オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 「シャーロック」2話のパパっとネタバレと感想!菅野美穂の悪女復活!

「シャーロック」2話のパパっとネタバレと感想!菅野美穂の悪女復活!

「シャーロック」2話のゲストは菅野美穂さん!菅野美穂さんってかわいいのに、なぜかすんごい悪女役がハマっちゃうんですよね~!今回は、ものすごい冷たい表情に悪女・菅野美穂復活!って感じでした~!

月9ドラマ「シャーロック」2話のあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレと感想を書いていきます。

「シャーロック」2話あらすじ

事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、ある事件で、重要参考人として知り合い、その後、職無しとなった若宮潤一(岩田剛典)のマンションに勝手に移り住んだ。翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔する若宮。そんなところに、獅子雄のスマートフォンが着信する。相手は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)だ。新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。だが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

シャーロックシャーロック

 遺体安置室で女性の遺体と対面する獅子雄。若宮も無理矢理連れてこられている。江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定するのだが…。その傍らで、獅子雄は小暮クミコ(山田真歩)にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始める。遺体の手首には“0314”と番号が貼られている。遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であると指摘。高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とは?

シャーロックシャーロック

 こうして“成り代わり”遺体の謎を追うこととなった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始める。婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させるが…。

引用:「シャーロック」公式サイト

「シャーロック」2話パパっとネタバレ!

出典:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/story/story_02.html

遺体は替え玉

高橋博美という女性が電車に飛び込み自殺した。しかし、この遺体は全くの別人で、実在する”高橋博美”という人物に成り代わっていた。成り代わりが行われたのは、去年の4月。

 

菅野美穂が嘘つき弁護士!

高橋博美は、弁護士の青木藍子(菅野美穂)の依頼人だった(不倫で訴えられた)。これは本物の高橋博美。

しかし、藍子は偽高橋博美の写真を見て、「自分の依頼人だ」と嘘をついた。

夫婦殺害事件

長男が両親を殺害した事件。妹・山下佐和子(三浦透子)はマスコミに追いかけられ、失踪した。

その妹が、偽高橋博美だったのだ…!!

弁護している中で、何もしていないのに犯罪者のように扱われる佐和子の苦悩を見てきて、藍子が高橋博美の戸籍を与えたのだった!

本物の高橋博美は死んでいた!

本物の高橋博美は1年半前に死んでいた。死因は頭部外傷で遺体が山中に埋まっていたことから他殺確定。

殺したのは藍子。

せっかく藍子が助けてあげたのに、本物高橋博美は全く反省していなかった。

さらに

「優しい顔して、人の不幸を笑いたいだけ。偽善者じゃん。偽物じゃん」

と言われ、理性が抑えられなくなり殺害。

殺害現場は、藍子の事務所の部屋。鈍器は飾ってあった置物。

藍子は、最初に獅子雄に「高橋博美さんと最後に会ったのはいつ?」と聞かれた時、その置物に視線が行ってしまっていた。

獅子雄曰く「人は危機に瀕した時、無意識に一番大切なものを見る」らしい。

自己破産

藍子の事務所のアルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)のことが、若宮(岩田剛典)はタイプ。美沙にデートに誘われ、ルンルンでデート。

美沙が言いたかったのは、偽高橋博美の写真について。

本物高橋博美も偽高橋博美も事務所の依頼人と、依頼人の妹なので、当然美沙は両方知っているため、そこで入れ替わりに気付いた。

「確かめたいことがあるから、明日言う」と言って、その時は言わなかった。

ちゃちゃ
秘密を「後で言う」って言ったら、絶対殺されるフラグ…!

美沙は藍子に真相を確かめる。

藍子は「誰のおかげで今のあなたがあると思ってんのよ~!?」と美沙を脅す。

美沙は昔、買い物に来るって自己破産したことがあり、藍子に救われていた。

ちゃちゃ
ひぇ~!怖い菅野美穂出てきた~!美沙が殺されちゃう…!( ゚Д゚)

藍子の過去

獅子雄(ディーンフジオカ)と若宮(岩田剛典)が踏み込み、美沙は無事だった。

藍子はシングルマザー家庭で育った。藍子が高校の時、奨学金で留学するための試験を終えて家に帰ると、母親は自殺していた。試験は合格し、母に背中を押されたつもりで留学し、「一人でも困っている人を助けたい」と弁護士になった。

藍子は、本当は母親が自殺しそうなことに気付いていたが、放置していた。罪悪感を消すために、一人でも多くの人を救おうとしてきた。

「虫けらでも助ければ、少しは救われると思ってたけど、知らない?虫けらって人に甘い顔されたら、最後まで蜜を吸いつくす害虫になるの

それは母のことであり、本物高橋博美のこと。

菅野美穂は最後まで悪女!

藍子が連行されるとき、美沙は

「きっと佐和子さんは、自殺じゃなかったと思います!”これからもがんばる”って言ってたから!」

と藍子を励まそうとする。

美沙のところまでツカツカと戻ってきた藍子は、無表情で

「だから何?」

ちゃちゃ
悪女・菅野美穂は最後まで悪女だった…!

「シャーロック」2話の感想

菅野美穂の久しぶりの悪女「ニヤリ」がすごくいい!

菅野美穂さんの久々の演技。真骨頂を見た!といった感じでした!本当に菅野美穂さんの悪女役はすごくうまい!バラエティーでの天真爛漫な雰囲気とはまるで別人!

「ニヤリ」と口元だけ笑うあの表情ね!

そういえば菅野美穂さんと岩ちゃんは「砂の道~知りすぎた隣人」で共演してたんでしたね!あの時の菅野美穂さんは、かわいいけど頼りない母親って感じでちょっと見ててイライラした。やっぱりこれくらい突き抜けた悪女の方が見ててスカっとしますね!

菅野美穂さんの悪女と言えば、かなり大昔だけど「恋の奇跡」で葉月里緒奈さんを蹴落として萩原聖人さんを奪い取ったり、「愛をください」(「ZOO」という主題歌も歌ってた)で保育士やりながら園児の父親をたぶらかしたりってのも、衝撃的に悪女だった。

「ギルティー」も悪女なんだけど切なくてよかった。

自殺じゃないなら結局佐和子はなぜ死んだ?

最後ちょっとわからなかったのが、佐和子が自殺じゃなかったらなんで死んだの?

誤って転落しただけ?最初のシーンで線路を見ながら笑ってたから、自殺なのになんであんな希望ある表情で笑ってたの?と違和感は確かにあったんだけど。

最後、視聴者をもやっとさせるだけで終わりって言うのはやめて欲しい。この真相が他の話に続いていて、そこでスカっとさせてくれるんなら面白い!

あとお母さんのくだりももうちょっと丁寧に描いてくれたらよかった。「蜜を吸いつくす害虫になった」とまで娘に言われたんだから、けっこうな毒親だったのか?そこらへんが描かれていれば、藍子にもっと同情できたし物語が深くなったと思う。