9月9日に何も起こらなかったことを受けて…音楽小説「Style~父親であること=これが俺の生き方~」”SMAPの木村拓哉”を降り、ワッツからFLOWという新たな航海へ
人気記事1位!!中居正広の兄のご近所さんが語る真相!兄は静岡県沼津市の「スーパーカドイケ」の経営者で、中居を「ひろちゃん」と呼ぶ甥っ子も従業員で超イケメン! 清水港 水上バス乗船レビュー!東海大学海洋科学博物館(三保水族館&恐竜博物館)楽しみ方!

清水港 水上バス乗船レビュー!東海大学海洋科学博物館(三保水族館&恐竜博物館)楽しみ方!

こちらでは㈱エスパルスドリームフェリーが運営している清水港発の水上バスの乗船レビューについて書いています!

三保にある東海大学海洋科学博物館(三保水族館&恐竜博物館)がとっても楽しかったので、写真つきで詳しく解説!

子供連れの遊びとしてはオススメですよ~!




水上バス(清水港→エスパルスドリームプラザ→三保海岸)の料金

http://www.dream-ferry.co.jp/waterbus/price.htmlより引用

  • ・小人運賃とは小学生を対象とします。
  • ・幼児は(6才未満)は大人1名につき1名無料、2名から小人運賃となります。
  • ・身障者は身障者ご本人及び介護者1名に対し50%割引となります。

うちは、子供二人ですが小学生以下なので大人2人分だけで片道800円!

かなりリーズナブル!

レジャー料金じゃなくて、普通に移動手段ってゆう考え方っぽいですね。

ちなみに三保からバスで帰ると大人片道430円なので、なぜかレジャーな水上バスのほうが安いという不思議な現象・・・!

水上バスでどこの港に行けるの?

清水港 江尻(河岸の市前)

まずは出発地点!清水駅東口を出て徒歩5分です。

土日は30分に一本ペースで運行しています。

私たちが到着したときには、ちょうど出てしまったところだったので、港で海を見ながら待ちます。

どこでも電車で遊ぶうちのちびっ子たち。

この港の裏側は、清水で有名な「河岸の市」!!

おいしいものを食べながら時間調整するのもヨシ!

本当は寄りたかったんだけど、子供が中に入るのをグズったので会えなく残念・・・。外で待ちました。

 

ついに乗船!!ドキドキ~!

日の出(エスパルスドリームプラザ前)

エスパルスドリームプラザが見えてきました!

  

水はあんまり澄んでなくて、魚とかは見えなかったです。

けっこう波がグラングランすることもあり、迫力ある!でも、子供も怖がらずに楽しんでいました!

本当はこの目の前に富士山が見えるらしいんだけど、今日は雲があって見えなかった・・・!

あっちに走ってレインボーカラーの船が清水港から土肥港まで行ける駿河湾フェリー!

今度はあれに乗ってみたいけど、片道65分で大人2000円以上だから敷居が高い。

車も乗せると5000円だし(この場合、ドライバーの料金はここに含まれるので、実質車を乗せるとプラス3000円ってとこかな)

一応、駿河湾フェリーの料金表載せておきますね。

http://www.dream-ferry.co.jp/suruga/price.htmlより

  • ※ 1歳未満の乳児は無料です。
  • ※ 幼児は大人1名に対し1名無料です。
  • ※ 中学生以上は大人扱いとなります。
期間A

ゴールデンウィーク(2017年4月29日~5月7日)
夏期(2017年8月11日~8月31日)
年末年始(2017年12月29日~2018年1月10日)

期間B

三保

今回、私たちが行ったのは三保!

平成25年6月に富士山世界文化遺産の構成資産に登録!

天女伝説の羽衣の松があるらしく見てみたかったんだけど、今回時間がなくて断念!

https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=336

「神の道」と呼ばれる松並木もあり、本当に自然がキレイ!こうゆう散策道歩くの好きだから、水上バスがアトラクションで子連れならあとはお金かけなくてもゆっくりお散歩するだけでも一日楽しめちゃうかも。

だって、ただの歩道を歩くだけでこのテンション!下のオチビは楽しすぎてなぜかオネエ走りに・・・!?

東海大学三保水族館(海洋科学博物館)&恐竜博物館(自然史博物館)

私たちが、今回行ったのはここ!

東海大学の学生さんたちがスタッフとして働いていて研究などを行っている水族館と恐竜博物館のセット!

料金

https://www.muse-tokai.jp/guide/index.html

駐車場

一日500円

かなり楽しい!体験型三保水族館&恐竜博物館!

入口の感じはまぁまぁ田舎の小さな水族館&博物館って感じ。

そんなに期待はしてなかったんだけど、実は中がすごかった・・・!!

恐竜博物館のほうは、いわゆる博物館で見て回る感じ。

でも、子供ってただ見るだけだと飽きちゃいますよね。





でも、次の三保水族館はめちゃくちゃ体験型!!

なんでもかんでも「触りたい!」「自分でやってみたい!」の子供心をくすぐりまくり!!

一つ一つ立ち止まって、めちゃくちゃ楽しんでいましたよ~♪

水槽が輪っか状にくり抜かれていて、中から魚を見れるようになっている!

展示の仕方も昔みたいにただ水槽に入れて前から見るという平面の見せ方じゃなくなってきてる。

最近の水族館や動物園は、本当に展示方法が面白くなってきてるけど、こんな田舎の小さな水族館でもこれだけ凝った見せ方をしているとは・・・!

自分で波を起こしたり

下からライトを当てて、エビを驚かせたり

トンネルに入ると・・・外から見ると水槽の中に入っているみたい!

人工的に津波を起こす模型実験も時間制でやってます!このへんが大学がやってる水族館って感じ!

ちなみに、えさやりしてるこのスタッフは東海大学の学生さんですよ~。

そして、次のコーナーの大水槽がすごーい!ここは横浜八景島か!?沖縄ちゅら海水族館か!?

さらに、階段があって水槽の下に入れるぞ!?

中に入ると、天井に小窓があって、そこから水槽の中が見える作りになっている!サメのお腹が見える~!

2階にも上がれるようになって、子供たちテンションマックス!!ずっとスロープをぐるぐる走り回って上って降りて・・・(笑)




ちびっ子探検隊が入れるトンネルを発見!!

 

入口は子供しか入れないくらいの大きさだけど、中に入ってみるとけっこう広い~!

出口は高くなっているので、そちらから大人も入れます。

   

自分でカメラを動かして卵を観察できる。

トンネルから入って水槽の中に入っているような写真が撮れる、まさに”インスタ映え”スポット!!

カメラ越しに見るとCGみたいにカクレクマノミがくっきり見えてなんか不思議な感じ。

めちゃくちゃカワイイ写真が撮れますよ!

水槽の周りをぐるっと囲んでベンチがあるので、大人はゆっくりと休みながら写真撮影ができます!

まだまだあるぞ!お次は「科学館」コーナー。

  

めちゃくちゃでかい鯨の骨!広い広い~!今度は何だ!?とワクワク走り出す!

磁石に液体がくっついてくる不思議体験!

本物の釣り竿を触れるコーナーがあったけど、結局子供用に釣りのおもちゃでめちゃくちゃ長いこと遊ぶ・・・。そうゆうのって、そこらへんのイベントの無料キッズコーナーによくあるやつじゃん。でも、子供って結局「何もここまで来てそれしなくても・・・」ってゆうので一番盛り上がるよね。

顕微鏡を覗いたり(これは上手に見れなかったので消化不良だったらしい)

水中になんか沈めて水深が深くなるとどう見えるかって実験。

そして、一番上の子が気に入ってたのは「メカニマル」!機械のアニマルです!!

普通は展示してある動きを見て「へ~」って感じだけど、これは自分で操縦できるから子供的にはすごく楽しい!!

操縦できるメカニマルはたくさんあったので、順番待ちもないし、一人の人が長時間できるのもいいですよ!



エスパルス練習場グランド

この三保水族館は、エスパルスの練習場のすぐお隣!この日は、たまたまトップの練習が行われていました~!

たっぷり水族館を楽しんだので、外の売店でソフトクリームを買って食べながら練習を見ていくことに。ソフトクリームもバニラは210円とけっこうリーズナブルだった。

こちらが練習場を見に来た人の駐車場。一日500円。となりには水族館の駐車場もあって、そこも一日500円です。ここ、選手も利用しているのか、外国人の選手がここから出てきたぞ?

水上バス時刻表

しかし、このエスパルスの練習を見たことが間違いだったのです・・・!

水族館で楽しみすぎて(たぶん3時間くらいいた)、水族館を出た時点でもう16時過ぎ。

練習を見終えて水上バス乗り場に向かうと(練習場の駐車場の向かい側くらいなので、めちゃくちゃ近いのですが)、なんと最終が10分前で出ちゃってる!!

土日の江尻(清水駅)行最終は16時43分です!!ご注意を!!

 

土日

平日

水上バスよりバスのほうが高い

そこで仕方なく路線バスで帰ることに・・・。

しかし、路線バスは大人430円!水上バスは400円だったのに!

レジャーの乗り物のほうが安いってどうゆうこと!?

でも、今日は富士から電車→水上バス→バスと乗り物コンプリートしたので、子供たちはタイ満足でした!

宿泊もできるよ

うちは日帰り旅行でしたが、水上バス降りたところにホテルもあったので、夏に海水浴するときなんかは宿泊で来てもいいかも~。

日帰り温泉とご飯だけ楽しむこともできるみたいです!

博物館と水族館(津波実験以外)、全て屋内なので雨の日は夏の暑い日の子供の遊び場に困ったらぜひ行ってみてください~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする