オススメ記事!黒幕犯人はやっぱり黒島!「あなたの番です」最終回!伏線は全て回収しきれたのか!? 「パーフェクトワールド」4話あらすじとパパっとネタバレ感想!晴人(松村北斗)が本気の恋に落ちる!

「パーフェクトワールド」4話あらすじとパパっとネタバレ感想!晴人(松村北斗)が本気の恋に落ちる!

「パーフェクトワールド」4話では、晴人の感情が爆発!

その理由はレンタル彼女のしおりに本気になっちゃったから…。

切ない晴人くんの恋も気になるし、尽くしすぎるつぐみも心配で…。

ドラマのラストに流れる主題歌の「まちがいさがし」がとってもいいですよね!

米津玄師さんの作詞作曲だから曲がいいのは間違いないし、菅田将暉さんの歌声がまた合っていてとてもいいです!

ハマリすぎてダウンロードしちゃいました!

music.jpなら初回無料登録でもらえるポイントを使って、全くお金がかからず取れちゃいましたよ!

菅田将暉「まちがいさがし」はmusic.jpで視聴できます! 

ドラマ「パーフェクトワールド」4話のパパっとネタバレや感想を書いています。

「パーフェクトワールド」3話あらすじとパパっとネタバレ感想!やっぱり”できない”切なすぎるプラトニックラブ

「パーフェクトワールド」5話あらすじネタバレ感想!菅田将暉の主題歌「まちがいさがし」の歌詞の意味をすべて回収したストーリーだった!

「パーフェクトワールド」はすでに映画化されています!

いっくん役は岩田剛典さん、つぐみちゃんは杉咲花ちゃんです!

U-NEXTの初回登録31日間無料キャンペーンなら、初回無料な上に600ポイントもらえるので、「パーフェクトワールド」(540ポイント必要)も無料で見れちゃいます!

映画「パーフェクトワールド」を見る
映画「パーフェクトワールド」を見る

有賀リエさんの原作漫画「パーフェクトワールド」は電子書籍で読めます!

U-NEXTで「パーフェクトワールド」の電子書籍も読める!

U-NEXTでは「パーフェクトワールド」の電子書籍も読める!

U-NEXTへの登録で映画も漫画も両方見れちゃうなんてお得です!(漫画は1冊108ポイントかかります。登録継続すれば毎月1200ポイントももらえるので、月に11冊も読めちゃいます!

「パーフェクトワールド」4話のあらすじが10秒でわかるパパっとネタバレ!

  • つぐみ(山本美月)は介護の資格を取るため、樹(松坂桃李)には内緒でセミナーに通い始めた。毎日深夜まで勉強し、体力は限界に。
  • 樹は幻肢痛に悩まされていたが、つぐみには話しておらず、長沢(中村ゆり)を頼っていた。
  • 長沢はやはり離婚しているらしく、樹の介護のために樹と同じマンションに引っ越してこようと考えている。
  • 晴人(松村北斗)はしおり(岡崎紗絵)に本気になってしまった。しおりも晴人とは気が合うと感じているが、姉が障害者と付き合っていて親の反対にあっていることを話し、誠意をもって「気持ちには応えられない」と告げる。

パーフェクトワールド4話ネタバレ1 樹(松坂桃李)を苦しめる幻肢痛

最近、樹は足の痛みに苦しまされていた。足の感覚がないのに足に痛みを感じるというのもおかしな話だが、これは幻肢痛と言って、

脳はまだ足があると思って信号を出す

→足は動かない。

→脳が異常だと思って痛みを感じるように信号を出す

という症状が起こってしまうのだ。

樹は心配かけたくなくてつぐみには話しておらず、長沢のことを頼っていた。ある夜どうしても足が痛くて眠れなくて、薬をもらうために長沢を呼び出したりもした。

しかし、渡辺(木村祐一)から聞いてつぐみも幻肢痛のことを知ることになる。

色々と調べて、最先端の幻肢痛の治療法があることを知り、樹と一緒に見学しに行った。

パーフェクトワールド4話ネタバレ2 晴人の恋

晴人は階段から転落して足を怪我してしまい、しばらくの間義足を使えなくなってしまった。

しかし義足をつけないで歩いていたら明らかに足がないことが周りにバレてしまい引かれてしまうことが嫌な晴人。

晴人は再びレンタル彼女でしおり(岡崎紗絵)を指名した。この前のデートの最後に義足ということがばれてしまいドン引きされたが、どうやら晴人はしおりに本気になってしまったみたい…。

ある日、しおりが他のおじさんとデートしているのを見た晴人は、カラオケ店まであとをつけて襲われそうになったしおりを助けた。

実のところ、しおりも晴人のことをちょっといいなとは思っていたようだが、姉の彼氏が障害者で親がマジギレしたことを話し、「一緒にいて楽しいし気が合うと思う。だけどあなたとは付き合えない。ごめんね」と言って晴人の頬にキスをして去っていった。

ちゃちゃ
別れ際にこんなことされたら、もっと諦められなくなるじゃんかぁ~~!

障がい者であるために、自分の恋はどうにもすることができない…。

そんな思いから、晴人は仕事に対しても投げやりになってしまい、建築士の試験を受けないと言い出し、渡辺と口論になってしまう。

そもそも渡辺は障害を負った晴人にコンプレックスを持って生きて欲しくなくて、バリアフリー専門の建築事務所を作ったのだ。(そうだったんだ…!)

しかし晴人は

「障害を乗り越えるとか受け入れるとか、そんなのは何年かかったって無理なんだよ!みんな平気な顔しているけど、本当は平気な”ふり”しているだけなんだ!」

と感情が爆発してしまう。

そんな晴人に樹は

「自分だって障害者で良かったなんて思ったことは一度もない。

でも、何か一つでも人の役に立ってるって、そう思えれば、腐らずに生きていける。お前にもそういう風に感じて欲しい。そのための努力はすべきなんじゃないか?」

と優しく諭す。

晴人は渡辺に対して「いっくんのことだって障害者枠で雇ってるだけなんだろう?」という暴言を吐いたが、渡辺は「それは断じて違う。鮎川の実力を見込んでのことだ」と言ってくれた。

樹の言葉に素直になれた晴人。ちゃんと暴言については謝れてよかった…。

パーフェクトワールド4話ネタバレ3 長沢(中村ゆり)は離婚していた!?

なるべくつぐみとは会わない時間に、長沢が来てくれることになってはいたが、駐車場でつぐみと長沢が鉢合わせしてしまった。

そこで、長沢は夜中に幻肢痛のことで樹に呼び出されたことをつぐみに話す。これは意地悪で言ったわけではなくて、樹から聞いているものと思っていたようだが、それを知らなかったつぐみとしては、自分は頼られていない、しかもライバルの長沢よりも…!と感じてしまう。

しかも、長沢は

「何かあった時にすぐに駆け付けられるから、このマンションに空きが出たら引っ越してこようと思ってるの」

と言い出す…( ゚Д゚)!!

ヘルパーさんって、専属なの!?他に担当している患者はいないのかね!?

「はじこい」の時の深キョンにも思ったけど、一人の生徒や患者に入れ込みすぎじゃないですか!?それで生計立てられんの!?ってすっごい疑問なんですけど…。

つぐみが「旦那さんは了承しているんですか?」とすごくまっとうな質問をすると

「結婚してるから、樹くんには手を出さないから安心とでも?残念ながら今は一人よ

って。

あれ!前離婚届持ってたけど、もう離婚していたのか!?

さらに

長沢「私は自分の人生を犠牲にしてでも、彼の先生を支えてあげたいと思っている。彼はこの先もずっと孤独で辛くて、もがき苦しむから。それが障害を背負ってしまった人の運命だから。恋愛感情だけじゃ彼とは付き合えない。だから私はこのポジションを譲るつもりはないの!

ってめちゃくちゃ宣戦布告してきた…!

パーフェクトワールド4話ネタバレ4 つぐみ(山本美月)がホームに転落!

つぐみは介護の資格を取るために週に2回セミナーに通い始め、さらに仕事の後に毎日樹の家にも寄っていて、その後家に帰って深夜まで勉強。

体力は限界に来ていた。

それは以前(3話で)に長沢に厳しいことを言われたことが影響していた。自分に知識がなければ樹を理解することも助けてあげることもできないとつぐみは感じたのだ。

ある日、仕事帰りに洋貴(瀬戸康史)が待っていて、一緒にご飯を食べに行くことになった。疲れのせいもあってか、樹に連絡することを忘れてしまい、洋貴に家まで車で送ってもらう最中に眠ってしまった。

樹は心配するが、なんとか電話がつながり安心し、変な誤解とかもなく…。

洋貴はつぐみが無理をしすぎているのを心配し

「俺ならもっとつぐみを幸せにできる!」

とけっこう頑張った告白をするが

「私は鮎川君に幸せにしてもらおうなんて思ってない。私が幸せにしてあげたいの」

と言い返されてしまう。とりあえず、今のところは洋貴につぐみの心が傾くことは全然なさそう。

しかし、つぐみと樹が一緒に駅のホームにいたとき、つぐみはめまいがして、ホームに転落してしまう…!!

手を伸ばすがつぐみを助けることができない樹…。

つぐみの運命はいかに…!?

パーフェクトワールド4話感想

またしても「つぐみを守れない」「不幸にする」というテーマに逆戻りしてしまいそうなラストでしたね~。まぁ、予告見てつぐみがたいしたことなさそうなのはわかってるんで安心していますが…。

でも、つぐみ自身が「幸せにしてもらおうなんて思ってない!」と言ってるので、これで鮎川くんが身を引くなんてことはしないでほしいですけどね。でもお父さんの存在がね…。「娘のことを思うなら身を引いてくれ…!」なんて言われたら、自分の気持ちばかりを押し通すわけにはいかないですよね…。

そして、4話は晴人くんの回でもありましたね!

あんなにしおりに本気になっていたとは…。障がい者っていうのがなければ、しおりもまんざらでもなかったっぽいのが、余計に「足さえあれば…!」って思っちゃうんだろうな。

でも、足がなくてもあの顔を持っているのは、けっこう恵まれて生まれてきているとも言えると思うんだけどなぁ。足があっても、顔に自信が持てないとか、性格的にコミュニケーションが上手に取れないとか、そういう理由で全然恋愛がうまくいかない人もたくさんいると思う。

どっちが不幸とか、わかんないけど、人生がうまくいかないのは、コンプレックスを受け入れられない、乗り越えられないのは、何も身体的な障害だけではないのかもしれない。と思っちゃいました。

でも、だからってじゃあすっごい美人に変えてやるから、足なくなるよ?って言われたら、今の顔でいいやって思うから、やっぱりみんなが当たり前に持っているものが自分にだけないっていう苦しみは、相当なものだって思うけど。

でも晴人はまだ若いから、こんなふうに人前で泣き叫んだりできて(叔父さんの会社で働いてるっていうのも大きいと思うし)、ある意味恵まれた環境なのかなって思う。

それに比べたら、鮎川くんは会社でも「障害を理由に甘えたくない!」ってすごく強がってて、つぐみの前でもやっぱりかっこいい鮎川くんでい続けようとしている部分がある。

鮎川くんが弱みを見せられる相手って、やっぱり長沢さんだけなのかな。

そう考えると、鮎川くんが長沢さんに恋愛感情持ってないからって、やっぱりすごくあなどれない存在。

鮎川くんとしては、恋愛対象じゃないからこそかっこつけずに甘えられるっていうのはあるんだろうけど、長沢さん自身が

「恋愛感情とかでそばにいるわけじゃない!」と言い切っているので、もう好きとか嫌いとかじゃなくて繋がってる二人って感じで、この絆はそうそう超えられるものじゃない。

親の反対より、幼馴染の恋敵より、やっぱり長沢さんが一番でかい存在になってきそう~。