オススメ記事!「結婚できない男」1話から最終話までのあらすじが簡潔にわかるパパっとネタバレ! 藤ヶ谷太輔ドラマ「ミラーツインズ」1話のパパっとネタバレ!恋人の里美(倉科カナ)が犯人とグルだった!

藤ヶ谷太輔ドラマ「ミラーツインズ」1話のパパっとネタバレ!恋人の里美(倉科カナ)が犯人とグルだった!

今回の大人の土ドラはかなりハマりそう!絶対面白い!

キスマイ藤ヶ谷太輔さん一人二役の主演ドラマ「ミラーツインズ」。

双子の片割れが誘拐されたという事件により、一人は刑事に、一人は犯罪者に、全く反対の人生を歩むことになった二人。

誘拐された過去により地獄を味わってきた兄による弟への復讐劇が始まる…!?

「ミラーツインズ」は東海テレビとWOWOWの共同制作ドラマです。だいたいWOWOWの制作のドラマってすごく面白いですよね!ドキドキする心理サスペンス、かなり期待できそうです!

藤ヶ谷太輔主演ドラマ「ミラーツインズ」1話のあらすじが10秒でわかるパパッとネタバレ!

  • 20年前に、主人公・葛城圭吾の双子の兄・葛城勇吾が誘拐される。(藤ヶ谷太輔一人二役)
  • 事件は未解決となったが、父親の栄一(佐戸井けん太)は懸賞金1億円をかけて今でも勇吾を探し出そうとしていた。
  • そんな矢先、栄一が交通事故死。
  • 誘拐事件の犯人を知っているという田島(濱津隆之)とう男が襲われる。
  • 田島を襲った犯人の毛髪のDNAと、圭吾のDNAが一致。
  • 犯人は勇吾である可能性が高いが、圭吾が犯人として疑われてしまう。
  • 圭吾は捜査一課のエリート刑事、理解者である恋人は里美(倉科カナ)。
  • なんと里美は本当は勇吾の恋人で、圭吾を騙していた!

藤ヶ谷太輔主演ドラマ「ミラーツインズ」1話の詳しいネタバレ

20年前に起こった男児誘拐事件

主人公·葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)の双子の兄·葛城勇吾(藤ヶ谷太輔一人二役)が何者かに誘拐された。犯人グループは、当時まだ子供だった圭吾に身代金を持ってこさせるように指示を出した。

犯人は歩道橋の上から身代金の入ったバッグを道路に投げ捨てるように圭吾に指示を出し、バイクに乗った男がバッグを拾って逃走することに成功。犯人が捕まることはなく、勇吾は見つからないまま20年の月日が経った。

懸賞金1億円と父親の死

母親は余命半年を宣告されていた。

事件は未解決のまま捜査打ち切りとなったが、圭吾の父親は懸賞金1億円をかけてなんとか事件の情報を引き出そうとテレビで訴えかける。

それによって、また事件が動き出す…!

しかしそんな矢先、父親が交通事故死してしまった。

事故の直前、父親は勇吾の名を何度も呼びながら、かなり動揺して無茶な運転をしていた。

運転が得意な父が交通事故を起こすなんて考えられないと圭吾は言うのだが、この事故死も仕組まれたもの?

犯人は誘拐された葛城勇吾!?しかし圭吾に容疑がかけられ…

田島(濱津隆之=カメラを止めるなの人)という男が何者かに襲われ、意識不明の重体に陥る。

田島が葛城勇吾の事件の実行犯を知っていると、テレビ局に情報提供をした直後のことだった。

意識を取り戻した田島は、 圭吾を見るなり自分を襲った犯人だと怯える。

さらに現場に残された犯人の毛髪のDNAと圭吾のDNAが完全に一致した。ここまでDNA型が完全一致する人物は双子の片割れ以外は考えられない。

この事実が意味していることは、勇吾が生きていて、田島を襲った犯人だということになる。

圭吾が田島に話を聞きに行こうと病院に行くと、田島の人工呼吸器が 外されていた。そしてそのまま田島は死亡。

圭吾は勇吾が犯人である可能性があると上司に話すが、圭吾自身が犯人の可能性を疑われ取り調べを受けることになってしまう。

恋人の里美(倉科カナ)は勇吾とグルだった!

圭吾は勇吾が辛い目にあったのに、自分だけが幸せになってはいけないと恋人の里美(倉科カナ)に結婚を待たせていた。

勇吾の誘拐事件があってからは、圭吾は「誘拐されなかった方」という見方しかされてこなかったが、里美は圭吾という一人の人間をしっかりと見てくれた大切な女性だ。

しかし、なんとなんと!里美は勇吾の恋人でもあったのだ…!!

元々里美は勇吾とグルで、勇吾の復讐に協力するために圭吾に近づいた可能性が高い。

勇吾「ついに俺の復讐が始まる…」

勇吾は犯罪者となり、幸せに生きてきた自分の分身である圭吾を逆恨みして、自分の犯した罪を圭吾に擦り付けるという復讐しようとしているのか…!?

藤ヶ谷太輔主演ドラマ「ミラーツインズ」1話の感想

いや~久々に続きが気になる面白いドラマが始まった感じがしました!

藤ヶ谷くんの一人二役大丈夫かな?と思っていましたが、なかなかいいんじゃないですか?

正義感満点のホワイト藤ヶ谷と、復讐に燃えるブラック藤ヶ谷。

髪型の問題で犯罪者の方の藤ヶ谷くんの方がかっこいい見た目になっちゃってますので、これで勇吾が圭吾に復讐したいと思うようになるのが納得できるくらいに、勇吾が地獄を見てきたという同情すべきエピソードが語られれば、むしろ勇吾のほうに感情移入しちゃいそうですね。

そして、最後の倉科カナちゃんが裏切っていたというところにはびっくりしちゃいましたね~~。

子供できてもDNA一緒だから、どっちの子かわかんないしね…!?

たぶん、里美は勇吾の恋人で、勇吾の復讐に協力するために圭吾に近づいたってことですよね?

でも、よくある話で行くと、圭吾と一緒にいるうちに圭吾のことを本当に好きになっちゃって、勇吾の復讐を止める、とかありがちなんだけど、どうかなぁ?

何でも一緒だった双子だったはずなのに、自分だけが誘拐されてひどい目に合ってきて、片割れはずっとお金持ちの両親の家で何不自由なく暮らして立派に刑事になっているとしたら、逆恨みしても納得。

そして、勇吾が覆面男たちに連れ去られそうになっているときに、圭吾がそれを見ていたというシーンがあったけど、圭吾が見ていたことを勇吾が見ていたなら、それは恨んで当然だ。

もっと声を上げるとか、助けようとする素振りがあってもいいじゃんか!って思う。

子供だから怖くて立ちすくんでしまったのもしょうがないけど、自分が誘拐された側なら「しょうがないよね」なんて言えない。

だから、自分の見た地獄と同じだけの苦しみを、圭吾にも味わわせてやりたいと思っているのか?

藤ヶ谷太輔主演ドラマ「ミラーツインズ」1話の考察

1話で死んだ人

  • 圭吾の父親→勇吾の事件の情報提供に懸賞金をかけたことにより、事件の有力情報が集まりそうになっていた。
  • 田島→20年前の事件の犯人を知っているという情報提供者。

勇吾が二人の死に関係しているとすれば、勇吾は20年前の事件を解決したくないから事件解決につながる行動をする人物を消している?

1話で張られた伏線

  • 田島の言う20年前の事件の犯人とは誰か?なぜ田島はそれを知っていたのか?田島が犯人の一味?
  • 父親が死ぬ前に「勇吾、勇吾…」と泣きながら動揺していたのはなぜか?なにか新事実を知らされた?
  • 里美は圭吾の動きを知るためのスパイ?それにしては結婚までしようとしているので、かなりのリスクを背負っているが?
  • なぜ勇吾は誘拐されても殺されなかった?今は自由なのに、復讐に走る?なぜそこまで圭吾を恨んでいる?