オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 桑野がキャラ変しすぎ?「まだ結婚できない男」2話パパっとネタバレと感想!

桑野がキャラ変しすぎ?「まだ結婚できない男」2話パパっとネタバレと感想!

桑野がキャラ変!?婚活アプリで結婚にがっつく?

「まだ結婚できない男」2話のあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ!を書いていきます。

「まだ結婚できない男」2話のパパっとネタバレ!

桑野(阿部寛)が婚活アプリに登録

英治(塚本高史)アシスタントの詩織(奈緒)たちが面白がって婚活アプリに桑野(阿部寛)のプロフィールを登録。最初は登録削除しようとしていたが、たくさんの女性からメールが来て、その中でもスタイルのいいヨガインストラクターの女性に興味を持ち、会うことにした。

桑野が警察に連行!?

英治たちは面白がってその現場を覗き見しに行く。桑野が突然警察に連れていかれる。(最近起きているお見合い相手のふりをして、お見合いにやってきた女性を連れ出し、いかがわしいことをする事件の犯人と間違われた。)

ヨガインストラクターは婚活アプリで別の男性と結婚し結婚が決まり、桑野は失恋

隣人・早紀(深川麻衣)は女優

桑野の隣人・戸波早紀(深川麻衣)は、女優を目指している。しかし役を降ろされ、傷ついて道端で号泣。桑野が気になっていたペットショップのパグを買って帰る。

ハロウィン

パグが売れてしまっていたことに少し落ち込み、家に帰った桑野。宅配便が届いていた。中身はハロウィンの仮装の衣装。英治たちにハロウィンパーティーに一緒に行こうと誘われていたが、部屋で1人本格的な仮装をして満足していた。

「まだ結婚できない男」2話の感想

桑野のキャラ変にやっぱり違和感…。なんでこんなに結婚したがっているの?女性に対しても興味持ちすぎじゃないですかね?

前作では、周りが桑野に対して「結婚、結婚」と言うだけで、桑野は本当に結婚にはメリットを感じていなかったし、1人でも楽しめる世界をたくさん持っていた。(仕事への情熱とか、部屋で1人クラシックを聞いたり、好きなステーキを食べたり、クラシックを聴く時はお気に入りの牛乳を飲んだり)

今の桑野は結婚したいんだけどできない、だから「結婚なんて別にしたくない」と強がっている50過ぎの男、って感じじゃないですか?

あとは女優さんたちがみんなちょっと大人しめすぎかな。国仲涼子さんとか、リアクションオーバーで、ほぼ顔芸に近かった(笑)

稲森いずみさんはあのふんわりしたキャラでいいと思うけど、それに対する吉田羊さんや国仲涼子ポジの隣人役の深川麻衣さんがもっとギャーギャー元気のある感じのキャラクターにしたらよかったのに。

桑野の姪っ子の平祐奈さんもクールな役だし、全員が全員クールで落ち着いてたらメリハリがないんだよなぁ。

ちょっと辛口評価すぎますが、やっぱり前作が好きだっただけにね。厳しく観ちゃいますよ…。

前作でもウキウキ服を選ぶシーンはあったんだけど、その時は机の上に整然とシャツをたたんだ状態で並べてた。今回床に脱ぎ散らかしたシャツが散乱していて、桑野のキャラが再現されていないように感じる。

前作では「独身の唯一のデメリットは宅配便が受け取れないこと」と言って会社に荷物を届けてもらっていたけど、時代が進化してマンションに宅配ロッカー完備になったんですね。時代が変わって前作との違いがあるのは、逆に比較して見ていると面白い。

あと国仲涼子さんの時から思っていたけど、桑野の住んでいるマンションは高級マンションのはずなのに、なんで隣の部屋の声があんなに筒抜けなんだろう?