管理人お盆休み中です!また遊びに来てね!
人気記事1位!!中居正広の兄のご近所さんが語る真相!兄は静岡県沼津市の「スーパーカドイケ」の経営者で、中居を「ひろちゃん」と呼ぶ甥っ子も従業員で超イケメン! なかい君の学スイッチで紹介されたカルピスバターがとっても気になる!

なかい君の学スイッチで紹介されたカルピスバターがとっても気になる!

6月4日放送の「なかい君の学スイッチ」で武井壮さんが紹介したカルピスバターが気になりすぎる!

豪快に食パンの上にモリモリ乗せるという食べ方も、やってみたいですね~。

こちらでは、学スイッチで紹介された武井壮さんオススメのカルピスバターと、フランス産の高級バターについて調べました。




「バターを食べるために運動している」

というほどのバター好きの武井壮さん。

最近「マツコの知らない世界」でバターご飯が超話題となっていたが、私は小学生の頃からご飯の上にバターとおかかと醤油をかけて食べるのが大好きだった!!(うちの母考案)

朝食は毎日バター食パン!!

子供たちや旦那は、その上からピーナッツバターを塗ったりはちみつを塗ったりジャムを塗ったり…。

でも私はバターのみで食べたい!!

ジャムとかを塗ってバターの味が消されてしまうのが嫌なんです!!

そんなバター好きの私なので、武井壮さんの紹介したバターがとっても気になって仕方がありません!!

そんなわけで武井壮さんの紹介したバターを二つこちらにまとめました。




日本で最高峰!カルピスの特選バター

まずはカルピス社が出している特選バター!

カルピスからバターが発売されているのは知らなかったです。

こちらのカルピスバターの特徴は…

  • 日本のバターの中で最高峰。
  • カルピスを作る工程で余った脂肪分を生かして作る貴重なバター(カルピスを30本作るのに、このバターひとつしか作れないくらい)
  • 当初は業務用として販売されていたが、一流シェフから”幻のバター”と絶賛された。
  • 有名なレストランのシェフなども愛用されている。

カルピスバター食パン実食の中居さんの反応は…

思わず後ろにひっくり返りそうになるほどの衝撃のうまさ!

「からだにピース!!やべえ、これ!!」




フランス産ブランドバター バター・ドゥ・ロドルフ・ムニエ

お次は世界一とも言っていい、フランス産の超高級ブランドバター!

名前覚えにくっ!!

「バター・ドゥ・ロドルフ・ムニエ」です。

(アマゾン売り切れだった)

ロドルフ・ムニエの特徴は…

  • フランス産のバターで、世界一とも言われる。
  • 熟成士が作っている。
  • 全ての作業が熟練の職人の手作業
  • 普通のバターは12時間発酵→ロドルフ・ムニエは48時間発酵。
  • 発酵の度合いが高まると、香りが高まる。
  • 香りを嗅ぐだけで、食べていないのに濃厚さが体に入ってくる感じ。
  • 幻の高級塩と呼ばれている、天日と風で結晶化した最高級の天然塩「フルールドセル」を使用している。→塩味をかなり感じる。

中居さんの実食後の反応は…

「ここヤバい!ここヤバい!」

かじりかけのバターの重みで垂れ下がっているしっとり感がやばい!

この指は中居さんのお指です。きれいな手だな~。

一口でほおばって、うっとりしてしまう恍惚の表情の中居さんでした!

スタジオのみんなからは、

「塩分が結構効いている」

といった感想も出ていました。

超高級塩が効いているんですね!




武井壮のおすすめの食べ方

そもそも普通の人は、パンをより美味しく食べるためにバターを塗りますよね?

でも武井壮さんの考え方はちょっと違う!

「バターを食べるためにパンを食べる!!」

食パンの上に積み上げるように大量のカルピスバターを乗せる。

もう反対側に、ロドルフ・ムニエのバターを乗せる。

同じ一枚のパンに、2種類のバターを塗ることで味の違いがわかる。

バター好きじゃなきゃやらない食べ方ですね!

オーブントースターの温度と時間を長めに設定して、まずは8分くらい。

8分間焼くのではなく、窓から見ながら、頃合を見計らって取り出すのがポイント!

このどんどん溶けてくる感じがたまらない!

完全にバターが溶け出してプチプチシュワシュワなってきたら取り出します。

パンにじゅわ~っと浸み込んんだバターがとってもおいしそう!

「バターを味わうためにパンを食べる」

という意味がわかったと納得するみんなでした。

ぜひお試しあれ!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする