オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 【写真つき】「まだ結婚できない男」続投キャストとキャスト変更を徹底比較!登場人物相関図も!

【写真つき】「まだ結婚できない男」続投キャストとキャスト変更を徹底比較!登場人物相関図も!

 2006年放送の「結婚できない男」の登場人物と、2019年に復活した続編「まだ結婚できない男」のキャスト比較です。

続投キャストと、新たに加わった新キャスト、キャスト変更等についてまとめています。

わかる範囲で登場人物の年齢についても調査しました!

「結婚できない男」2006からの続投キャスト(登場人物)

登場人物キャスト

2006年 2019年

桑野信介(阿部寛)

40歳

偏屈で変わり者、理想にこだわるタイプ。とてもきれい好きで部屋はピカピカに掃除する。自分の部屋はわずらわしい人間関係から解放される”聖域”なので、誰も入れない主義。

結婚に対する考え方は、「妻と子供と住宅ローンの三大不良債権を背負わされる」「百害あって一利なし」とかなりネガティブ。

口下手でいつも余計なことを言って相手を怒らせてしまうが、言っていることに芯は通っているところが多い。

「家の真ん中にキッチンがあること」を絶対的なこだわりとしており、アイランドキッチンを推奨している。(たぶん13年前だったら、アイランドキッチン流行り始めの頃)

いつも行くコンビニでは必ず「スプーン入りますか?ポイントカードお持ちですか?」と聞かれることをわずらわしく思っているが、決してポイントカードを持たない。

変わらず偏屈。一人をこよなく愛する。

しかし、13年前よりは初対面の人にも興味を示すようになっているように感じられる。

まどか(吉田羊)の裁判を傍聴しに行ったり、有希江のカフェに誘われてすぐに行ったり。前の桑野ならしなかったと思う。

村上英治(塚本高史)

写真は待ってね…!

ちょっと生意気なところもあるが、人懐っこくて年上から可愛がられるタイプ。

桑野のところに来てからはまだ3年で、年収は200万円。クーポンはいつも持っている。(この頃は紙のクーポン)

最初は「仕事を盗んだら、他に行く」と思っていた。

たびたび桑野から「クビ」とも取れる発言を言い渡されるが、仕事に対して桑野のことをとても尊敬しているため、離れて行かなかった。

みちるの2個年下。26歳?

桑野のアシスタント→共同経営者に!

一級建築士になった!

でもまだまだ桑野を頼っている部分もある。

着るシャツの色が昔はカラフルだったが、だいぶ落ち着いた色になった。

中川良雄(尾美としのり)

桑野の妹の圭子の旦那であり、桑野の旧友。中川病院の副院長。

しかし小遣い制のため、自由に使えるお金は少ない。キャバ嬢と浮気をすることを「クラブ活動」と呼んでいる。桑野もその事は知っていて、圭子には内緒にしてくれている。

中川の浮気がバレそうになったのをごまかした縁で、相手のキャバ嬢と桑野の恋に発展しそうになったことがある。

院長に昇格。

娘が大きくなったことと、桑野の母親と同居することになったことで、女3人に囲まれ小さくなって暮らしている。

桑野の唯一の良き理解者であり、中川自身も桑野が愚痴を言える唯一の相手である。

中川圭子(三浦理恵子)

桑野の妹。健康志向で料理上手。

「結婚したら月に1度は家族でお出かけすること」と条件をつけて結婚したり、きっちりと手綱を握るしっかり者の妻。

相変わらず旦那を知りにしている。

母親の圭子が強く望んでいた。

桑野育代(草笛光子)

桑野の母親。いつも桑野の結婚を心配している。

一人暮らし。嫁に行った圭子のところにお世話になるわけにはいかないと気丈に振る舞い、もっと年を取ったら「老人ホームに入る」と言っている。

圭子の家にかなり頻繁に出入りしているようだが、同居はしていない。

桑野の結婚については相変わらず心配しているが、13年前のように無理矢理お嫁さん候補を探そうという熱はもうない。

写真待ってね…!

棟梁

桑野とずっと仕事をしてきている大工。

現場ではいつも桑野と喧嘩している。

頭の”すべり芸”は13年前から。

「結婚できない男2006」→「まだ結婚できない男2019」でのキャスト変更

桑野の姪っ子役は、キャスト変更となっている。

13年経っているのだから、この子役がちょうどいい年齢になっているはずだが、平祐奈に変更。

子役だった平岡映美ちゃんは芸能活動は続けているが、2010年のドラマ出演を最後に女優業はしていないようなので、子役から芽が出なかったか。

平祐奈を起用したのだから、今回はそれなりにゆみの出番もありそう。

中川ゆみ(平岡映美)

一人暮らしの食生活を心配して、桑野はたびたび中川家の食事に招待されていたが

「おじちゃん、なんでいるの?」

と失礼なことを言ったり、

「おばあちゃん好き?」

と母親に聞かれると、

「好き!お小遣いくれるから!」

と答えたりと、無邪気ではあるが、

少々可愛げのないところがある子供だった。

しかしストーリーに影響が出るほど、ピックアップされる回はなかった。

年頃だからか、かなりクールで、愛想がない。

家族の中で一番桑野に似ているらしい。

「結婚できない男2006」で言うと誰のポジション?「まだ結婚できない男2019」の新キャスト紹介!

続編から新しく加わったキャストについてご紹介します!

以前の登場人物で言うと、誰のポジションに当たるのかということも書いていきます。

2006「結婚できない男」   2019「まだ結婚できない男」
早坂夏美(夏川結衣)   吉山まどか(吉田羊)

桑野の恋の相手。女医。アラフォー。(38歳くらい?)

いつも桑野とは仲良く痴話げんかしている。

 

今のところ、吉田羊か稲森いずみのどちらが桑野の相手かはわからないが、キャラ的に言って、夏美ポジは吉田羊の方だろう。

弁護士。気が強い。40歳は越えている。

 

岡野有希江(稲森いずみ)

前作にはいないキャラ!  
   

まどかの依頼人。離婚裁判で離婚した。カフェの雇われ店員。

ふんわり守ってあげたい系の癒し系。

前作は桑野と夏美の1対1だったが、今回はまどかと有希江との三角関係になるか?

田村みちる(国仲涼子)   (深川麻衣)

確か28歳って言ってた気がする。

桑野のマンションの隣の部屋に住んでいる。叔父が海外出張の間だけという約束で、安く住まわせてもらっている。

「どっかにいい男いないかな~」が口癖。

ざっくばらんな性格で、無邪気で人懐っこい。

夏美に対して、失礼な発言も多いが、本人に悪気はないため、夏美も許している。

「(下着を)誰に見せるわけでもなくても気を使うんですね~」

夏美が知らないコスメに対ついて「若い子の間で流行ってるんですよ」

夏美が今まで痴漢にあったことがないと言うと「その年まであったことがなければもう安心ですね。いいなー!」

など。

桑野のことを「桑野さんと結婚する女性なんているんですかね!?」と言っていたが、最終回前に桑野のことを好きになる。

 

 桑野の隣の部屋に引っ越してきた。

まだ謎が多い。

ケンちゃん(こつぶ)

 

 

桑野がペットショップで見つめ合っていたパグは、これから出てくる?

みちるの愛犬のパグ。

「ケン」という名前は、みちるの元カレの名前で、別れた直後に寂しさを紛らわせるために飼い始めて、同じ名前をつけた。

みちるの入院中に桑野に預かってもらい、心が通じ合い、それから会うとアイコンタクトで会話をする仲。

   
沢崎摩耶(高島礼子)    
   

桑野の仕事のパートナー。(住宅コーディネーターで、お客様の要望を聞いて、最適な建築家を紹介する)

桑野のことを好きだったが、桑野の思いを知って仕事上だけのパートナーに徹する。

   

吉川沙織(さくら)

  森山桜子(咲妃みゆ)

英治の彼女。英治が浮気性なため、いつも気が抜けない。

英治とは付き合って半年。

沢崎の事務所で働いている。

 

住宅プロデュース会社の社員。

まだ彼女というわけではないが、一応英治が狙っているらしいので、沙織ポジに入れておく。

桑野のことが苦手。

西村千鶴(SHEILA)    
   
みちるの友達で同僚。    
金田(高知東生) やっくん
桑野がライバル視している建築家。桑野はいつも金田のHPをチェックしては、文句を言っている。  

桑野がいつもエゴサでチェックしているブログの管理人。

ブログの中で桑野をディスってばかりいる。

   

横田詩織(奈緒)

   

   

桑野の事務所のアシスタント。

明るくて、たぶん今回は普通の子の役。

「あな番」での印象が強烈すぎるので、こんな脇役に?と思ってしまう。桑野の隣人役をこの子にやらせたほうが良かったのでは?

   

丸山裕太(荒井敦史)

   

    桑野の事務所のアシスタント。
    沢村映子(阿南敦子)
   
    桑野の事務所の経理担当。
    山下香織(小野寺ずる)
   
    まどかの法律事務所のアシスタント。
    太田留美(美音)
   
    有希江のカフェの店員。