オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 「4分間のマリーゴールド」タイトルの意味は?考察!

「4分間のマリーゴールド」タイトルの意味は?考察!

ドラマ「4分間のマリーゴールド」のタイトルの意味って何なんだろう?と調査・考察してみました!

”4分間”の意味

ちゃちゃ
こちらは公式サイトで説明がありました!

救命における生死を分かつタイムリミットは“4分間”と言われている。人間は呼吸が停止してからすぐに心肺蘇生を行わなければ、命が助かる可能性は2分で90%、3分で75%、4分で50%、5分で25%…と、分刻みに低下していく。そのため、呼吸が停止してからの4分間が救急救命士にとっての正念場であり、本作の主人公・みことにとっても、人の命を救えるかを左右する重要な時間である。

引用:https://www.tbs.co.jp/4mari/intro/

”マリーゴールド”の意味

ちゃちゃ

ドラマに花が出てくるときは、たいてい”花言葉”が関係していますよね!

土ドラ「リカ」も花言葉がキーになってるっぽいし!

マリーゴールドの花言葉

マリーゴールドの花言葉→「悲しみ」「変らぬ愛」。

黄色のマリーゴールドの花言葉→「健康」。

オレンジのマリーゴールドの花言葉は「予言」。

ドラマでモチーフとなっているはオレンジのマリーゴールドっぽいですね。

出典:https://www.tbs.co.jp/4mari/

公式サイト全体のカラーもオレンジですし。

みことの能力が、いわば”予言”なので、単純にそのことを指しているのかもしれませんね。

「4分間のマリーゴールド」のタイトルの意味考察

ちゃちゃ
ここからは私の考察です!

  • 4分間→救命士にとって”大事な時間”
  • マリーゴールド→沙羅の好きな花という設定

つまり、マリーゴールドは沙羅そのものを指していて、

  • 沙羅との残された大事な時間を、主人公・みことがどう過ごすか?
  • または、沙羅を救うための1年間という大事な時間に、みことが何をできるか?

ということを描くドラマなんじゃないかな~と思います。

そして、予言に打ち勝つ!!

みたいな。

原作読んでないので、この先の展開、最終回で何が描かれるのか(沙羅の死をもって最終回なのか、運命を変えられた!という最終回なのか)は、全然わかりませんが~。