オススメ記事!映画「マスカレードホテル」のキャストがずっと発表されなかった理由!原作小説の犯人とあらすじを簡単簡潔にパパっとネタバレ!
映画「人魚の眠る家」原作小説のあらすじを結末までパパッとネタバレ!東野圭吾作品らしくないヒューマンストーリー ほっこり偽家族!ドラマ「anone」5話見逃した方のためのパパッとネタバレ!あらすじ感想!

ほっこり偽家族!ドラマ「anone」5話見逃した方のためのパパッとネタバレ!あらすじ感想!

2018年2月7日(水)22時放送の「anone」5話。

5話は今までで一番ほっこりした~~!それでいて、やっぱり号泣ポイントもあった。

田中裕子さん、やっぱいいわぁ。ほんと泣く。愛情が深すぎて・・。

ドラマって登場人物をどんどん好きになって、その人たちがわちゃわちゃしてるの見るのがすごく好き。

だから、大きな事件なんて起こらなくても、この寂しい4人が仲良くなって愛に溢れた偽家族になっていく・・っていう話でも十分感動しちゃうんだけどなぁ~。

瑛太が出てくると、一気にドラマの雰囲気変わるし、ある意味存在感すごすぎだけど、せっかくのほっこり感を壊さないでくれ~~っ!!

「anone」のメインロケ地は我が富士市!

ドラマ「anone」ロケ地情報!広瀬すずが富士市に来た!岳南鉄道も!

気になる「anone」の名言をまとめました!

ドラマ「anone」の名言集!




広瀬すず主演ドラマ「anone」5話のあらすじ・ネタバレ・感想などを書いています。




ドラマ「anone」5話が10秒でわかるパパッとネタバレ!

  1. るい子(小林聡美)、亜乃音(田中裕子)、持本(阿部サダヲ)、ハリカ(広瀬すず)の4人の奇妙な共同生活が始まる。
  2. カノンの容態が急変、集中治療室に入ってしまう。
  3. カノンの両親は、そんなカノンの病院に付き添うこともせずレストランに食事に行ってしまうとんでもない親!(カノンには弟がいた)
  4. 亜乃音に励まされ、カノンの病院の前で一晩中待っていたハリカ。
  5. カノン、回復。
  6. 理市(瑛太)が、ハリカら4人に偽札作りの協力を要請する。




ドラマ「anone」5話の詳しいあらすじネタバレ・感想

亜乃音(田中裕子)、ハリカ(広瀬すず)、るい子(小林聡美)、持本(阿部サダヲ)が偽家族に!

るい子(小林聡美)は、お金を持ち逃げしたことを亜乃音(田中裕子)に謝りに行き、「自首する」と言い張る。

しかし、自首をすれば印刷工場で偽札を印刷したこともはなさなければならなくなる。

弁護士事務所で働いている亜乃音にとって、そんなことがバレたら大変!

そこへ、亜乃音の働いている事務所の弁護士先生が訪ねてくる。

亜乃音に迷惑をかけたくないるい子、持本(阿部サダヲ)、ハリカ(広瀬すず)は、亜乃音の妹夫婦とその娘という設定で演技をすることにする。

(しかも、先生は本当のことを亜乃音から聞いているので、このなりすましに合わせてくれている)

その日は、るい子と持本も亜乃音の家に泊まり、翌朝4人で本当の家族みたいに一緒に歯を磨いた。

予告でやってたシーン、これかぁ~。

なんかほっこりするあったかい感じだったな。

みんなで食事するシーンとかも、やっぱりカルテットっぽいなんとも言えないほっこり感があった。

部屋数の問題で、亜乃音とハリカが同じ部屋で隣りにお布団敷いて寝ることになったのも、なんか嬉しい・・!

ここから4人の奇妙な共同生活が始まる・・・。




るい子のくしゃみがしろくまの赤ちゃん級にカワイイって、みんなで動画撮ろうとスマホ構えたり、持本の買ってきたパジャマがダサすぎて「雑巾にしちゃえ!」ってるい子が言って、作ったタオルを亜乃音さんが風呂上りに頭に巻いてたり・・・。

今日はちょっとコメディタッチ。

そして、すんごいほんわかムード。わちゃわちゃ好き。

カノンの病状が悪化

カノンに病気のことで「いつか良くなる」と励ましの言葉をかけたハリカだったが、逆にカノンの機嫌を損ねてしまう。

それから、ハリカは毎日のたわいもないことをチャットでカノンに話して聞かせるが、カノンからの返事はなく・・・。

そして、ある日いつものようにカノンの病室を外から覗いてみると、カノンがいなかった。

院内に入ってみると、カノンが呼吸不全で集中治療室に入ったということを知る。

カノンの家族が来ていたのだが、「あの子の分まで美味しいもの食べてあげましょ」と母親が言って車に乗りこんだ。

後部座席には弟の姿が。

おいおい、こんな親いるーー!?

息子が集中治療室に入ってる時に、食事どころじゃないよね!?

ハリカも兄弟間差別されてたんだよね。

余計にカノンに感情移入しちゃうよね。




田中裕子の演技が良すぎて、泣ける!ハリカに愛ある言葉を

帰りの遅いハリカを心配した亜乃音が電話をかける。

「今日はそっちに行けない」というハリカに、亜乃音は「いつも”行く”とか言うけど、ここはもう行くところじゃないからね。ここはもうハリカちゃんの帰るところだからね。」と言葉をかける。

それでもハリカを心配でたまらない亜乃音は、場所を聞き出し駆けつける。

亜乃音は、病院の前に立っていた。

ハリカは、自分もカノンの両親と同じだと自分を責めていた。

「カノンが辛い時に、笑ってた。熱出してる時に、ご飯食べてた。レストランでご飯食べてる人たちと同じ。全然大事にしてない。何もできない。だから、ここにいる必要がないの。帰ろう。ここにいてもしょうがない」

歩き出すハリカを、亜乃音は連れ戻し抱きしめた。

「何もできなくていいの。その人を思うだけでいいの。その人を思いながら、ここにいなさい」

朝方、カノンが病室に帰ってきた。

そしてなんと、亜乃音もまた、近くのベンチで一晩中待っていてくれたのだ!

泣きじゃくるハリカを、抱きしめ頭を撫でる亜乃音。

もう、完全に親子になってるやん~~~!!(泣泣)

本当に愛情深い人・・。

こんないいお母さんが、どうして娘(江口のりこ)にあんなにも嫌われてるのか、本当に謎。




そんで帰ったらるい子と持本が朝ごはんの準備しながら「おかえりなさーい」って。

しかも朝から豚カツ。

「昨日の夕飯がスライドしたんで」って。

まさか、この二人も食べないで待ってた??

もうほんと、家族だよーー!超あったかい家族!!

ご飯のとき、ハリカもとってもいい笑顔で、元気に喋ってた。

こんな愛情に包まれて、ハリカの寂しさが癒されていくといいなぁ・・・。

ハリカ(広瀬すず)とカノンが「いつか会う」約束を

回復したカノンからチャットのメッセージが来た。

夢を見た。

ハリカの働くパン屋さんで、ポイントカードのスタンプを押してもらい、「また明日も来よう」と思う夢。

明日のことを考えたのは、久しぶりのこと。

ハリカの言った「いつか」という言葉を、カノンは前向きに捉えられるようになっていた。

そして、「いつか会いたい」と二人は約束をする。




理市(瑛太)は元IT長者だった!

今はお弁当屋で働き、慎ましい暮らしをしている理市だが、実は昔はITでかなり成長し「IT長者」なんてもてはやされるほどの大金持ちだった!

しかし、騙されてお金も何も失ったのだ。

理市はまた一攫千金を狙っているのだろうか!?

なんか偽札の印刷成功しちゃってたっぽいし・・。

理市と亜乃音の夫さんは一緒に偽札を作っていた!

持本が「せっかくこんな立派な機械があるのだから」と印刷屋さんを始めたいと言い出す。

それなら、元従業員の理市に聞いてみようということになり、呼び出す。




ところが、理一はやってきてそうそう、唐突に偽札について語りだした。

亡くなった亜乃音の夫さんと一緒に偽札を作っていた。

夫さんが亡くなった後も、理市は偽札について研究を続けてきた。

理市が取り組んでいるのは、機会を騙す偽札。

自動販売機やATMをくぐり抜けるための偽札だ。

そして、理市は、ここにいるメンバーに「偽札作りに協力してもらう」と言い放ったのだ。

ドラマ「anone」5話の感想

今日はすっごくほのぼのしていていい雰囲気だったのに、最後の瑛太で台無しじゃーーー!!

そして、最後チラっと出てきただけなのに、一気に雰囲気を変えてしまい、そして予告では完全にストーリーを支配していた瑛太、恐るべき存在感・・・。

本当にこのドラマ、演技派揃いで引き込まれる~~!!




あ~、でも今日もすっごい心に染みる名言炸裂だったなぁ。

「何もできなくてもいい。その人を思いながら、ここにいなさい」とか、

「いいじゃない、生きなくたって。暮らせば」とか。

田中裕子さん~~~っ!!本当にこの人は・・・!!坂元裕二さんと組ませたら神!!

「mother」の”うっかりさん”も相当良かったけど、それと同じくらい愛情に溢れた人だぁ。

そして、小林聡美さんと阿部サダヲさんもすごい安定感ある演技派だし、瑛太も若手の中じゃ相当な演技派だし、すずちゃんはすんごい人たちに囲まれてすっごくいい経験になるね!




ドラマ「anone」6話はどうなる?展開予想

亜乃音(田中裕子)たちは印刷機の使い方を学ぶつもりで招いた理市(瑛太)から、ニセ札作りへの協力を迫られる。
ハリカ(広瀬すず)とるい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は迷惑をかけた亜乃音のために理市を突っぱねつつも、それぞれ心の内には思うところがあって…。

翌日一人で理市の弁当屋を訪ねようとしたハリカは、小学校をサボっていた玲の息子・陽人(守永伊吹)に遭遇し、思いがけず仲良くなる。亜乃音と共に、陽人の感性の豊かさに驚くハリカだったが、周りと同じように振舞えないために学校で浮いてしまう陽人が、自分の個性や自由な発想に罪悪感を感じていることにかつての自分を重ね、胸が苦しくなってしまう。

そして、ニセ札作りに足を踏み入れようとしている舵に気付いたるい子は止めようとするが、舵は珍しく声を荒げて反論する。そして、るい子は舵が探していたニセ札用のサンプルの紙をハリカに捨てに行かせるが…。

一方、玲(江口のりこ)が再婚しようとしている相手が妻子のいる理市だと知った亜乃音は、理市を呼び出し、玲を傷つけないでほしいと頼むが、そこで理市はある火事の話をし始める…。かつてお金によって人生を狂わされた理市の不気味な導きによって、四人はニセ札作りの道へ引き込まれようとしていた…。

https://www.ntv.co.jp/anone/story/




瑛太のお金への執着、怖い・・。そして上手い・・。

でも、玲を騙して、それは自分の家族を裏切ることになるのに、それでもそんなにお金が大事??

ハリカたちは、すっごく温かい家族になりつつあるけど、偽札の話が出てきて、またそのバランスが崩れたりしちゃうんだろうか・・。

まず、ハリカはカノンさんのためにお金が欲しいでしょ?

るい子は息子のところに帰るためにお金が欲しかったんだから、もう今はいらないわけだよね?

持本が一番積極的に偽札作りに動くみたいだけど、持本はなんでそんなにお金が必要なんだ?

死ぬ前に「何かを残したい」から?

そして、亜乃音がもし動くとしたら、それは当然玲と玲の息子を守る必要が生じた時だろうな・・。

せっかく寂しい4人が寄り添って、愛情を与えつつ暮らし始めたところだったのに、悪の道に進んでしまうんだろうか~~!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする