オススメ記事!映画「マスカレードホテル」のキャストがずっと発表されなかった理由!原作小説の犯人とあらすじを簡単簡潔にパパっとネタバレ!
映画「人魚の眠る家」原作小説のあらすじを結末までパパッとネタバレ!東野圭吾作品らしくないヒューマンストーリー 主題歌「予感」の歌詞回収がすごい!「僕らは奇跡でできている」9話あらすじパパっとネタバレ、考察感想!

主題歌「予感」の歌詞回収がすごい!「僕らは奇跡でできている」9話あらすじパパっとネタバレ、考察感想!

「僕キセ」9話のテーマは、「自分のやりたいこと、好きなことを仕事にする生き方」、「感情の名前」でした!

琴音ちゃんが一輝に逆プロポーズ!一輝が育美に告白?樫野木先生ブチギレ!と忙しい展開の9話でした!

こちらでは、「僕キセ」9話のパパっとネタバレと感想考察を書いています。

最終回予想はこちら。

【僕キセ最終回予想】一輝は樫野木先生と仲直りも大学を辞め海外へ!育美とはくっつく?新庄くんの進路は?

「僕らは奇跡でできている」女子大生・青山琴音(矢作穂香)衣装がセール中で超安い!お得!かわいい!

「僕らは奇跡でできている」小ネタに注目すると面白い!エンドロールの名前の色が毎回違う!一輝(高橋一生)の授業を聞く生徒の変化!

「僕らは奇跡でできている」9話のあらすじが10秒でわかるパパっとネタバレ!

  1. 青山琴音(矢作穂香)が一輝(高橋一生)に告白&逆プロポーズ!→ふられる
  2. 新庄くん(西畑大吾)が夢中の「コンチューバー」の招待は沼袋先生(アンジャッシュ児嶋)
  3. 一輝が育美(榮倉奈々)を「面白い」と思っていると、気持ちを伝える。
  4. 樫野木先生(要潤)が一輝に嫉妬で暴言!

8話のネタバレ感想はこちら。

山田さんが一輝を捨てた理由「僕らは奇跡でできている」8話あらすじパパっとネタバレ、考察感想!

10話最終回のネタバレ感想はこちら。

感想めちゃ語ります!まさかの宇宙!?「僕らは奇跡でできている」10話最終回あらすじパパっとネタバレ、考察!

青山さん(矢作穂香)大暴走!

一輝に「進路相談をしたい」と言って呼び出した青山琴音。

そこで唐突に

「私と付き合ってください!」

と告白する 。

確かに青山さんの将来の夢は、 「一輝と結婚すること」なので、ある意味では進路相談です(^^;

突然の告白にびっくりしちゃう一輝の顔、面白すぎた(笑)もはや顔芸の域。

本当に表情がくるくる変わって面白いわ~。

すると琴音は

「歯医者さんのことはどう思ってるんですか? 私見たんです!先生が歯医者さんにこんにゃく渡しているところ!」

琴音ちゃん、そんな重要な現場を目撃したような言い方…!

普通そこ「私見たんです!先生が歯医者さんとキスしているところ!」とかですよね。

まぁ、普通は道端で知り合いがキスしているところを偶然目撃するとか人生でそうそうないけど、ドラマじゃけっこうよくあるシーンじゃん?

でもこんにゃく渡してたって…。

恋愛関係疑うようなところじゃないでしょ、それ!!

しかし琴音の育美ライバル視はとまらない。

なんと水本クリニックまで乗り込んで、

こんにゃくを受け取らないのに(その気もないのに)、ピリ辛きゅうりを教わりに家まで行く (思わせぶりな態度で弄ぶ)ってどういうことですか!?

先生は好きな人に対してはゴリラ(シャイってこと)なんですよ!こんにゃくを渡すのにもどれだけ勇気が入ったと思ってるんですか! 」

そりゃ育美もボカーンですわ( ゚д゚)

こんにゃく渡した時、 絶対に一輝はドキドキしていなかったと思うよ…。そもそも山田さんに渡せって言われたから渡そうとしただけだし。

一輝(高橋一生)の育美(榮倉奈々)への気持ちは「好き」?

でもこれだけ山田さんからも琴音からも「二人がいい感じなのでは?」と勘ぐられると、お互いに意識しちゃうものですよね。

ついに一輝が育美に直接自分の思いを告白!

一輝
最初は先生のことが苦手でした。先生はよく僕に怒っていました。そうかと思えばよく泣いていました。 怒ったり泣いたりしたその理由がわかる時もあれば分からない時もありました。先生といるといろんな気持ちになります僕は水本先生のことを”面白い”と思っています。

ついに「愛の告白くる~っ!?」と思っていた育美は、またもやポカーン( ゚д゚)

面白いって…?

一輝はその前の山田さんとの会話でこんなことを言っていました。

一輝

人の感情って目に見えないものじゃないですか?そこに名前をつけた人はすごいと思います。

コレを思い出して一輝は

一輝
やっぱりこの感情に名前をつけた人はすごいと思います!

と満足気に帰って行ったけど、それ感情の名前の付け方間違ってないかーーい!?

  • 一緒にいると面白い
  • いろんな感情になる
  • 相手の気持ちがわかったりわからなかったり、気になって仕方がない

の感情って名前を付けるとしたら「面白い」じゃなくて「好き」ってことじゃないですか!?

一輝、それは恋だよ!間違いなくあんた恋してる!

ココがポイント!

今日は感情に対する名前というテーマ。

主題歌「予感」の歌詞に注目してほしい。

名もなき感情に 誰かがつけるような名前はいらない

名もなき感情に 思うがまままの名前を付けていこう

一般的には「恋」とか「好き」とか名付けられる感情だけど、一輝にとっては「面白い」。

それならそれで、その名前が的確なんだと思う!

一概に「それは恋だ」とか、型にはまった結論を出さなくても、一輝は「面白いから、水本先生と仲良くしたい」というストレートな欲求に従って行動しているだけ。

それくらいシンプルな気持ちだけで、人間関係は成り立ってしまう。

ここ、主題歌の「予感」の歌詞がものすごい回収されていると思う!

名もなき感情に 誰かがつけるような名前はいらない

感性は自由

名もなき感情に 思うがまままの名前を付けていこう

こんな歌詞がある。

自分が感じた感情に、何て名前をつけようと、感性は自由なんじゃないかなって思う!

その後、青山さんは諦めずに一輝に告白の返事をもらいに来るが、

一輝

興味ありません

と言って青山さんをふる。

ココがポイント!

「面白い」と「興味ない」。

これはかなり大きな違い。

この言葉の違いに、名付けた名前は「恋」とか「好き」じゃなかったけれども、 一輝の育美への感情ははっきりとわかりましたね。

樫野木先生(要潤)が一輝に暴言 「ここから消えてほしい」

いつもほっこりこころがあったかくなって終わるドラマなのに、9話のラストはまさかの樫野木先生ブチギレで、めっちゃ心が痛くなったーー(´;ω;`)

鮫島教授、樫野木先生、沼袋先生など、大学のメンバーもなかなかみんないいキャラになってきたなと思っていたのですが、今日は何やら樫野木先生単体でピックアップされている様子。

娘から元妻に新しい恋人がいると聞かせれ、かなりショックを受けていた樫野木先生。

その相手の男性が、脱サラして自転車屋を始めるそう。すごく自転車が好きでずっと前からやりたかった仕事なのだそう。

それを聞いて樫野木先生はホッとする。

樫野木先生
それじゃあ結婚は当分ないな。

樫野木先生にとっては

  • 好きなことややりたいことを自由にしている男→追いかけちゃっているだけのダメ男
  • 家族のために自分の好きなことを諦めて安定した収入を得る。→いい男

という概念なのだろう。

だけど結局元妻はその自転車屋と結婚を本気で考えているようだ。そして娘から

「お母さんがフィールドワークをやっていた頃のお父さんの方がかっこよかったって言ってたよ」

と聞かされてしまう。

あれー!?離婚の原因はフィールドワークにのめり込み過ぎたからじゃなかったっけ!?

とにかく離婚はされてしまったものの、樫野木先生は多分元嫁との復縁を諦めておらず、もっと認められる男になろうと今まで頑張ってきたのだ。

鮫島教授に取り入ろうとしていた出世欲丸出しの姿も、家族に認められる自分になりたいという思いからだったのだろう。

それなのに元嫁は自由で好きなことを仕事にして生きようとする男を選んだ。

これはかなりショックだし、

「自分のやってきた事っていったいなんだったんだろ…、全部無意味だったのか。 どうして家族のことを考えずに自分の思うように生きているやつが好かれるのか」

と苛立つのも無理はない。

元嫁の再婚相手と一輝の姿が重なって見えてしまったんだろう。

自由な一輝への嫉妬心が爆発してしまう。

樫野木先生

いいですよね、相河先生は。学力があって、できないことがあっても支えてくれる人がいて、好きなことだけやって。

子供はキラキラした大人に憧れるけど、キラキラした大人なんてほんの一握りしかなれない。

なのに学生たちも相河先生みたいになりたがってる。 相河先生はここだからやっていられるんだ。よそではやっていけない。 それわかってる? 分かってるなら、人生の成功者みたいな顔して学生たちを勘違いさせないで欲しい。

迷惑なんだよ。悪影響なんだよ。ここから消えて欲しい。

でもこれは言いすぎ。

一輝がびっくりしちゃって泣き出しそうになって、声を震わせながら「帰ります」と言って足早に立ち去ったシーンは辛すぎて涙が出た。

一輝は樫野木先生の中にある嫉妬心とかそういうの理解できないと思うから、真正面から「樫野木先生は自分のことを嫌っている。消えて欲しいと思っている」と受け止めてしまったんじゃないかな。

もっとオトナの心を持っていて、

一輝

あいつ、自分が鮫島教授に寵愛を受けてないからって、俺のこと妬んでるな( ̄ー ̄)ニヤリ

くらいに思える図太さがあったら良かったんだけど…。

今まで樫野木先生のキャラは「嫌な奴のようで憎めない」って感じだったから、今回はかなり残念だったなぁ。

だけどその後、鮫島教授にコテンパンに言われてしまう。

鮫島教授

樫野木先生は自分の問題をすり替えるところがあるよね。

相河先生のせいにしておけば、自分の問題に向き合わなくてもいいからなんじゃないの?

前に群馬に行った相河先生を追いかけて、学生たちが樫野木先生の授業を休んだ時、相河先生のせいにしていたけれど、本当の理由は樫野木先生の授業がつまらないからだよ。

鮫島教授、きっつ~~!!((;゚Д゚))!!

鮫島教授も鮫島教授で、考え方がかなり特殊だから (一輝や一輝のおじいちゃん側の人間であって一般的ではない) 一輝に対してあまりに理解を示しすぎるのは、「不公平」と思われても仕方がないと思うな。

樫野木先生の講義がつまらないから、学生に人気がないとわかっていたなら、もっと早くに樫野木先生に指導をしたらよかった。それが上司の仕事なんだから。

こんな形で一輝の敵討ちみたいに樫野木先生を鼻っ柱をへし折るっていうのも、何かやり方としてちょっと違うだろって思った。

多分私も含め、視聴者は「自分は樫野木先生側の人間だ」と思って見ている人も多かったんじゃないだろうか。だから樫野木先生のとった行動はとてもひどかったけれど、気持ちがわからなくもない、という人も多いと思う。

「僕キセ」9話の感想

私はね、こう思うんだよ。

ココがポイント!

樫野木先生が一輝に苛立っているのは、一輝が樫野木先生とは全く逆の生き方をしているからではない

樫野木先生が、本当は一輝と同じ生き方をしたいと願っている人間だからなんだ。

だけど自分は家族のためにその生き方を貫くことが出来なかった。

だから何にもとらわれずに自由な生き方をしている一輝が妬ましく思えて仕方がないのだ。

「好きなことにまっすぐに生きる」

こういったテーマを前にすると、必ず思うことがある。

好きなことをにまっすぐに生きるのはとても素敵なことだけれど、必ずしも「好きなことを仕事にする」必要はない。

「仕事はお金を稼ぐためのもの、 安定した収入を得るためのもの」と考えて、そこで稼いだお金で好きなことをするのも、立派に「好きなことをして生きる」という生き方だと思う。

樫野木先生は、安定した収入を仕事で得て、大好きな家族との時間を思う存分楽しめばいいだけのこと。

そんな生き方に自分が納得できていれば、ここまで一輝に苛立ったりはしないのである。

どうあったって自分は自分で

どうやったって誰かにはなれない

ならば嫌うより好きでいたい 思うまま思っていたい

会いに行こうよ 会いたい自分に

名もなき感情に 誰かがつけるような名前はいらない

予感のする方へ  心が夢中になる方へ

正解なんてあってないようなものさ 人生は自由

会いたい自分がいる方へ 人の目なんてあってないようなものさ 感性は自由

名もなき感情に 思うがまままの名前を付けていこう

「予感」作詞作曲:柳沢亮太

ココがポイント!

自分のやりたいことを仕事にする生き方と、収入のためにやりたいことを我慢する生き方と、どっちが正解とかないんだよ。

ただ、自分を好きでいられるような生き方をすること、それを一輝はできていて、樫野木先生はできていない。

一輝が学力があるとか、鮫島教授にひいきされているとかじゃなくて、

二人の決定的な違いはそこだけなんだな。

確かに好きなことを仕事にできる人はとってもラッキーで、大人になればそれは誰もが気づくことだから、学生のうちはそういう夢を見させてあげてもいいんじゃないかな~。

だって一度そっちの方向に歩いてみなければ、それが叶うか叶わないかもわからないのだから。

そもそも一輝は

「自分は成功者だから、自分のような生き方を夢見るがいい、学生諸君よ」

なんて微塵も思っていないしね。

たぶんそれは樫野木先生もわかっていることだと思うけどね。

はぁ~、最終回でちゃんと仲直りできるかなぁ。

でも、この1週間、一輝が悲しい気持ちで過ごしていると思うと、それだけで心が痛む…。

「僕らは奇跡でできている」見逃し配信動画はFODで見られます

「僕キセ」はカンテレの制作なので、FODでも月額料金以外に1話ごとに料金がかかります(1話300ポイント。最大1月に1300ポイントもらえるので、4話分は実質無料で見られるということです)

FODで「僕らは奇跡でできている」を見る

FODプレミアムってこんなサービス
  • 月額料金:888円(税抜き)
  • 初回登録なら1か月間(例えば今月7日に登録したら、翌月6日まで)無料(1ヶ月以内に解約すればお金はかかりません)
  • amazon pay対応(amazonアカウントにサインインするだけで登録と支払いが完了するので住所や名前、クレジットカード情報などの入力不要でらくちん)
  • 人気雑誌の最新号が追加料金なしで見れる。(専用アプリやブラウザから)
  • 電子書籍を購入すると、購入ポイントの20%がポイントとして還元される
  • 無料で読める漫画もある(毎月更新)
  • 8のつく日にログインして「ポイントゲット」のボタンを押すと、400ポイントもらえる。(忘れずに、8日、18日、28日全部ボタンを押せば、1200ポイントもらえるので、有料漫画を買ったり見放題作品じゃない動画を見たりできる)
  • 何もしなくても毎月100ポイントもらえる

他にも小栗旬さんと石原さとみさんの「リッチマン、プアウーマン」や石原さとみさんと山Pの「5→9私に恋したお坊さん」、山Pの「コードブルー」シリーズなど、何度でも見たい名作も見放題作品なので、月額料金だけで見られます。