オススメ記事!映画「マスカレードホテル」のキャストがずっと発表されなかった理由!原作小説の犯人とあらすじを簡単簡潔にパパっとネタバレ!
映画「人魚の眠る家」原作小説のあらすじを結末までパパッとネタバレ!東野圭吾作品らしくないヒューマンストーリー 衝撃の火事の真実!ドラマ「anone」6話見逃した方のためのパパッとネタバレ!あらすじ感想!

衝撃の火事の真実!ドラマ「anone」6話見逃した方のためのパパッとネタバレ!あらすじ感想!

2018年2月14日(水)22時放送の「anone」6話。

陽人くんの天真爛漫ぶり、認められない世の中ってなんか息苦しいなぁ。

ハリカもそうだけど、全然「悪い子」じゃなかったのに、なんかちょっと社会からはみ出しちゃっただけなんだよなぁ。

でも、全然違うのはハリカはそれで両親にも捨てられたけど、陽人くんはすっごく玲から愛情を受けて育てられてたね。

そこはちょっと心があったかくなったな。

「anone」のメインロケ地は我が富士市!

ドラマ「anone」ロケ地情報!広瀬すずが富士市に来た!岳南鉄道も!

気になる「anone」の名言をまとめました!




広瀬すず主演ドラマ「anone」6話のあらすじ・ネタバレ・感想などを書いています。




ドラマ「anone」6話が10秒でわかるパパッとネタバレ!

  1. 理市(瑛太)は、昔見た完璧な偽札を見て、それと同じ偽札を作るために林田印刷所に就職した。
  2. あるとき火事が起き、一人の男が玲(江口のりこ)の息子・陽人を助けて亡くなった。
  3. 実は、その家事の出火原因は陽人だった。
  4. そのことを黙っていることを条件に、理市は社長に偽札作りに協力させた。
  5. 理市は、同じネタで亜乃音のことも脅して、偽札作りに協力させることに。
  6. 彦星があと1年しか生きられないことを知ったハリカもまた、偽札を作りたいと申し出る。




ドラマ「anone」6話の詳しいあらすじネタバレ・感想

偽札に対するそれぞれの思い

理市(瑛太)がお弁当屋で働いていた時に、ある男が現れ450円の弁当を買い一万円札を出した。何の変哲もない客だったが、10分後、その客はもう一度来て同じ弁当を買った。そしてまた一万円札を出した。

さすがにおかしいと思った理市は、受け取った2枚の一万円札を確認。すかしもありホログラムもある。その一万円札は完璧なように見えたが、番号が2枚とも全く同じだった。偽札に気付いた理市は、自分の財布の金と交換し偽札を持ち帰った。それを妻(鈴木杏)が知らずに集金に使ってしまった。自分たちのは逮捕されるのだろうか?しかし、偽札が発見されたというニュースはいつまでたっても入ってこなかった。この時理市は、完璧な偽札が存在することを知る。

その後偽札について知識を得るため、印刷工場に就職した。亜乃音の夫である社長(木場勝巳)も見せず作りに協力してくれた。

理市が帰った後、それぞれの思いは微妙に違っていた。

偽札作りに最も反対していたのるい子(小林聡美)。亜乃音(田中裕子)は、自分の夫が始めたことだからと責任を感じていた。そして、持本(阿部サダヲ)とハリカ(広瀬すず)は、偽札に多少の興味を示していた。




玲(江口のりこ)の息子・陽人(守永伊吹)の天真爛漫ぶりにハリカ(広瀬すず)涙

ハリカは学校帰りの玲(江口のりこ)の息子・陽人(守永伊吹)と偶然出会い、仲良くなる。

陽人は、天真爛漫すぎて、変わり者として学校の友達の中で浮いていた。

「僕、バカだから勉強の時に変な質問ばかりするんだ。そしたら先生に僕の声聞こえなくなった。そしたらみんなにも僕の声聞こえなくなった」

とみんなから無視されているという。先生も一緒になって?酷い・・・。

陽人の雰囲気が、幼い頃の自分と似ていると感じて、ハリカは思わず涙してしまう。

やっぱり玲は浮気相手の子供だった!亜乃音が玲を育てたのは復讐?

亜乃音が陽人を家の近くまで送っていくと、玲が鬼のような形相でやってきて、いきなり亜乃音の頬にビンタした。「なんで約束が守れないの!」(陽人にはもう二度と会わないと約束していたから)

去って行こうとする玲に、亜乃音は理市のことを話そうとする。理市から、玲との仲を聞かされたのだ。

玲は、理市が結婚していることは知っていた。

玲はやっぱり亜乃音に酷い態度。

亜乃音って後妻だったのかな?と思ってたけど、やっぱり玲は浮気相手の子供でした。亜乃音は夫が浮気していることを知っても何も言わずに、そして浮気相手が玲をほっぽり出して姿を消せば、玲に愛情をかけて育ててあげたのだ。

「育てたら自分の子供になっちゃうもん」 と亜乃音。

しかし、玲は

「お前を育てたのはあいつなりの俺への復讐なんだろう」

と父親から聞かされていた。酷い!なんでそんなこと言うの!?やっぱり父親が悪いこと吹き込んでたから、玲がこんなに亜乃音のこと嫌ってるんじゃん。




火事の衝撃の真相

ある時、火事があって一人の男が亡くなった。男は女の子をお金で売り飛ばすような仕事をしていたひどいやつだったが、火事の時に子供を助けようとして亡くなったことで一躍ヒーローになった。その子供とは、当時5歳だった陽人だった。しかしこの火事には誰も知らないもうひとつの側面があった。

陽人は、幼稚園の先生から「幼稚園をやめてください」という手紙を預かっていて、それを母親に渡したくなくて、ライターで手紙を燃やしたのだ。(前に玲が亜乃音からの手紙を父親から渡され、その場で燃やしていたのを見ていたから真似をした)それが出火の原因だった。

社長とともによく玲の家を出入りしていた理市は、その頃から陽人と仲が良かった。ピンときた理市は、陽人に手紙をライターで燃やした事について確認をし、その会話を動画で撮影していた。それを社長に見せると「黙っていて欲しい」と頼まれた。

理市は、そのことを黙っていることを条件に、偽札作りに協力してほしいと社長に示唆した。こうして社長が偽札作りに協力せざるを得ない状況に追い込んだのだ。

そしてこの脅迫は亜乃音にも同様の意味を持っていた。




4人の意志が固まる!いざ!偽札作りへ!

もともと偽札作りに一番興味を示していたのは持本。

「30年間真面目に働いてきて今何も持っていない!」と 自分を悲観していた。

陽人と玲のために、犯罪に手を染めることを決意した亜乃音。

「あなたには借りがあるので、どこへ行こうともついて行く覚悟があります」と亜乃音の覚悟に同意したるい子。

そして、ハリカは・・・。

彦星が、あと1年しか生きられないことを知る。どうしても彦星を助けたいはりかが最新技術のために「どうしてもお金が欲しい」と亜乃音に宣言する。

四人が偽札に向けて動き出した・・・!




謎の美女登場!?

彦星の病室に現れた謎の美女。彦星「香澄さん・・・!?」「彦星くん、助けに来たよ」香澄は彦星の手を握る。字幕で見ていたら、この女性は「茉歩」という名前らしい。香澄茉歩、一体誰なのか・・・!?

ドラマ「anone」6話の感想

瑛太のあのじっとりした暗~い感じいいなぁ。

あの役ってもともと高橋一生さんがやる予定だったのを降板して瑛太になったんだよね?確かに高橋一生でもすっごく似合うけど、やっぱり瑛太も演技派だからすごい不気味感出てるよ~~~。

玲はまた今日も亜乃音に「あんただって他人なんだから!」とか酷いことばっかり言ってたけど、普通他人にあんなにきつく言えないよね。あれって、完全に母親に甘えてる娘の姿。

他人他人言いながらも、やっぱり甘えてんだよなぁ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする