オススメ記事!映画「マスカレードホテル」のキャストがずっと発表されなかった理由!原作小説の犯人とあらすじを簡単簡潔にパパっとネタバレ!
映画「人魚の眠る家」原作小説のあらすじを結末までパパッとネタバレ!東野圭吾作品らしくないヒューマンストーリー 木村拓哉「FLOW」11月11日マツコが高校時代のキムタクの印象を語る。「イジって(整形して)ない、加齢よ」

木村拓哉「FLOW」11月11日マツコが高校時代のキムタクの印象を語る。「イジって(整形して)ない、加齢よ」

2018年11月11日木村拓哉「FLOW」。

ゲスト:マツコ・デラックス。

マツコが木村拓哉の家族(子供)の話にズバズバ触れる…( ゚Д゚)

高校時代の思い出話から、整形疑惑否定も…!?

木村拓哉「FLOW」11月4日マツコとのプライベートでの交流

マツコ:基本的に仕事以外で外に出ない。あなたが堂々としているのをさ、外で会ったりとかする時とかその強さはすごいなって思う。

最近思うのは子供っていう存在がすごいでかいなって思うのは、あなたは自分が“対社会”がさ、自分だけではないわけじゃん?
一番愛するものを守らなきゃいけないっていうのが、まず大前提に出来たわけじゃん。そうなった時って、人間ってたぶん強くなるんだろうなっていうのを、あなたたちを見てると本当に感じる。

↑な、なんかすごいこと語ってる。さすがマツコ。そして、木村拓哉の方向転換をやはり感じる。

マツコ:今の自分は、15年以上前に見つけてくれた人がいた。こんなの(自分)が子供だってバレたら母ちゃん生きづらいだろうなって考えちゃって。結局一回だけ、「LGBTの話をしてください」って言われたから一回だけ出たんだけど。その時の恐怖だったりとかも含めて、“わたしはこれは向いてない”と思って、その後5年間ぐらいテレビ断ってた。

その後「5時に夢中!」は誰も見てないだろうって出演して、ものすごい熱心に口説いてくれた方がいて“あなたが言うなら分かりました”みたいなのを、渡り歩いてったら気が付いたらこうなっていた感じ。

あなたも含めて周囲の人に恵まれたと思う。

木村:俺も一緒。本当に親戚が「トップガン」っていう映画をやってた時に、トムクルーズが着てたあのフライトジャケットが欲しかったのよ。それを買って、浮かれてた俺を呼んだその親戚のおばちゃんがパチって写真撮って、それを勝手に貼って送ったの。

ジャニーズ入所秘話はこちらの「ワッツ」で語っています。↓

木村拓哉ラジオワッツ6月15日「あえて決めたいベスト3」スペシャル~!カツカレーの話、好きな色でメンバーカラー全員登場!

木村:でもアイドルアンチだったから、4回ぐらいバックれた

5回目に「やりたくても出来ない人たちがいるんだから、一回行ってみなさい」って言われて行った。

ジャニーさんって聞いてるから外人のおじいちゃんを探していて、「ジャニーさん、どこですか?」って聞いたら「僕だよ!とりあえずYOU踊っちゃいなよ!」って。

すごかったんだって!ジュニアが300人以上いて、一番後ろに立ったらでっかいリハーサル室の鏡が見えないくらい。1列目が一番踊りのうまい人。自分は9列目(一番後ろ)くらいに立った。

中学生の頃って、みんなアイドルの下敷きとかカンペンケースとか持ってて、「木村はなんで持たねえの?好きなアイドルとかいねえの?」「いねえ」みたいな会話があって、どちらかというとアンチアイドルだった。

だから今の自分は「矛盾のカタマリ」

そのころ夢中になっていたのはエアロスミス。

SWITCHのインタビューより

木村:それが中2の終わりくらいのとき。

マツコ:じゃあ、わたしが見てた頃ってまだ入って2年とかそれぐらいだったんだ。

私すごい覚えてるのが、最初は普通に学校来てたけど、途中から車とかで迎えに来るようになってなかった?毎日来れなくなってたよね。

木村:後半は毎日は通学してなかった。

マツコ:最初から「あの人ジャニーズらしいよ」って回るじゃん?今だから言えるけど。”ふ~ん、こんなもんなのね”って最初思ったのよ。

でもだんだん顔ができてきたのよ!

木村:そういう言い方すんなよ!ただでさえ整形疑惑があるんだから!

マツコ:整形疑惑あるの?

木村:あるよ~!中学校の写真があって今の写真があって、”あいつは絶対に…してる!”とか。

マツコ:これはイジッたんじゃなくて、加齢よ!この人イジってないです!

最初は可愛い~、本当に少年っていう感じだったのが、途中からキリッとし始めた。

この整形のくだり、公式サイトの書き起こしではバッサリカットされているのが謎…。

事務所的に整形疑惑の話は嫌なの?

でも絶対整形してないでしょ。整形してたら、あんなに娘が瓜二つなわけないし。

そしたら1年でやめちゃったから、“本格的ににやられるのね~”って。

マツコ:あの頃ってパーマ流行ってたんだけど、ブローは大変でほっとくとおばちゃんみたいになっちゃう。

あなたはカリフラワー乗っけたみたいなのが可愛かった。憎らしいけど何やっても可愛くなるのよこの人は!アメリカの少年みたいで一人だけハイカラなのよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする