「テセウスの船」10話最終回ラストのタイトルの意味回収の感想、回収されなくて気になりすぎる伏線!

「テセウスの船」最終回のあらすじネタバレ内容まとめ!

結局どの事件がみきおで、どの事件が正志?

音臼村祭りのきのこ汁事件の真相は?

ラストは納得できた?

伏線全部回収できたの?については、こちらの記事でまとめていきます!

「テセウスの船」伏線まとめ!

みきおがやった犯行まとめ

  • 千夏ちゃんパラコート殺害事件→実験のため
  • うさぎ殺害事件→最終回では言ってなかったけど、田中さんに自供していた。動機はパラコートじゃない薬を試すため。(日記より推察)
  • 明音ちゃん監禁事件→鈴をいじめたから(その時二人は喧嘩中だった)

※殺害は翼にやらせようとしたが、翼が明音ちゃんのことを好きだったので殺すことができず失敗。

  • 田中義男さん青酸カリ殺害事件→夜に田中さんの家を訪れ、薬を飲ませた。(これはしっかりとした描写があった)

※田中さん殺害の動機については話していない。

これは、正志に指示されてやったってことでいいのかな?

 

筆者は最後まで原作ネタバレを読まずに、独自に推理考察を行っていきます!!

(だからバンバン予想外しまくります(笑)そういう説もあるんだ~くらいの気持ちで楽しんでもらえたらと思います)

 

関連記事はこちらです!

【表でまとめたら一目瞭然!】真犯人を消去法で考察!

「テセウスの船」伏線まとめ!

ワープロ(パソコン?)の文字を打っているのは誰?

過去と未来、変わったことを新聞記事やノートの内容から時系列順に徹底まとめ!

「テセウスの船」泣いているうさぎと女の子の絵を描いたのは子供?生徒役の加藤みきおくんが怪しい?

1話考察【犯人予想】竜星涼か麻生祐未?

2話考察 明音ちゃん監禁のときの”目”は誰?

3話考察 金丸(ユースケ・サンタマリア)の相棒刑事が怪しい?

4話考察 さつき(麻生祐未)は妊娠していた?妊婦の絵は鈴じゃない?

6話考察 犯人がみきおと判明!!動機は何?今までの犯行は可能だったのかを検証!

7話考察 みきおが身寄りがない理由が判明!さつき以外にもう一人共犯者(黒幕)がいる!?

8話考察 みきおの動機が判明!黒幕犯人は今野浩喜かせいや?12年前の音臼村祭での事件がカギ?

9話考察 馬淵(小藪)が佐野を嫌う理由とは?佐野の表彰状の写真が伏線?

10話最終回ラストのタイトルの意味回収の感想、回収されなくて気になりすぎる伏線は?!

かな~り原作とは違ってきているようですよ。(最終回終わったら読んでみようと思ってます!!)ドラマがなかなか話が進まず、心と佐野がモタモタしているばかりでイライラする!との声もある中、「漫画のほうが面白いよ~!」という原作ファンの声も。

もし、納得できる真犯人じゃなかったら、そのときは原作を読んでスッキリしましょう!

原作漫画を読むならこちら! 原作漫画を読むならこちら!

 

12年前の音臼村祭りできのこ汁にきのこをいれたのは正志の母親

12年前の音臼村祭りで毒きのこ汁事件の経緯

きのこ汁に間違って毒キノコ入れたのは正志の母親。

佐野は最初、事故として処理しようとしていた。

田中義男(正志の父親)さんが、議員に立候補しようとしていた時期で、「村に不安を残すな。絶対犯人を探してくれ」と言われたので、佐野は調査を続行。

結果、犯人は田中さんの奥さんだった。

田中さんは県警に掛け合って罪をもみ消そうとした。

結果はうまくいかず、正志の母親は逮捕された。

バツが悪かった田中さんは、その後の村祭りを中止にした。

その後、正志と妹は「殺人犯の子供」としていじめにあった。

妹はまだ小学生だったが、いじめを苦に自殺。

正志は妹だけは絶対に守ると決めていたのに、それが叶わず、復讐を決意。

正志が佐野を殺したいほど恨んだ動機は?

正志は佐野が点数稼ぎのために母親の過失を探し出して逮捕したと思いこんでいた。

母親は逮捕後、田中さんに捨てられて、苦労して死んでいった。

妹が自殺。

佐野が昔のことをすっかり忘れて、田中さんの介護のために戻ってきた正志に「家族は大事にな」と、のんきに子供たちと戯れながら言った。(←確かにこれは佐野さん、無神経かも…!!)

というか、お母さんのこと逮捕したんだから、「自分に恨みがある人間は誰だろう?」って考えた時に、真っ先に正志が浮かんでもいいのでは…( ゚д゚)

でも、正志、怒りの矛先違ったよね。

自分の保身のためにしか動かず、最終的にはお母さんを切り捨てたお父さん(田中義男さん)を恨むのは当然としてもさ。

でも、だからどんなに未来が変わっても、田中さんは殺されていたんだね。

ギリシャ神話「テセウスの船」のタイトルの意味回収のラスト

正志と佐野がもみ合っているのを止めようとして、ナイフが刺さり心が死亡。

でも、和子のお腹の中には心がいるので、また生まれる。

佐野が逮捕される過去は変わったので、家族は幸せなまま過ごし、普通に心が大人になる。

過去が変わった世界でも、心は由紀(上野樹里)と結婚。

由紀が妊娠していることを知って、佐野が「子供の名前を提案したい」と言う。

「未来」と提案されて、「俺が考えてたのとまったく一緒!」と心はびっくり!

でも本当は、佐野はタイムカプセルに入れた心が書いた家系図により、子供の名前を知っていたからだった!

でも、それを知っているのは佐野だけ。

※鈴も慎吾も和子も記憶を失っているわけではないが、そもそも心が本当の家族だったという事実を知らないので、ラストの描写では何も知らないような感じになっていた。

(おまけ)

みきおとさつきも元気に生きている。みきおは車いすじゃない。

親子として幸せそうに。

【ギリシャ神話のテセウスの船】

昔、戦争で活躍したテセウスという勇者の船を、後世まで受け継ごうと部品をどんどん新しいものに変えていく。

すべての部品を取り換えて、ピカピカの船に生まれ変わった。

さて、その船は最初の船と同じと言えるのだろうか?

過去のいろんなところを少しずつ変えて、未来はガラリと変わった。

心もいる。

でも、前の心は死んでしまった。

新しく生まれ変わった心は、本当に前の心と同じなの?

(同じじゃない証拠に、家系図のこととか知らないわけで…)

さつきがみきおに異様に執着する理由は過去に妊娠していたから!

さつきが昔、妊娠していた説はみごとに当たり!

音臼小祭りで流産したわけじゃなかったけど…。

  • 高校生の時に妊娠。
  • 中学のときの担任だった石坂校長に相談。
  • 石坂に説得されて中絶。
  • 生まれてこれなかった子供のためにも、教師になって子供を守る!と決意。

ということでした!

普通に愛情深い人だったのですね!

校長の息子の話は何だったの?

校長は全くのミスリードでした!

息子の話も出してきたのは視聴者を翻弄するためで、この事件とは一切関係なし!

鉛筆削ってたのも、絵が趣味の設定も、全部関係なし!

でも、めっちゃ怪しくて怖い笹野さんの演技には脱帽でした!完全に翻弄されたわ…。

回収されなくて気になりすぎる伏線

  • 翼はなんでそんなにみきおの言いなりになってたの?
  • 結局、金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)を突き落としたのは誰?
  • 夜に車から降りて「よぉ!」ってやってたのは誰?
  • 正志は最近村に帰ってきたのに、どうしてみきおが鈴のヒーローになりたくて佐野を邪魔だと思っている事情を知っていたの?普通、村を出てった若者は、地元の小学生と交流ないでしょ?
  • 結局あの気味の悪い絵は誰が描いてたの?
  • 馬淵(小藪)は、なんであんなに佐野を目の敵にしてたのー?過去の因縁とかあったんじゃないのー?
  • 鈴は事件があったから整形したはずなのに、事件が起こらない未来に変わっても貫地谷しほりの顔になってたぞ?でも表情の違いのせいなのか、なんか鈴っぽかった。女優さんてすごい。

このへん、パラビのオリジナルストーリーでしっかり解説されているらしい!

「テセウスの船」最終回ラストの感想

うんうん、やっぱそう来たか~って感じ。

あ、犯人のことじゃなくて、「テセウスの船」の考え方の回収のところ。

第一話でもこのギリシャ神話の説明があって、その時に

佐野たちのニコニコ笑っている家族写真

  ↓

一旦バリバリって割れる。

  ↓

無表情の家族写真に変わる。

というものがありましたよね?

あの描写からすると、

新しく生まれ変わったものは別物。

そして新しく生まれ変わった方が笑顔がなくなっている=悪いもの。

という伏線だと思っていました。

でも完全に変わった後の方が幸せになってましたよねー?

最初のあの写真の描写は何だったんだろうか…?そこ伏線回収できてないよー!!

でもタイムカプセルの心の書いた家系図は必ず何か意味があると思っていたから、やっぱりな!という感じで、佐野だけが本当のことを知っていてこっそり微笑むという終わり方はよかったかな。

でも、あんなに壮絶な体験をして二人で闘ってきたのに、その記憶を持っているのが自分だけっていうのは、ちょっと切ないのかな。

でもでも、新しく生まれてきた心はつらい思いをしないで、すくすくと育ってきたんだから、親としては嬉しいことよね。息子にあんな辛い思いをさせたくないもん。知らせたくもない。

ただ、目の前で息子を亡くした悲しみは、今でも佐野の中に残っているだろうから、ここに生まれ変わった心がいても、あっちの心はもういないんだよなーという寂しさは佐野はずっと抱えて生きていくんだと思う。

そこがハッピーエンドのようでハッピーエンドじゃないところよね。

佐野にとってh、4人子供がいて、3人の子供と妻は救えたけど、一人の子供を失った…って感じなのかも。

そうなると、佐野の中では前の心と新しく生まれてきた心はもう別人なので、この「テセウスの船」の考え方を表しているってことになる。

結局、生まれ変わっていいものになったんだけど、それは大切にしたかった元のものとは全く別物で、元のものはもう二度と戻ってこないんだよって。

それにしても、9話で書いた考察の「表彰状持ってる佐野の写真に絶対意味がある!」って予想、めっちゃはずしてて恥ずかしいんですけどー((;゚Д゚)