曜日~6年前の約束は果たせぬままに~SMAPつとぷ妄想歌詞小説(スマスマノンストップライブ)

2013年のスマスマノンストップライブでSMAP5人がした約束。 「次は2019年9月9日月曜日に」。 ファンも、きっとSMAP本人たちも、この約束を忘れてはいないだろう。 しかし解散から3年と言う月日では、何かを変えるには短すぎて…。 結果として何も起こらなかったけど、きっと5人は5人なりの思いを巡らせていたはず。 そんな5人の思いを、また妄想音楽小説にしてみました。 今回使った曲は、合唱曲の「Believe」と言う曲で、SMAPがCMで歌っていたことがあります。私が中学生の時だから、25年位前かも。 改めて歌詞を聞いてみると、中居と木村の関係性のような歌詞でめちゃくちゃいい曲です!

NO IMAGE

【本当にあったエピソード20歳の約束ずっとずっと①】「キムタク追放!」木村拓哉をディスった園子温監督を中居がフルボッコ事件まとめ

こちらではつとぷ小説「20歳の約束①~ずっとずっと~」中居と木村、殴り合いの喧嘩の真相に描かれている中で、本当にあったエピソードを紹介しています。 まずは、園子温監督がキムタク批判をしたことに対して、執拗に監督を攻撃し続け仇討をした中居正広の行動まとめです!(笑)

【本当にあったエピソードStyle】中居正広と木村拓哉が高校の学祭で2階の窓から教室を脱走した青春の思い出

【本当にあったエピソードStyle】中居正広と木村拓哉が高校の学祭で2階の窓から教室を脱走した青春の思い出

音楽小説「Style~父親であること=これが俺の生き方~」”SMAPの木村拓哉”を降り、ワッツからFLOWという新たな航海へ ↑こちらの小説で出てきた、中居正広と木村拓哉が高校の文化祭で2階の窓から教室を脱走したというエピソードは、ファンにとってはとても有名な話ですが、知らない人のために一応書いておきます。 あまりに少女漫画の世界のエピソードなので、木村中居の高校時代のこのときのシーンを漫画に描いちゃいました!(最後の中居くんの走り方がちょっと乙女なところが個人的にツボ)

NO IMAGE

音楽小説「Style~父親であること=これが俺の生き方~」”SMAPの木村拓哉”を降り、ワッツからFLOWという新たな航海へ

ワッツが終わって、FLOWという船に乗り換えるって、どうゆうことなんだろうって思ってた。 Mステロンバケ事件から始まって、木村拓哉の身に何かが起こっていることは確か。 ワッツの最終回で「夜空ノムコウ」をかけた意味もずっと考えてた。 これが、私が思う木村拓哉と中居正広の出した決断なんじゃないかなって。 完全なる妄想小説ですが、よろしければお読みください。 (たぶん二人の出した結論はちょっと悲しくて、賛否両論あると思いますのでご了承ください)

NO IMAGE

【本当にあったエピソード】中居正広と木村拓哉がディズニーランドでダブルデート!&SMAPの隠れた名曲「さよならの恋人」歌詞の意味は?

つとぷ小説「さよならの恋人」、いかがでしたでしょうか? みなさん、騙されてくれましたか!? 小説のモデルとなったのは高校時代に、中居正広さんと木村拓哉さんがディズニーランドでダブルデートをしたというスマスマ最終回でも放送されたエピソードです! そのエピソードのおさらいと、この小説のテーマ曲「さよならの恋人」の歌詞の意味について書いていきます!

NO IMAGE

つとぷ小説「さよならの恋人」

久々につとぷイチャイチャ小説アップ~! なんと今回は中居正広と木村拓哉が繰り広げるちょっぴり切ない三角関係の恋物語。 スマスマで言ってたつとぷ高校時代に、中居くんの彼女と木村さんとディズニーランドでダブルデートした仲良しエピソードがモデルです。 木村目線です。

NO IMAGE

木村拓哉ソロ曲「君のままで」歌詞の意味は?「小さな背中」とは心美か中居か・・!?

つとぷイチャイチャ小説「君のままで」いつでも一緒に・・の音楽小説で使わせてもらったのは、木村拓哉さんソロ曲「君のままで」。 この曲は木村さん目線で娘のことを歌っているのではないか!?というのが、みんなの見解のようです。 でも、私は最初に聞いたときに、「その小さな背中に」という歌詞で「え?中居さんのこと!?」と思ってしまったんです・・・(^^; こちらでは、木村拓哉ソロ曲「君のままで」の歌詞の意味や、中居正広ソロ曲「Memory~June~」との共通点について考察していこうと思います。