オススメ記事!映画「マスカレードホテル」のキャストがずっと発表されなかった理由!原作小説の犯人とあらすじを簡単簡潔にパパっとネタバレ!
キャスト富田くん役が田中圭で納得!映画「スマホを落としただけなのに」小説原作からあらすじ犯人をパパっとネタバレ! 「サバイバル・ウェディング」さやかの書いた婚活コラム一覧!

「サバイバル・ウェディング」さやかの書いた婚活コラム一覧!

ドラマ「サバイバル・ウェディング」の中でさやかが書いている婚活コラム、ドラマの最後に毎回出て来るのが楽しみになってる~!

なんと渋谷駅にでかでかと貼り出されて、普通に読めるみたいですね!(東京だから行けないけど)

こちらではドラマ「サバイバル・ウェディング」で、さやかの書いている婚活コラム第1回から最終話まで全てまとめました!

第一回 「ワンルームの儀式」

2話で、多香子(高橋メアリージュン)に手伝ってもらって、和也(風間俊介)との思い出を断捨離!

3話でイラストレーターが決まったので、この誌面が出てきたのは3話。

アップにすると、けっこう読める。

第二回 「クローゼット革命!!」

編集長によるモテ服、愛されワンピ指導!

第三回 「祝!? ついに三十路突入!!」

4話。男友達のイタズラサプライズで、最悪の30歳の誕生日パーティー!

第四回 「強くて素敵は褒め言葉!?」

5話。王子と徹夜で仕事のトラブルに立ち向かう!

王子から「強くて一人で生きていける感じ。そうゆうところが素敵」と言われたけれど…?

あれ、このコラム、本編で出てきたかな?

特集記事「夏の1か月ボディメイク」

5話のラストでは「夏の1か月ボディメイク」っていう特集記事だったんだけどな?

編集長代理 三浦多香子がこだわって作ったriz

6話は多香子(高橋メアリージュン)が編集長代理となって、いっぱいいっぱいになってさやかと喧嘩しちゃう話。

第五回 「幸せにする力」

7話で、男が仕事がうまくいってなくて結婚する自信がない時は、「お前が養ってやれ!」という斬新なアドバイスをした編集長。

「人に幸せにしてもらうんじゃなくて、人を幸せにする力を持て」

というのは名言。

最終回 「未定」

予告では、最終回「未定」となっていて、本編ではテーマ「選択」というコラムを書くことにしたとさやかが言っていましたね。

その本文はなかったのですが、最終回の一番最後のところで、さやかの婚活コラムが一冊の本になって、

ページをパラパラとめくるシーンがありました!

ほんの一瞬でしたが、とらえました!

さやかは半年間のうちに結婚するという目標でコラムを書いていたので、全6回のコラムを書いたってことですよね。

だから、この第6回「選択」が最終回ってことですね!

ちょっと見えにくいんだけど、もういっちょ!

なんと、編集長の言葉がキャッチフレーズとなって載っています!

「大切なのは、どんな選択をするかじゃない。

自分が選択した人生を強く生きるかどうか。それだけだ。」

ってやつですね!

今まではここには、ココシャネルとかの言葉が載っていましたが、最後の最後にさやかの「選択」を決定づけたのは、一番身近な人物編集長だった!ということですね!

そして、この本の最後のページは、さやかと王子の結婚式の写真で締めくくられていました!

出典:公式サイト