オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 南武が克喜の父親!?「ニッポンノワール」3話のパパッとネタバレと感想と考察!

南武が克喜の父親!?「ニッポンノワール」3話のパパッとネタバレと感想と考察!

2話ラストで急遽容疑者の可能性が浮上した才門!

3話では才門の怪しい行動の理由が明らかになります!

「ニッポンノワール」3話(サブタイトル:容疑者才門)のあらすじが簡潔にわかるパパッとネタバレと感想と考察を書きます。

 

「ニッポンノワール」は「3年A組」から半年後の世界のお話!

いろいろなところで、「3A」と繋がっていて面白いですよ!

 

「3年A組」を見返したい人はHuluで!

↓ ↓ ↓

Huluで「3年A組」を見る

 

Huluのわかりやすさは、とにかくシンプルさ!

加入したら、Hulu内の全ての作品が見放題です!

(他の動画配信サービスは、「これは見放題作品」「こっちはポイント使って買わないと見られないレンタル作品だった…!」とかあるんですよ…)

月933円(税抜き)ですが、まずは2週間無料お試しトライアルで!

 

もちろん今放送中の「ニッポンノワール」の見逃し配信も追加料金なしで見られますよ!

Huluで「ニッポンノワール」を見る

 

「ニッポンノワール」3話のあらすじ

 
「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」と「十億円強奪事件」。
警視庁捜査一課が追い続けた2つの事件は死亡した理事官・本城諭(篠井英介)の犯行ということで幕を閉じた…かのように見えた。
「本当に本城が首謀者なのか…」
「俺にハメようとした黒幕も本城だったのか…」
明らかに何者かによる事件の早期幕引きの狙いが見え隠れする中、遊佐清春(賀来賢人)は警察上層部に対する疑念を拭えないでいた。
一度は捜査終了を命じられるも、捜査一課長・南武修介(北村一輝)の独断で、捜査を続ける清春ら旧碓氷班。すると十億円強奪事件の実行犯の1人・風間岳人が、実は警察が作り上げた架空の経歴である可能性が浮上する。なぜ警察は十億円強奪事件の実行犯グループに風間を送り込んだのか。謎が謎を呼ぶ中 清春は、風間の正体と公安のエース・才門要との間に過去にあった意外な接点の存在に気が付く。
才門が事件の黒幕だったのか…?
裏切りに次ぐ裏切り…止まらない謎の連鎖はさらに加速。
主人公を含め誰も信用できない—第3話 開幕。

引用:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/03.html

「ニッポンノワール」3話のパパッとネタバレ

出典:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/

  • 本城(篠井英介)が10億円事件の黒幕で、薫(広末涼子)殺しの犯人だと言う証拠が、次々と出てくる。才門(井浦新)が捏造。
  • 南武課長(北村一輝)は、清春(賀来賢人)チームのメンバーと他数人の刑事とともに、真実を探ることに。

出典:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/

  • 風間岳人は10億円事件の犯人の1人で、少年から出社してベルムズに所属。とされていたが、実は全く別人物。
  • 風間岳人の手首にあるタトゥーから、咲良(夏帆)の姉・星羅(入山法子)を殺した少年・宝生順平だと判明。
  • 宝生順平の経歴を偽装していたのは警察関係者。
  • 星羅は順平のカウンセラーだった。順平は突然路上で星羅を刺し殺した。
  • 星羅の恋人だった才門が復讐のために10億円強奪事件を仕組んだ可能性?

出典:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/

  • 10億円事件の犯人4人が撃ち合って全員死亡したときの映像は、魁皇高校立てこもり事件のときのフェイク映像を作った”放来撮影所”と言う制作会社で作られたフェイク映像だった。

  • 星羅は警察の極秘プロジェクトに参加していた。10億円はそのプロジェクトのお金だった。
  • 星羅は真相を暴こうとして殺された。(宝生順平は新しい身分と引き換えに警察の指示で星羅を殺した)
  • 星羅と仲良しだった薫もまた、真相を暴こうとして殺された。

  • 本城を使って清春を薫殺人の犯人に仕立て上げようとしたのは才門。(ヘリウムガスの電話はやっぱり才門がかけていた)
  • 全ては、星羅の事件の真相を探るため。
  • 仁平(相島一之)には探りを入れるため取り行っていただけ。

  • 才門が言うには「ホンボシは南武。克喜は南武の子供かもしれない」

「ニッポンノワール」3話のポイント

  • 星羅(入山法子)は極秘プロジェクトで、警察のやばいことを明らかにしようとしていたので殺された。
  • 10億円事件のお金は、極秘プロジェクトに使うはずのお金だった。
  • 星羅を殺すために、宝生順平(=風間岳人)という少年が警察に雇われた。
  • 才門(井浦新)がいろいろ怪しげだったのは、元恋人の星羅の死の真相を探ろうとしていたから。
  • 南武(北村一輝)がすべての事件の黒幕で、克喜の父親の可能性あり(才門が言っているだけ)
  • 克喜は薫が死んでから感情のコントロールができないで暴れてしまうことがある。

「ニッポンノワール」3話の感想と考察

3Aとちょいちょい関連性あるけど、一番似ているのは1話に一人ずつ怪しい人が移って行って、

それなりに小さい罪は犯していたけど黒幕ではなかった…!次の怪しい人へ移行…

というところかな。

  • 1話でめっちゃ本城怪しい。→10億円事件の車両隠蔽はしていたけど、黒幕じゃなかった。
  • 2話ラストで急に才門怪しい。→清春をハメようとしたり、そのために本城を利用したりはしていたけど、元恋人の死の真相を知りたいという大義名分があった。
  • 3話のラストで急に南武課長怪しい→ってことは、たぶん黒幕じゃない…?

だからたぶん、南武が克喜の父親かも!?っていうのも、後でやっぱ違いました~ってなると思う。

絶対、父親は清春だって!すごい二人の間に愛あるし!!

でも、克喜の情緒不安定伏線、なんだろう…??

3Aも、誰が上白石萌歌ちゃんを殺した黒幕なのか…!?とずっと気になってみていたけど、結局自殺で、犯人っていう犯人はいなかったんだよなぁ。

殺しの謎を解くサスペンスなのかと思ってたからちょっと拍子抜けだった。最初から”心の授業”で感動するヒューマン&社会派ドラマと思ってたら、ブッキー先生の言っていることはすごく良かったんだけど。

みんながみんな、ちょっとずつ小さな罪を犯していたことを反省しようっていう。

でも、今回は明らかに薫は殺されているわけだし、ちゃんと黒幕はいるはず。

それに、賀来賢人さんが

「この物語はかなり壮大です」

と言っているので、たぶんいろいろ広げて広げて、ちゃんと全部が最後に繋がってくる!おぉ~!みたいなのがあると思う!