オススメ記事!映画「マスカレードホテル」のキャストがずっと発表されなかった理由!原作小説の犯人とあらすじを簡単簡潔にパパっとネタバレ!
キャスト富田くん役が田中圭で納得!映画「スマホを落としただけなのに」小説原作からあらすじ犯人をパパっとネタバレ! ドラマ「anone」初回1話見逃した方のためのパパッとネタバレ!偽札が繋ぐ出会い?あらすじ視聴率速報!

ドラマ「anone」初回1話見逃した方のためのパパッとネタバレ!偽札が繋ぐ出会い?あらすじ視聴率速報!

2018年1月10日(水)22時スタートの「anone」。

「mother」「woman」と来たら絶対見る!号泣必至!!とかなり注目度の高いこのドラマですが、なんか1話見た限りではかなりワールド??不思議系??

どっちかっていうと、「カルテット」の雰囲気が漂ってるような感じでしたね。

思っていた雰囲気とはちょっと違ったドラマだったかもしれませんが、もうすでに続きが気になる感じです!

そして「anone」のメインロケ地が我が富士市ということで、注目していきたいと思います!

ドラマ「anone」ロケ地情報!広瀬すずが富士市に来た!岳南鉄道も!




広瀬すず主演ドラマ「anone」初回1話のあらすじ・ネタバレ・感想・視聴率速報・見逃し配信動画を無料で見る方法などの情報を書いています。

2話はコチラ

ドラマ「anone」初回1話の視聴率速報!

1話:9.2

ドラマ「anone」初回1話が10秒でわかるパパッとネタバレ!

  1. 主人公ハズレ(広瀬すず)は、親に捨てられ8歳から12歳まで施設に入れられていたが、そこは虐待施設だった。今はネットカフェ難民
  2. チャットで知り合ったカノン(清水尋也)という男の子が気になるが、実はカノンとハズレは施設で一緒に育っていた
  3. カノンは病気で死が迫っている。治すには大金が必要。ハズレはカノンを助けたい。
  4. 亜乃音(田中裕子)は偽札を作っていて、処分しようとしていたが、偶然ハズレの友人がそれを見つけてしまう
  5. 余命宣告を受けた持本(阿部サダヲ)は、自殺願望のあるるい子(小林聡美)と意気投合
  6. 瑛太→まだ謎




ドラマ「anone」初回1話の詳しいあらすじネタバレ・感想

ハリカ(広瀬すず)の衝撃の過去!親に捨てられ虐待施設に預けられていた!

主人公辻沢ハリカ(広瀬すず)は、8歳の時に親に更生施設に預けられた。不登校児などの更生をする施設という名目で、実際は虐待施設だった。

12歳の時に、ハリカの弟が交通事故で亡くなり、両親がショックのあまり後追い自殺。親がいなくなったため、ハリカは児童養護施設に預けられることとなり、この虐待施設を出る。

辛い過去の記憶を消すためか、ハリカは8歳から12歳までの記憶がすり替えられていた。優しいおばあちゃんの所に預けられ、楽しい日々を過ごしていたという記憶に。

しかし厚生施設の跡地(虐待の末子供が一人死ぬところまで行ったため、その後すぐに閉鎖され今では廃屋となっている)を訪れ、昔の記憶が蘇った。

現在ハリカは19歳。ネットカフェに住み、友人二人と楽しく暮らしている。仕事は遺品整理。

ハリカのあだ名「ハズレ」の由来は?

主人公辻沢ハリカは、皆に「ハズレ」と呼ばれている。携帯のチャットゲームでも、自らのハンドルネームを「ハズレ」と名乗っている。

このあだ名を命名したのは、虐待施設の園長。

「クッキーだってたくさん焼いたらハズレができる。あんたはハズレだよ!」

と言う暴言が由来である。

両親は弟だけを可愛がり、ハリカのことを捨てたのだから、両親にとってハリカは「ハズレの子供」だったということなのだろう。




チャット友達カノンさんとの関係

ハズレがはまっている携帯のチャットゲーム。ここでカノンさんと言う病気の男の子とよく会話をしている。カノンはもう助からない病気で、ハズレはそれに同情してカノンのことが気になっている。

しかしカノンがハズレの生い立ちなどを詳しく聞いてくることを不審に思ってもいる。

実は、カノンは虐待厚生施設でハズレと共に時間を過ごした紙野彦星という男の子だった。(まだ声だけの出演で、声がイケメンで役者さんは誰!?と話題になっていますが、清水尋也さんという俳優さんです!)

「ハズレ」という変わった名前のハンドルネームに気づき、「もしかして・・・?」と思い近づいた。そして会話を通して、ハズレから幼少期の思い出を聞くうちに、「あの時のハリカちゃんだ!」と確信した。

一話ラストで、カノンはハズレにそのことを打ち明ける。ハズレはカノンに会いたいと望むが、カノンはハズレにあったら死ぬことが怖くなってしまうからと、今まで通りチャットの会話で外のことを話して聞かせてほしいと頼む。

カノンの病気を治すための最新技術にはとてもお金がかかることを知っているハズレは、なんとかカノンのためにお金を用意してあげたいと思うのだが・・。

友情の終わり

ある日ハズレの友人の一人が、海辺で大金を発見した。

それを三人で掘り出そうと、後日その海辺に向かう。しかしもう一人の友人が裏切り、お金を持ち逃げしようとする。取り返そうとする友人。

さらにそれを横から奪おうとする田中裕子。そして通りすがりで大金を目撃し、横取りしようとする阿部サダヲと小林聡美。

攻防戦の末、結局田中裕子がお金を持ち去る。

友人の裏切りにより、ハズレたちネットカフェで一緒に暮らしていた仲良し3人組の友情は壊れ、ネットカフェを出ていく。ハズレはネットカフェに一人ぼっちとなってしまった。

1話のメインエピソードとなった大金は偽札!

1話では、謎の大金を登場人物みんなが取り合うというところがメインエピソードとなりました。

最初に、林田亜乃音(田中裕子)が床下から大金を持ち出すところから始まる。

ハズレたちが掘り出したお金を奪い返しに来る。そしてしきりに「このお金は使っちゃいけないんです!」と訴えている。

亜乃音が乗っている車は印刷会社のもの。実はこのお金、偽札らしい。印刷工場で偽札作りに関与したか?

掘り出した時に散らばった2万円だけをハズレが持っていて、2枚のお札の番号が全く同じことに気がつく。

亜乃音の秘密を知ったハズレ。こうしてこの二人が繋がっていく・・・。




阿部サダヲを小林聡美のありそうでなかった豪華共演!

余命宣告を受けたカレー屋の店主持本(阿部サダヲ)。

そのため今日で店じまいしようという日に、たまたま客として店に入ってきた青羽るい子(小林聡美)。

持本が病院からもらった診断書を見て、持本に死が迫っていることを知ったるい子は、自分にも自殺願望があることを告白し、二人で行動を共にする。

るい子はエリート会社に勤めていたが、女だからという理由で出世できず、最後は部下のいない倉庫管理の部長に昇進した。(昇進というのは名ばかりで、明らかに左遷)

腹いせに会社の倉庫に火をつけて5年服役していた。

もう帰るところはないし、ずっと死にたいと思っていた。

しかし持本が「やっぱり死んではいけない」とるい子を説得する。

この二人がハズレたちとどのように関わってくるかはまだ謎。

だが、この大人の二人の会話が結構深くて面白い。この二人、ありそうでなかった共演。ここだけなんかすごく本格派で上質な雰囲気が漂う。

ドラマ「カルテット」のような、登場人物の会話に「あるある!」や「わかる~!」などの共感を覚えるドラマなのかもしれない。

謎の男、瑛太の役どころは?

ラストちょっとだけ出てきた瑛太。

まだどんな役なのかは謎。




ドラマ「anone」2話はどうなる?展開予想

かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていたあの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。

さらに札束の出てきた床下の穴から、15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が発見される。
探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに亜乃音はショックを受ける。

一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの西海(川瀬陽太)に言われるままカレー店を乗っ取られようとしていることを知ったるい子(小林聡美)は、札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子…。

そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿るハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実で…。

https://www.ntv.co.jp/anone/story/

偽札の事実に気づき、ハズレが亜乃音を尋ねるところから、この二人の不思議な関係が始まるようですね。

友人を失い、ネットカフェで一人ぼっっちになってしまったハズレに、「うちに来たら?」と言ってくれた亜乃音。

親子のような支えっていく関係になっていくのかな?

そして、亜乃音が抱えている悩み。

ずっと探している娘(江口のりこ)。

来た来た~!坂元裕二さんお得意の親子ネタ~~!

またとっても切ない物語が描かれそうですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする