オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 克喜の父親は誰?「ニッポンノワール」1話パパッとネタバレと感想!

克喜の父親は誰?「ニッポンノワール」1話パパッとネタバレと感想!

「あな番」の枠に、また考察系ドラマが始まる!

絶対このドラマ面白そう!謎が謎を呼ぶ超規格外刑事ドラマ!?

同じくこの枠で放送された「今日俺」がもう1年前!

ブレイクが続く賀来賢人が主演のドラマ「ニッポンノワール〜刑事Yの反乱〜」1話のあらすじが簡潔にわかるパパッとネタバレと感想を書いていきます!

 

「ニッポンノワール」は「3年A組」から半年後の世界のお話!

いろいろなところで、「3A」と繋がっていて面白いですよ!

 

「3年A組」を見返したい人はHuluで!

↓ ↓ ↓

Huluで「3年A組」を見る

 

Huluのわかりやすさは、とにかくシンプルさ!

加入したら、Hulu内の全ての作品が見放題です!

(他の動画配信サービスは、「これは見放題作品」「こっちはポイント使って買わないと見られないレンタル作品だった…!」とかあるんですよ…)

月933円(税抜き)ですが、まずは2週間無料お試しトライアルで!

 

もちろん今放送中の「ニッポンノワール」の見逃し配信も追加料金なしで見られますよ!

Huluで「ニッポンノワール」を見る

 

「ニッポンノワール〜刑事Yの反乱〜」1話のあらすじ

生い茂る木々。風が吹きすさぶ森。その中にある一軒の山小屋。
うっすらと瞼を開けた男、遊佐清春(賀来賢人)。
彼の目に最初に飛び込んできたのは一人の女性刑事:碓氷薫(広末涼子)の亡骸――。
そして、自分の右手には拳銃が握られていた。確実に自分が彼女を殺したこの状況。
しかし、清春はなぜかここ数ヶ月の記憶が綺麗に吹き飛んだようになくなっていた。
「笑えねぇ」
焦りや焦燥よりも、苛立ちが先にきた。
自分に薫を殺す理由も道理もない。だが、記憶を失った以上その可能性は拭いきれない。
俺が殺したのか……、それとも何者かにハメられたのか……。
清春はこのままだと自分が疑われるに違いない証拠の数々を綺麗に消し山小屋を後にする。
だがすぐに警察からのお呼びがかかる清春。殺人事件の現場招集として、今度は「刑事」として先ほどまでいたあの山小屋へ向かうこととなる。
薫が死亡したのは2日前。その間無断欠勤をしていた清春は、「警視庁のガン」とも称される前評判も相まって薫殺害の疑いの目を捜査員一同から向けられることに。
そんな中、清春は捜査一課長の南武(北村一輝)から薫の一人息子:碓氷克喜(田野井健)の世話をするように言われる。この出会いが、大きな運命の始まりとは未だ知らず……。
そして、薫殺害事件の捜査はやがて薫が死の直前に追いかけていた「十億円強奪事件」と
繋がりを持っていくこととなる。既に解決済みとされていたこの「十億円強奪事件」には、実は警察関係者が犯行に関与していた疑いがあり、その捜査中に薫は命を失ったのだという……。キナ臭すぎる二つの事件。もしも罪を犯した警察関係者の人間が薫を殺害したのだとしたら……。
この瞬間、清春も含め、すべての人間が今回の事件の容疑者となる―――。

薫殺害の犯人は誰か―――。
なぜ、薫は殺されてしまったのか―――。
薫が追いかけた「十億円強奪事件」との関連は―――。
9歳の息子:克喜が握る母の死の真相の鍵とは―――。
そして、清春の記憶喪失の原因は―――。

疑いが加速し、裏切りが止まらない、アンストッパブル・ミステリー…ここに開幕。
類い希なるキャラクターの数々。次々に動き、化かし続ける謎の連鎖。
一度見たら、誰かと話さずにはいられない。異色異端の「刑事ドラマ」、始まる。

引用:公式サイトより

「ニッポンノワール〜刑事Yの反乱〜」1話のパパッとネタバレ!

清春(賀来賢人)が薫(広末涼子)を殺した?

遊佐清春(賀来賢人)が山小屋で目を覚ますと、碓氷薫(広末涼子)が死んでいた。

清春の手には拳銃。

清春は刑事で、薫は清春の上司だった刑事、捜査一課班長。3か月前に異動してきた。清春は3か月前から記憶がない。

ちゃちゃ
薫を殺したのは清春?同僚の刑事たちも疑っているようですが・・・。

薫の息子が相棒に!

薫はシングルマザーだったため、薫の一人息子の克喜(多野井健)を清春が面倒をみることになった。愛する母を殺した犯人を知るため、克喜は薫と行動を共にすることに。

ちゃちゃ
薫が殺されたことに、克喜も関わっている可能性もあり・・・!?

10億円強盗事件

薫は先月起きた10億円強盗事件を追っていた。薫が犯人の一人を特定して、アジトに踏み込んだ。犯人4名はすでに死亡していた。仲間割れによる殺し合いと見られ、被疑者死亡で事件は一応解決。

しかし、10億円のありかは不明。

実は、事件にはもう一人の黒幕がいたが、死んだ犯人のうちの誰かが10億円をどこかに隠し、黒幕も10億円をまだ手にしていないと薫は推察していた。

ちゃちゃ
黒幕がそのありかを薫から聞こうとして、薫を殺した?そしてその黒幕は、警察関係者というのがお決まりですよね!?

工藤阿須加がいきなり裏切り者!

名越時生(工藤阿須加)は、薫のことが好きだった。復讐のため、清春を犯人に仕立て上げようとし、しかも清春を殺そうとする。

時生は薫を殺したのは清春だと信じ込んでいる。

ちゃちゃ
そう吹き込んだのは、捜査一課理事官の本城諭(篠井英介)だというから、本城もなんか怪しい。

清春が不良刑事設定の理由

清春は、子供の頃から父親に「お前を産んだせいで母さんは死んだ!お前は生まれながらの人殺しだ!家畜だ!」と言われ続け虐待を受けてきた。

清春が10億円事件の関係者!?

清春の部屋に、なぜか10億円事件で使用された銃があった!そして、「銀行襲撃案」も一緒に。

「もしかして、俺が10億円事件の共犯者なのか!?」

記憶を失くしている清春には何が何だかわからない。(視聴者も何が何だかわからない・・・)

その時、理事官の本城率いる警察集団が、清春の部屋を包囲していた!

ちゃちゃ
普通に考えると、清春を犯人にしようとしている本城が一番怪しいと思うんだけど、1話からそんなわかりやすいことしないよね・・?

「ニッポンノワール〜刑事Yの反乱〜」1話の感想

普通に篠井英介が怪しい?

なんかまだ何が何だか全然わからないけど、とりあえず10億円事件が鍵となっていて、その犯人を清春に仕立て上げようと、清春をハメようとしている人間がいるってことで良さそうですね?

だから清春が謎の記憶喪失になっているのも、偶然ではなくて、その清春をハメようといている人間の仕業である可能性が高いと。

それが警察関係者っぽいということだから、普通に考えると理事官の篠井英介さんなんだけどなぁ。

娘役の佐久間由衣さんに「あの件ならなんとかなりそうだ」と電話していたのも気になる。

でも、娘のために何かを隠蔽しようとしているだけで、そんなに大きな話ではないのかも。

エンディングで広末は誰と電話していたの?

エンディングで薫(広末涼子)が誰かと電話していたけど、これもヒントとなっているのでしょう!

顔からすると、相手は息子?と思うけど、息子は自分は可愛がられていないと勘違いしていたんだよね。こんなに長く仕事中から電話かけてきてくれるお母さんだったら、自分に対して愛がないなんて思わないよなぁ。

最後、薫は泣いていたけど、何を話していたんだろう!?

克喜は清春の息子だったりして!?

薫は「未婚の母」ということで、父親がだれかは今のところ不明。

薫が警察学校の教官を務めていた時に、「誰が落とせるか」という賭けをしていて、清春が「薫と寝た」と言い張っていたとか。

現在の清春は「そんなわけねえだろ」と当時嘘を言っていただけと言っていたが、今の清春は記憶喪失なので本当のところはわからない。

もしかして薫と体の関係があったのは本当で、克喜はその時にできた子供だったりして?

薫が警察学校の共感だった時っていつの話だったか、時系列聞きそびれたかな、言ってたかな・・?

克喜が小学校4年生だから、時系列わかればかなり信憑生は高まるかも!