オススメ記事!映画「マスカレードホテル」のキャストがずっと発表されなかった理由!原作小説の犯人とあらすじを簡単簡潔にパパっとネタバレ!
映画「人魚の眠る家」原作小説のあらすじを結末までパパッとネタバレ!東野圭吾作品らしくないヒューマンストーリー 【本当にあったエピソード10話⑤】中居正広ラジオSMAP最後の日に伝えたかったこと

【本当にあったエピソード10話⑤】中居正広ラジオSMAP最後の日に伝えたかったこと

中居正広ラジオ2016年12月31日サムガ最終回、全文ノーカット書き起こし。

「誰も悪くない」と訴え続けた中居の思い。

全身で木村を、慎吾を守りたいという中居の思いが聞こえた気がした。

そして、木村に宛てたメッセージとも取れる発言も・・・。

この記事は華麗なる逆襲~彼らの真実~10「オレンジ」5人でともに過ごしたこの日々を決して忘れないストーリーのもととなった12月31日SMAP最後の日の中居正広さんのラジオです。





SMAP最後の日に、中居正広のラジオ。これは神様が与えてくれた意味のあるもの?

サムガールSMAP最後ですねスペシャル~。

さてさて2016年、大晦日。幸か不幸か、31日ですか・・・ねぇ。うーん、 神様は僕にこの31日という今日の日を、どういう意味で与えてくれたのかなって言うね。

うーん・・・これは「しっかりしなさい」と言っているのか「しっかり務めなさい」というのか「ぶれないでやれよ」って言う、これは違うか。

なんで31日だったんだろうね。いや、これ何か意味があるのかなって、僕は勝手な解釈をしようかなと思ってますけど。31日か・・・ちょっとお話ししましょうか、ね。お話しないといけないこともあるのかなと思っております。始まります~。

僕がなんかちょっとお話しすることで、また迷惑をかけたりすることもあるのかななんて思いながらもですね、でもね、なんだろう・・本当に神様・・なんで僕が31日なんだろう?




2016年、毎日がデリケートすぎて、麻痺してしまった

ちょっと話ししましょうかね。僕にとってはですね、この一年というのは、敏感な時期だったりデリケートな時期が本当に、毎日そういう日々が続きました。あんまりこういう日が目まぐるしく続きますと、何て言うんだろ、敏感な時期だからデリケートな時期だからと思いながら、そうなると鈍感になっていくっていうかな。麻痺してるって言うほうが正しいかな。

あまりにも毎日・・・。それが僕はこの一年学んだことかな。やっぱりデリケートな時期だとか敏感な時期だとか、ちょっと神経質な(時期だから)丁寧に行かなければいけないから、言葉を選んだりすることとか、言動とかも含めてですけど。あまりにも考えると本当に麻痺してきて、年末本当に鈍感って言うか。なんだろうね。えっこんな感じになるんだ・・っていうのを感じたかな。

きっと間違えた瞬間、不正解だった場面があった

もういっぱいいっぱい迷惑をたくさんかけすぎちゃってるので、僕ね、ここでお話しするのも決して自分の私利私欲と言うか、自分が好かれたいとかこの期に及んでそんなことは全くないですよ。この期に及んで!(笑)

こまできて自分だけとか、そういうのは1っミリもなくなるよね。自分の肯定論ってあるじゃないですか?僕は正しいとか私は間違ってないって。自分の肯定論を認めてもらいたいがために、嘘をついたり、人の悪口を言ったり、人の心を踏みにじるようなことは、僕はしたくないんですよ。

よって群れることとかも、そういう真似はしたくないんですね。その肯定論というのも、僕は今年1年の自分は、言動行動、あるいは決断、決して全てが正しいなんて全然思ってないんですよね。間違える瞬間とか、不正解だった場面とか、僕はきっとあると思ってるんですよ。




44年の人生の中で、今まで教わったことのない1年だった

僕は今年44歳なんですが、今までやっぱりなんていうんだろ、習ったことのない一年だったんですね。今年過ごした日々というのは、教わったことのない一年だったんですよ。

例えば掛け算、九九、ボールの投げ方、道徳心、お年寄りがいました、席を譲りましょうとか。そういうことが訪れたり、ふりかかってきたり、直面したら、学校の先生とかお父さんとかお母さんとか、上司先輩に教わったことを実行できるんですけど、うーん・・・教わったことがなかったのかなぁ・・・。

だから正解はわかんない時もありましたし、何が正しいのか、何周も何周もしてたんですけどね。だから全てが正しいなんて僕は、自分が正しいなんて本当に思ってないですね。人間の真価を問われる1年だったなって。それは僕自身感じたかな。

誰も悪くない

あとね、誰も悪くないんです。こういう風に言うと、僕は悪くないんですって言ってるじゃないですよ。ではないです、ではないです!この後に及んで!

そんなに認めてもらいたいがために、好かれたいがためにっていう、そういう話はないんですが。何なら別に僕は悪くても全然大丈夫なんですけど(笑)僕、ちょっと大丈夫なような気がするんです。円滑に行くんですでしたら、全然いいんですけど。

ちょっとした誹謗中傷とか、批判とかネットうんぬんみたいなのは、さっきも話しましたよね。敏感だとかデリケートだとかっていう時期っていうのを通り越して、麻痺しているので、全然大丈夫と言うか。僕は比較的見ない方ですけど、やっぱり耳に入ってくるじゃないですか。だからもう、どうぞどうぞみたいな。

誰も悪くないんですよねぇ・・・。ちょっと年明けたら、そっとしてあげたいなっていうのがありますよね、なんか。メンバーは、今年一年本当によく頑張りました。よく踏ん張ったと思います。いろんな思いあったと思います。もういろんな思いが入り混じって、複雑な思いあったと思います。みんなも習ったこともない一年ですから。

ここで、しきりに「誰も悪くない」と訴えていた中居さん。

完全裏切り者のイメージがついてしまった木村拓哉。

SMAPを消滅させた戦犯だとされた香取慎吾。

この二人をどうか責めないでください・・・という思いが溢れていた。

「僕が悪くていい」最後までリーダーとして、メンバーを守ろうとする中居さんに、胸が熱くなりました。

よく頑張ったなあと思います。うん。最後まで、しっかりSMAPを務めたと、僕は思います。労いとかお褒めの言葉をあげてほしいなって思いますね。




ファンの思いは届いていた

それと僕ね、ずっと言わなきゃいけないなと思ってて、伝えたくてね。日頃、さっきもちょっと話しましたけど、ネットとか週刊誌とか、ほぼほぼ見ないんですけど、さすが僕でも情報が少々ですが、入ってくることもあって、37万人以上の署名運動とか世界に一つだけの花購買運動とか、ベストアルバム出ました、投票してくれたこととか、9月の9日かな?SMAP25周年で各地でそれぞれのイベントをしてくれていたこととか、新聞の広告欄にメッセージをくれていることとか。しっかりと、まっすぐに、僕の目にも、耳にも、何より僕の心に、みんなの全ての思いっていうのが、ちゃんと届いています。

お返事のタイミングを失っちゃったわけではないんですが、見てないふりをしようとか、ノーリアクションで通そうとか(思っていたわけじゃなくて)。タイミングを失っちゃったのかな。

お返事遅れましたけど、ありがとう。ありがとうでいっぱいです。

期待に応えられなくて申し訳ないでいっぱいです。

いつもの僕なら、うっぜー!とか、重いんだけど!とか、キモいんだけどそういうの!とか、そんなことも言えなかったなーって・・・。本当にみんなの気持ちがすごく溢れてて、そういう思いが純粋に満ちてて、純粋に受け取りました。本当にお返事遅れて申し訳ないなと思います。

1月以降とか8月以降、ラジオにもたくさんハガキが来てまして。放送で読めなかったハガキ、紹介されてないハガキとか、僕ちゃんと読んでますから。読んでますから、うん。

たぶん、ラジオで読むのを止められたハガキもいっぱい来てたんだろう。

でも、ちゃんと読んでくれてた。「読んでますから」って2回繰り返して言ってくれてたから。

思いは届いていたのに、それに返事をすることを許されなくて、きっと辛かったよね。

だから、今日は「ここで発言してまた迷惑かけちゃうかもしれないけど・・」と上の人から怒られる覚悟で、いろいろと話してくれたんだね。

ここまでやってくれたファンに対して、スルーで通すなんてこと義理堅い中居さんにはできなかったんだね。




ベストアルバムはノンストップで一気に全部聞いた

アルバムの特集、アルバム全部聞きました。ノンストップで一気に聞きました。最初は複雑で、正直聞けないかなとか、ちょっと無理かな、やめとこうかなと思ったんですけど。

これってSMAP側から出してるアルバムですが、ファンの子たちから出たアルバムなんじゃないかなってね。さっきの署名運動とか、購買運動とか、新聞の広告欄とか、そういう気持ちを受け止めるためにも、しっかり聞かなきゃいけないなって。てめえの都合でスルーしちゃダメだなって。これは逃げちゃだめなんだぞって。

感想を言いましょうか?ベストアルバムの感想。

SMAPを僕は一番近くで見てますし、SMAPを一番肌で感じているSMAPファンでもある僕としては、なんだろうね、みんなとほぼほぼ変わらない選択だったなーって。そんなベストアルバムだなーって。

結構一緒じゃん!と思って聞かさせていただきましたね。これ入らなかったんだー!とか、これ入るんだ!これ入んなかったんだ!って。曲、まーでもいっぱいあるからな。

みんなと一緒でびっくりしましたね。3枚あるんですけど、1枚目の誕生した順に曲が並んでたりするんですよ。「Can’t Stop」で、次の曲がもう「Best Friend」なんですよね。早っ!!と思いながら。

一枚目の前半とかも、みんなどんな思いでこれ選んだのかなって。意外とでも、あってるなーって。みんな結構一緒じゃん!と思いながら聞いてましたね。




木村に対するメッセージ?

それではエンディングに迎えたいと思います。

さてお別れですね。もっともっと言わなきゃいけないこととかね、あったと思います。今まで携わってきて、スタッフの方とか共演者の方とかタレントさんとか。全部全部ですが。

ま、この辺で勘弁していただきたいなと思いますね。少し来年はゆっくりしたいなって。本当に28年っていうのは、全然あっという間だったとは思わないですし、僕は性格的なものなのかなんなのかわからないですけど、前ばっかり見れるタイプじゃなくてね。ちゃんと自分の足跡、どこで脱線したのかなとか、どこで立ち止まったのかなとか、どこで道草食ったのかなーとかっていうのを、ちゃんと確かめながら、僕は前に進みたいタイプなんでしょうね。

これからもまた道草することもありますし、寄り道することもあるでしょうし、来年はどういう風にしようかななんて全く今は考えてないんですよね。ちゃんとゆっくり噛み締めながら、進んでいきたいなって。

これは、スマスマ謝罪会見で「前だけを見て」と繰り返した木村の言葉や、「前に!」という曲が大好きで、どんな困難にもいつも前だけを向いて乗り越えようとする木村の考え方に対するメッセージじゃないかと思う。

二人の間で「前を向いてやっていこうぜ!中居!」っていうやり取りがあったのかもって思った。

だけど、こんな時でもやっぱり二人は背中合わせ。

全く同じ思いじゃないけど、どちらのやり方でも、少しずつでも前に進んでいってくれれば、私はどちらでもいいと思う。

どんなにゆっくりでも、見守っていく覚悟はできてるからね。




スマスマ謝罪会見についての記事はコチラ!↓

華麗なる逆襲~彼らの真実~4「ただ前だけを見て」謝罪会見で見せた木村の不可解な行動

【本当にあったエピソード4話】違和感と謎だらけのスマスマ謝罪会見!SMAPを分裂させたかった意外すぎる首謀者は実は○○だった・・・!?

最後に中居はメンバーの名前を絶叫

本当に、相葉くんとか今大丈夫かなと思いますよね。ちゃんとやってるのかなって(笑)(この年、嵐の相葉雅紀が紅白の司会をしていた)

今僕がどこで何をしてるのかもわからないですね。勝手ですみませんが、僕のわがままと言うか、思う存分勝手ながらですけど、僕の好きに締めさせていただきたいと思います。

最後は一曲お送りしますが、これは僕の一心で決めさせていただきました。曲紹介も別にするつもりはないんで。

それではサムガールスマップも最後ですね。SMAP中居正広としても最後の放送です。

勝手ながら締めさせていただきたいと思います。

ちょっと声張りますね。いいですか?(飲み物のグラスの音。飲み物飲んで準備して・・・)

慎吾ー!剛ー!吾郎ー!木村ー!SMAPー!じゃあねーっ!バイバーーイ!

♪SMAP「CAN’T STOP!!-LOVING-」




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする