オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 玉森裕太が最後のツンデレ!「グランメゾン東京」2話のパパっとネタバレと感想!

玉森裕太が最後のツンデレ!「グランメゾン東京」2話のパパっとネタバレと感想!

ワンピースみたいにだんだん仲間を増やしていくのがワクワクするドラマ「グランメゾン東京」!

2話では誰が仲間になるのかな!?

今週はミッチー&玉ちゃん回!

「グランメゾン東京」2話のあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレを書いていきます!

「グランメゾン東京」2話のあらすじ

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。だが早速大きな壁にぶちあたっていた。開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。

 
 
一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。
そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。
尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。窮地の中、京野はある秘策を思いつく。それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。
それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。
はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

引用:https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/story/

「グランメゾン東京」2話のパパっとネタバレ!

  • 京野(沢村一樹)は「グランメゾン東京」出店の資金繰りに苦戦
  • 高級フレンチ店を出すためには、”有名シェフの名前”が必要。

  • 人気WEB料理家の相沢(及川光博)を頼るが、シングルファザー家庭のためレストランで働くのは無理。
  • さらに「エスコフィユ」時代に尾花(木村拓哉)に料理のことでめちゃくちゃ怒られた因縁あり。

  • 京野は公平に数字で判断してくれると有名な城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談する。
  • 汐瀬は「gaku」の取引相手。江藤(手塚とおる)が「グランメゾン東京」には問題児の尾花がいると密告。融資ダメになりそうな流れに…。

  • 平古(玉森裕太)の彼女の美優(朝倉あき)の父親は市議会議員。娘の結婚相手が「テロかも」と噂のあるアレルギー事件の店で働いていた事実は、政治家として非常にまずい。
  • 「あの店との関係は一切絶つように」と命じる。

  • 汐瀬を納得させるための店のメイン料理を考える。尾花は高級食材思考から「日本人の口に合うものを」と発想を転換。ナスをメイン料理に。
  • 相沢のアイディアも取り入れて、チョコレートを使う。
  • 原価は500円くらい、「その代わり料理人のアイディアと腕で勝負する!」だから原価率抑えられる!

  • さらに倫子(鈴木京香)自分の家を担保に入れると決意!(母の残した大事な家。母は愛人をやっていて、愛する人を待ち続ける人生を貫いた母を、今は倫子は誇りに思っている)
  • 料理に心を動かされた汐瀬は融資を通してくれることに!

  • ナスとチョコの融合は相沢のチョコのアイディアに、尾花の「ナスのみずみずしさに合わせるためにサクサクの食感に」のアイディアの融合
  • 尾花の差し出した手を取ろうとして、相沢は躊躇。
  • 今回は仲間にならず…!

  • 汐瀬が試食会に来てくれるように裏で手を回していたのは実は平古だった!?(彼女のパパに頼んだ?)
  • 平古は一度捨てた尾花がくれたソースを、やっぱり拾って、仕事にやる気になった!

ちゃちゃ
今回は相沢も平古も仲間にすることはできませんでしたー残念(><)

「グランメゾン東京」2話の感想

最後、玉森くん、めちゃくちゃツンデレでしたね!

一度尾花がくれたソースの缶、ゴミ箱に捨ててたのに、やっぱり後悔してゴミ箱ゴソゴソ漁ってるとこ想像したらめっちゃかわいいんですけど~!!( *´艸`)

そのソース舐めて「な~るほどね!」って言ってた時の表情、めっちゃ生き生きしてたじゃ~ん!コストコストのバイキング料理で仕事にやりがい見つけられないでいた感じだったし、またエスコフィユ時代みたいにとことん味を追求する刺激に目覚めちゃって、尾花のとこ来るのも時間の問題だね、これは。

それにしても、1話見たとき、玉森くんは尾花のことリスペクトしているように見えたのに、2話冒頭でミッチーが罵倒された時「2つ星止まりで焦ってんですよ。人に八つ当たりして最低ですよ」とか言ってた。あの時からあんな反抗的だった?

玉森くん、大先輩に対して悪態つくの「演技でも緊張する」って言ってたな。本当はめっちゃ好青年だもんね。でも、ちゃんとすごくすれちゃった嫌な感じに見えるから、演技うまいってことだね。

でも、今日は誰も仲間にできなかったな~。ミッチーはかなり惜しかったけど。もう尾花の手掴みかけてたもん。でも、娘が大事だし。戦うところが娘って、強敵すぎる…。

気持ちの面ではもう尾花にほだされてると思うけど、娘問題を解決するにはどうしたもんかなぁ?いなくなった奥さんが帰ってくるとか?でも、育児任せきりにして失踪しちゃったんだから、帰ってきたからってまた家族ほっぽらかして仕事に生きるわけにもいかんしなぁ…。

こちらの記事も合わせてどうぞ(^^)/