オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 守谷役は誰かを考察!「シャーロック」3話のパパっとネタバレと感想!

守谷役は誰かを考察!「シャーロック」3話のパパっとネタバレと感想!

「シャーロック」3話のゲストは、伊藤歩さん、岡田義徳さん。

どちらかが騙される人で、どちらかが騙されたふりがうまい人?

月9ドラマ「シャーロック」3話のあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレと感想を書いていきます。

「シャーロック」3話あらすじ

 誉獅子雄(ディーン・フジオカ)若宮潤一(岩田剛典)相手に怪しげな実験をしていると、江藤礼二(佐々木蔵之介)が来た。身元不明の死体を見てきたと上着をバタバタと払う江藤に、若宮は自宅に臭いを移されてはたまらないと注意。江藤は謝りながらもキッチンで手を洗い、そこにあったタオルで手を拭くはで若宮の顔は曇りっぱなし。

シャーロックシャーロック

 獅子雄が殺しかと尋ねると、江藤はつまらない事件だと答えた。しかし、獅子雄は江藤がつまらないと言うと、逆に面白そうだと状況を尋ねる。すると、江藤は渋谷の空き家で、身元不明の老人の死体が発見されたと教えた。獅子雄は空き家であったことに食らいつく。

シャーロックシャーロック

 早速、現場に向かう獅子雄たち。空き家は一等地の邸宅だが、江藤は曰く付きだと話し始める。そこは5年前に巨額の地面師詐欺の舞台になった邸宅。事件後に、詐欺被害に遭った建設会社の社長が邸宅で自殺したため空き家になっているらしい。話を聞いた獅子雄は遺体があった場所を検分。すると、遺体の手に当たる部分に3本の木の枝があることに気づく。江藤は壁にあるリースの枝が落ちたのだろうと言うのだが、獅子雄は枝の折れた断面が新しいと疑った。
 獅子雄たちが遺体安置所で科捜研職員から検死報告を聞いていると、小暮クミコ(山田真歩)が、死体の身元が割れたと報告に来る。死んだのは5年前の地面師詐欺犯人グループの1人だった。そこに、捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)たちが現れて…。

引用:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/story/story_03.html

「シャーロック」3話パパっとネタバレ

引用:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/story/story_03.html

詐欺グループの犯人が殺される

  • 空き家(坂東家)で男が殺された。
  • その空き家は地面師詐欺(土地の持ち主になり済まして、勝手に物件売買をしてお金を騙し取る詐欺)の被害に遭って21億円騙し取られていた。
  • 殺されたのは犯行グループの犯人の1人の吉野。

不動産屋の担当者(岡田義徳)がグル?

  • その事件の不動産屋の担当者の古田(岡田義徳)が詐欺グループの黒である可能性が浮上。
  • 最近坂東家の周辺で目撃情報あり。
  • 最近また13億の契約がまとまりそうで、かなりあやしい。
  • 真相を暴くため、獅子雄(ディーン・フジオカ)が古田の契約に同行する。

黒幕は古田の上司!

  • 昔の事件も今回も、古田の上司が手引きしていた。
  • 今回の契約者である、老婦人とその息子もなりすましだった。

女刑事(伊藤歩)が殺人の犯人!

  • この事件を担当していた捜査2課の女刑事・市川利枝子(伊藤歩)も地面師詐欺の共犯だった。
  • 動機は、この詐欺グループを取り締まっている守屋と言う謎の男に魅せられていたから?
  • 共犯だと吉野に知られバラされそうになったので、殺害した。

謎の男・守屋

  • 獅子雄は、得体の知れない守屋と言う男に惹かれ始めている。
  • 若宮(岩田剛典)は、ちょっとそれが心配。

「シャーロック」3話の伏線と回収

毎回最後に、獅子雄がバーっと序盤で出てきた伏線を回収するのですが、「結局あれって何だったっけ…?」となることがあるので、簡潔にまとめてみます。

  • 殺された吉野は、格闘技経験者に殺された痕跡

→犯人の市川(伊藤歩)は柔道3段。

  • 吉野の遺体のそばに落ちていた折れた小枝は、ダイイングメッセージ?

モールス信号の「ほ」を表していた。(吉野がマグロ漁船の乗組員だったと言う伏線も同時に回収)細川保奈美の「ほ」。吉野が保奈美に渡した手作りの木箱の中に、証拠の写真が隠してあったことを伝えようとした。

  • 山村紅葉の息子役の人が、門を開けるのにてこずっていた。
  • 獅子雄が花を届けた時に、「お孫さんのですかね?」と言ってミニカーを渡す。紅葉は「ありがとう」と言って受け取った。

この家の住人ではないことを見抜いていた。

  • 自分の家の門の開け方がわからない人間はいない。
  • ミニカーを受け取ったときの「ありがとう」が関西のイントネーションだった。(本物は根っからの東京人)
  • そもそもこの家に孫はいない。

  • 古田(岡田義徳)が坂東家の周辺で目撃されていた。
  • 坂東家の庭に、吸い殻じゃなくてタバコの箱が落ちていた。

→坂東社長がヘビースモーカーで、供養のために古田が定期的に置きに来ていた。(古田を怪しく見せるためのミスリードだった)

「シャーロック」3話の感想と考察・守屋役は誰がやる?

1話と2話は完全なる1話完結だったけど、3話目にして初めてラストに次につなげる謎みたいなのを残してきた。守谷という男、これは後々出てくるんだろう。そして獅子雄が興味を持っている。これは最終回につながる大きな話に発展しそう。

俳優さんは誰がやるのか興味津々だけど、かなりカリスマ性のある人を使って欲しいな~。

でも、最終回で突然出てきた人が黒幕とか冷める。

となると、蔵之介?という予想が一般的だが、

原作で言うと、

  • 守谷=モリアーティ教授(ホームズの宿敵でロンドンの凶悪事件の半分に関わってると言われてる犯罪界のナポレオン)
  • 江藤礼二(蔵之介)=レストレード警部

とそれぞれモデルになっているキャラがいるので、これは同一人物と言う事はないと思われる。

そうなってくると、今出ている中で守谷役をやらせるなら、蔵之介の部下の女刑事・小暮クミコ(山田真歩)しかいない。

そういえば若宮が岩ちゃんが「守谷と言う男」と言っていたけど、誰も男とは言っていない。詐欺グループのリーダーだからなんとなく男だろうと言う先入観を持たせるためのミスリードであって、「実は女だった!」で最後みんなびっくりするとかありそう。

でもそんな黒幕役やらせてもらえたら、木下さん大出世だなぁ。

そして原作で言うと、モリアーティ教授とはシャーロックが被っているほとんどの事件に関わっている。

ドラマでは3話から登場の守谷だけど、実は1話と2話にも関わっているんじゃないかな?

そうなると、2話で線路に転落したのが最後「自殺じゃなかった」と言う意味のわからないセリフを持ってきたことに大きな意味が出てくる!

最後に意味もなくモヤモヤさせるのやめてくれよ~と思ったけど、めちゃくちゃ意味あったんじゃん!これはかなり面白くなってきた~!