オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 告白は伏線?百合と結婚するのは同期の蓮太郎!?「同期のサクラ」3話のパパっとネタバレと感想!

告白は伏線?百合と結婚するのは同期の蓮太郎!?「同期のサクラ」3話のパパっとネタバレと感想!

3話の主役は百合(橋本愛)!

サクラ(高畑充希)との本気の喧嘩シーンがかなり見ごたえありました~!

そして、菊夫(竜星涼)くんと蓮太郎(岡山天音)の恋もチラっと出てきましたよ~!

「同期のサクラ」3話のあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレを書いていきます。

「同期のサクラ」3話の予告動画

3話のテーマは

  • 会社での女性差別
  • セクハラ
  • 女は会社で辛いことがあったら、結婚に逃げれば幸せになれる?
  • 震災
  • 女の友情

などなどです。

「同期のサクラ」3話のあらすじ!

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/

 2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があった。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

 東日本大震災の前日、2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

 その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。
 イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。

翌日、3月11日。人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!
その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

引用:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/03.html

「同期のサクラ」3話のパパっとネタバレ!

【現在】

  • 母親となった百合は、子供に「夢」と言う名前をつけた。サクラみたいな大人になってほしいと言う願いを込めて。

【入社3年目】

  • 広報部の百合(橋本愛)は、会社のパンフレットを作る担当になった。
  • 人事部と協力してパンフレットを作るため、サクラ(高畑充希)が協力を命じられる。
  • 百合は”ミス広報部”と言われ、見た目がきれいなことをもてはやされている。
  • でも、女性には重要な仕事はさせてもらえないと百合は不満。
  • 百合は会社に自分の居場所を見つけられずにいた。

  • いちど営業に付き合わされた接待で、クライアントの専務にしつこく誘われている。
  • 防御のため、食事にサクラを一緒に連れて行く。
  • サクラが勝手に専務に百合の気持ちを伝え、専務を怒らせ会社で大問題になる。

  • その日は2011年3月11日。東日本大震災が起こる。
  • 会社はいろいろ対応に追われるが、女性社員だけ先に帰るように命じられる。(サクラはそれが不満)

  • 電車が止まって帰れない百合は、サクラの家に泊まる。
  • 百合の家はお金持ちで、親の家族カードで何でも買い物できる。

  • しかし、成金の父親と銀座のクラブのママだった母親を、百合は”下品”とあまり好きじゃない。親にも本当のことが言えない。

  • 新人研修の時に百合がサクラにきついこと言ったときのことをサクラは「最初はショックだったけど、ありがたいと思いました。自分のことをみんながどう思っているのかを教えてくれたのは百合さんが初めてだったので。だから、百合さんは自分に素直なままで大丈夫なんじゃないでしょうか?」と励ます。

  • 突然百合が結婚して会社を辞めることになった。
  • サクラ「本当にそれが百合さんの夢ですか?」百合「夢夢うるさいのよ!」と二人が本気の大ゲンカ。

  • 百合が辞める日、サクラが「百合さんは本当の友達だ」と言う。
  • 百合はサクラの思いに打たれ、結婚を辞めて会社に残ることを決意。

  • 二人は「サクラ」「百合」と名前で呼び合うことにした。

  • サクラはクライアントを怒らせた責任をとって、社史編纂室へと移動となった。

「同期のサクラ」3話の名言(名セリフ)・名場面!

迫力の女同士の大喧嘩!

「営業用のスマイルに疲れた。結婚すればきっと幸せになれる」と結婚して会社を辞める決断をした百合に

サクラ「本当にそれは百合さんの夢ですか?」

そして今回も「私には夢があります」を始める。

しかし、百合はこれを遮ってブチギレ!百合ちゃん、キレると怖いのよね~((+_+))

百合「言ったでしょう?私はあんたの仲間なんじゃないから。

夢夢夢夢うるさいのよ!

夢があるのがそんなに偉いの!?

夢がなきゃ生きてちゃいけないの!?

結局あんたは、自分が正しいと思い込んでいるだけなのよ。だから空気も読まずに好きなことがいうの。でも間違ってるから!おかしいから!

かわいい小鳥のふりして人の頭にフンを落として回ってるだけだから!(←すげーこと言う百合ちゃん)

全くあんたのじいちゃんはどういう育て方したのよ!このままじゃ、あんたが負け組になるってわかってんのかなあ?

あんたが今やってることなんて全部無駄だから!

あんたの島に橋なんてどうせかかりゃしないから!

あんたこそここは自分の居場所じゃないから、荷物まとめてとっとと島に帰ったら!?」

これにはサクラもさすがに怒る!!

サクラ「ブス!ブスブスブス!」

百合「ちょっと誰に向かって言ってんのよ?」

サクラ(本当は方言だったけど、難しいので標準語で書きます)「さっきから偉そうに人の批判ばっかしてっけど、結局現実から逃げてるだけ。今のあんただったら、結婚したっていい奥さんのふりしながら、結局ここも自分の居場所じゃないってぐちぐち言い出すに決まってる。

じいちゃんが言ってた。

種を撒かなきゃは一生花は咲かない。

あんたみたいに幸せの種もまかないで花が咲くのを待ってたって無理に決まってる!

仕事の事だって、女が責任ある仕事を任せてもらえないって言ってるけど、あんたがその努力をしたの?辛いんだったらあんたがこの会社で女性が働きやすい環境を作ればいい!

もう無理して笑うのはやめれば?そのままのあなたでいたらいい。

もし誰にも言えないような毒吐きたくなったら、全部私が聞いてやからよ!あんたそのままだったら、どんどんブスになるだけだ!」

百合「言っとくけど、あんたと私は住む世界が違うの。あんたと同じ空気を吸うのも嫌なの。だから二度と私の前に現れないで!」

このことをじいちゃんにFAXで話すと、

「いい人と出会ったな。

本気で叱ってくれるのが本当の友だ。

彼女と別れるな」

とじいちゃんは言った。

サクラの言葉が百合に届く!

そして、終盤に向けてさらに加速!!

ついに百合の最終出勤日。

サクラが広報部に乗り込んでくる。

百合の上司に

サクラ「この人は安全の道を行って、今までと変わらない毎日を生きようとしています。本当はこのままだと一生同じなんじゃないかって、内心ビクビク怯えているのに」

めちゃくちゃ本心つかれている百合。

サクラ「百合さんは私の友達です。私のことを本気で叱ってくれたし、私の前では無理して笑わないじゃないですか。

私が百合さんを好きなのも、きれいだからじゃなくて百合さんの言葉に嘘がないから、信用できると思ったからです。

この人が味方でいてくれたらどんなに心強いだろうと思ったからです。これから何があっても、私は百合さんの味方でいます。だから私の友達になってくれませんか?」

しかし百合は「誰があんたなんかと…」とサクラが差し出した手を取らなかった。

帰ろうとする百合に同期一人一人から。

葵(真剣佑)「いいよなぁ女は嫌なことがあったらすぐに結婚したらいいんだから。

これからはじゃんじゃん子供作って、嘘っぽいママ友と仲良くして、幸せそうなブログでも書いたら?」

ちゃちゃ
かなり核心をつく葵くん・・・。

蓮太郎(岡山天音)「初めて会った時から好きだった。どうせふられるのわかってたから、どうしても言えなくて。とにかくお幸せに。もう会えないのは寂しいけど」

ちゃちゃ
ムム。これは、けっこう重要な伏線かな?

菊夫(竜星涼)「俺はもうサクラのこと仲間だと思ってるから。あいつがそばにいてくれれば、どんなに辛いことがあっても自分が間違った道を行かない気がするから。」

百合「だから何?私にも仲間になれていたいの?」

菊夫「できれば。だってそしたら、俺も百合ちゃんと仲間になれるから」

ちゃちゃ
この菊夫くんの物腰柔らかい感じ、いいよね~。

そして、最後にサクラからの言葉が、やっと百合に届く!!

サクラ「これから良い友達を作ってください。良い仲間とも出会ってください!

私も百合さんみたいな良い友達を探しますから!」

なぜだか百合は涙が出てきて、結婚をやめて会社に残ることを決意した。

「同期のサクラ」3話の重要な点

  • 菊夫(竜星涼)は2話で助けてもらってから、サクラのことが好きになったらしい。

パンフレットの取材中に「がんばってくださいね、菊夫くん」と言われて、すごくデレデレしている。そもそもサクラは話すときの距離近いからなぁ。

でも、百合に「あんたたちできてんの?」と言われて、サクラがあっさり否定。

しゅーんとする菊夫くん…(笑)

菊夫くんの恋は、この10年の間に実らなかったんだろうなぁ…。

  • 設計部の蓮太郎(岡山天音)が結婚が決まった百合(橋本愛)に「ずっと好きだった」と告白。

そして、もう一つの恋も!

結婚する百合に、最後に蓮太郎が気持ちを伝えていました。

しかし、この直後に百合は結婚を辞めています。

そもそも彼氏が医者だから生活は安泰、という程度で結婚しようとしていたので、全然好きじゃなかったみたい。

現在では、百合は赤ちゃんいるけど、旦那は蓮太郎じゃないかな!?

1話で、結婚指輪してるの、男性陣の中で蓮太郎だけだったんだけど!

「同期のサクラ」4話の予告動画

4話の主役は設計部の土井蓮太郎(岡山天音)。

テーマは

  • コミュ障
  • 一級建築士の試験に落ち続ける。
  • 部内でイジメ
  • 出社拒否…

などなどです。