9月9日に何も起こらなかったことを受けて…音楽小説「Style~父親であること=これが俺の生き方~」”SMAPの木村拓哉”を降り、ワッツからFLOWという新たな航海へ
人気記事1位!!中居正広の兄のご近所さんが語る真相!兄は静岡県沼津市の「スーパーカドイケ」の経営者で、中居を「ひろちゃん」と呼ぶ甥っ子も従業員で超イケメン! ドラマ「過保護のカホコ」のはじめくん(竹内涼真)の母親からの手紙

ドラマ「過保護のカホコ」のはじめくん(竹内涼真)の母親からの手紙

「過保護のカホコ」の8話のはじめくんとお母さんとの再会シーンの回が、本当に泣けて何度も見てる。

お母さんの家に向かうバスの中で、お母さんの手紙の内容が流れたのも、けっこう衝撃的な内容にすごい辛くなった。

はじめくんの母親からの手紙の内容、書いときます。

「この手紙を読んでいるということは、あなたはきっと立派な大人になって、毎日一生懸命生きているんでしょうね。

でも7歳の時に、自分を置いて出て行った母のことを許せないでいると思います。

あなたが幼い頃から、私はギャンブルがやめられないあなたのお父さんの借金に苦しみました。お父さんが死んでからも、毎日毎日借金の返済に追われ、苦しい現実から逃げたくて、私は覚醒剤に手を出してしまったんです。

やめようやめようと思ってもダメでした。

怖くなった私は、一緒に死のうと思い(寝ているはじめの首を締めかけた)、でもその時あなたの手に赤い絵の具が握られているのに気がついたんです。

私は自分がやろうとしていたことの恐ろしさに体が震えました。

この子の未来は決して奪ってはいけない。そう思った私は、あなたを施設に預けて自首して罪を償うと決めたのです。

でも刑務所を出た後も、私はまた同じ罪を犯してしまいました。だからあなたに会う勇気が出ませんでした。

その後、更生施設で励ましてくれた男性職員と家庭を持ちました。その人には連れ子がいて、はじめのことを言い出せませんでした。

「僕がピカソを超えて、お母さんに楽させてあげるからね」と言ってくれたはじめが大好きな絵で成功し、素敵な人と幸せな家族を作れることを祈っています」

お母さんは最低なことをしたけど、本当に後悔していることが伝わってきた。

はじめくんはお母さんが男作って出ていったと思っていたから、この真実を初めて聞かされてどう思ったんだろう??

でも、自分を殺そうとしたなんて、ショックすぎると思うけど…。

はじめくんは優しいから、お母さんの苦しみもちゃんと理解してあげたんだろうな。

だから、今の自分がすごく幸せにやってるって(そのとき、カホコと別れてたけど)ちゃんと強がって見せてあげたんだね。

本当に、お母さんとの対面シーン、やばかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする