新田浩介と山岸尚美はその後付き合った?「マスカレードホテル」続編の「マスカレードナイト」の恋愛部分だけネタバレ!
「モニタリング」で見せた木村拓哉と中居正広の”一番大切にするもの”の違い

「モニタリング」で見せた木村拓哉と中居正広の”一番大切にするもの”の違い

あけましておめでとうございます!

長らくお休みしていましたが、更新再開していきますので今年もよろしくお願いします!

帰省から帰ってきて撮りためた録画の中で一番最初に見たのが木村拓哉の「モニタリング」!

「何やったってキムタクって言われてるし…」発言が注目を集めていますが、私は別のところに注目しちゃったなぁ。

中居正広がベッキーにモニタリング仕掛けられた時のこと。

二人の回答の違いが、つまりはSMAP解散の答えなんだろうなって…。

勝治涼が「俳優辞めたい」と相談したときの、木村拓哉の第一声は…

まずは2019年1月2日放送の「モニタリング」で、木村拓哉をターゲットとし、映画「マスカレードホテル」で共演した勝治涼が仕掛け人を務めました。

勝治涼さんが

「俳優を辞めたい」

と相談し、木村拓哉がどんな反応をするか人間性をモニタリングするという内容でした。

初めはサインを書きながら話耳を傾けていた木村さんでしたが、

「俳優と辞めたいと思っている」

という言葉を聞いて、手を止めて顔を上げ、一瞬間が合って…

第一声に木村さんが発した言葉は

「パートナーには相談したの?」

勝治さんが「まだです」と答えると、

「辞めたいって言ったら、なんて言うと思う?もう涼君だけの人生じゃないから。まずはパートナーに相談しないと」

ってしきりに奥さんのことをちゃんと気遣えって説得をしていたんですよね。

ベッキーにモニタリングを仕掛けられたときの中居正広の第一声は…

これを見て、まず思い出したのが、中居正広さんがベッキーに「結婚したい」って相談をもちかけられたモニタリング

(ベッキー不倫騒動前です)

ベッキーが最近できた彼氏と結婚したいと相談し、でも事務所には大反対されているという設定。

「結婚するんだったら、事務所はもう面倒見れない」

と言われたとベッキーが相談すると

「そりゃ両方は取れないよ。どうしても結婚を取るんだったら、何か失うものがあるって言うことは覚悟しないと。そういう業界に入ってきちゃったんだから。全部は手に入らない」

と中居さん。

「まずは一緒に仕事をしている事務所の人たちに迷惑がかからないようにすることを一番に考えないと。彼氏と事務所の人達とどっちが付き合いが長いかと言ったら、事務所の人たちなんだから、そちらとの関係性をまずは大切にすることが筋」

と説得していました。

う~ん、中居さんらしいな…という答えでしたよね。

女の子って「好きになった人が一番!!他に何を失ってもかまわない!!」って燃え上がっちゃうところがあるけど、男だからなのか、中居さんだからなのか、周りの人への迷惑とか、ずっと付き合いがある人との歴史とかを大切にするんだな~って。

私なんて「今一番大切と思う人を一番優先すればいいじゃん!」とか考えちゃう軽率な人間だから、自分を犠牲にしても周りに気を配る中居さんの考え方って本当に尊敬する。

「モニタリング」での回答が、SMAP解散騒動で事務所を出ることができなかった中居・木村の理由?

この二人の答えを聞いて、これがそっくりそのままSMAP解散騒動の時に中居さんと木村さんが事務所を出ることができなかった理由なんじゃないかなって思った。

木村さんは、奥さんの意見を聞いて事務所を退所することを思い止まったという説。

中居さんは、今抱えている番組スタッフに迷惑がかかることを避けるために退所を思いとどまったという説。

真っ先に家族の名前がを出した木村さんと、真っ先に一緒に仕事をしている仕事関係者さんの名前を出した中居さん。

これを見ると、報道で言われていたことも案外本当なんじゃないかって思っちゃう。

まぁ、中居さんには家族がいないから家族の話を出さなかったのも当然とも捉えられるけど、公式な妻はいなくても大切にしている存在がある可能性は十分にあるわけだから。

ベッキーに

「中居さんが私の立場なら結婚していますか?」

と聞かれると

「俺は男だからずっと仕事をしていかなきゃいけないし、結婚という形にはこだわらないかもしれない。同棲という形もあるし、紙にはこだわらない」

って答えていたし、金スマでも

「俺、テレビで言ってること全部嘘だから。結婚できないってキャラも、2日間他人と一緒にいたら無理、とか言ってるのも嘘。全然今すぐにでも結婚できるよ

って話していたこともあった。

だから、普通に彼女いるし、同棲とかしてんだろうなって思ってる。

確かに好きな人と一緒にいるという形だけ見れば結婚であっても同棲であってもいいのかもしれないけど、今回のモニタリングでの発言を見てすごく思ったのは、結婚しているかどうかの違いって、「この人を大切に思っています」ということを公に言えるかどうかの違いなんだなぁと。

中居さんにだって大切に思っている人がいるかもしれなくて、その人を守っていかなきゃいけない責任や義務を本人が感じていたとしても、仕事への決断を下すときに「その女性の存在が理由になった」とは公には言えない。

木村さんが家族のために事務所に残る決断をしたという説が本当だったとして、やっぱりそれを責めることはできないと思う。それが結婚している人の普通の考え方なんだから。

そういう意味では、「形にこだわらない」と言いながらも、もうその時点で中居さんはやっぱり仕事を選んでるっていうことなんだと思う。

「大切なものは両方は手に入らない」

そうゆう謙虚でちょっと不器用な生き方が、中居さんらしいなと思うし、その両方を手に入れようとして、そうすればもちろん世間からはいろいろ叩かれることも多いんだけど、そのバッシングに負けずに両方を守ろうとしている木村さんはやっぱり他の人にはまねできないスーパースターなんだと思った。結婚してからもずっと第一線走り続けているんだから、普通の人ならどっちか捨てなきゃいけないところを両方守り続けることに成功したってことだからね。

つまり結局何が言いたかったっていうと、SMAP解散騒動で言われていることって半分くらい本当なのかもってこと。

最初は事務所とも案外円満に独立話は進んでいた。(だから責任感の強い中居さんも誰にも迷惑はかけないように退所の方向で進むつもりだった。)

だけど、木村さんの家族の都合で出られなくなった。

報道によって話がぐっちゃぐちゃに揉めた。

状況が変わりすぎて、周りに迷惑かけまくりな状況になってしまうため、中居さんも出られなくなった。

って、そんな感じなのかなーって。

報道と違うのは、「メンバー不仲」ってやつ。

これだけはないって信じてるけど。

ただ、中居さんも木村さんも、自分の大切にしているものを貫いただけ。

そうゆうことなんじゃないかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする