9月9日に何も起こらなかったことを受けて…音楽小説「Style~父親であること=これが俺の生き方~」”SMAPの木村拓哉”を降り、ワッツからFLOWという新たな航海へ
人気記事1位!!中居正広の兄のご近所さんが語る真相!兄は静岡県沼津市の「スーパーカドイケ」の経営者で、中居を「ひろちゃん」と呼ぶ甥っ子も従業員で超イケメン! 華麗なる逆襲~彼らの真実~

華麗なる逆襲~彼らの真実~1「CRAZY FIVE」拳をあげろ!!

これは、5人の男たちがお互いに思い合い、かばい合い、権力に抗って戦い続けた大きな愛と友情の物語。

SMAP解散の裏事情を勝手に妄想して書いた作品です。
中居さん、木村さんの2TOPが大好きなので、二人を中心に書いています。
全くのフィクションです。

こちらは中居くん目線のストーリーです。

シリーズ作品ですので、続きもぜひご覧下さい!




中居サイドストーリー

2015年冬。

俺たちは、事務所を出る決意をする。

それは、俺たちを売れない時代からずっと支えてきてくれたマネージャーが、とんでもない屈辱を受けたことがきっかけだった。

「もう我慢の限界だよ飯島さんをあんなふうに苦しめる事務所に、これ以上ついていけない

マネージャーを本当の母親のように慕っているうちの末っ子は、今にも泣きそうな顔で言った。

そりゃそうだ。

慎吾は、小学生のときからずっと可愛がってもらっている。

本当の母親といるよりも長い時間を過ごしてきているのだ。

「お前ら、覚悟はできてるか

俺はメンバーの顔をぐるっと見渡す。

これは、何度もみんなで話し合って出した結論だった。

剛と吾郎が無言で頷く。

「お前の決めたことに、ついていかない人間はここにはいねーよ。いつだってそうだっただろ

木村は、横目で俺を見ながらニヤリと片方の唇を上げて言った。

SMAPは独立する

俺は、改めて俺たちが出した答えを言葉にした。




その後、俺たちは社長に事務所を出ることを報告した。

それは、相談じゃなくて報告だ。

もう俺たちの決意は固まっていた。

揺るがない。

だって、これは今に始まった話ではないから。

俺たちはずっと事務所からハブにされていた。

デビュー当時から上から認められていなかった俺たち。

ずっと昔、「JFRIENDS」というユニットに入れてもらえなかった頃から、それはますます決定的なものとなり、とてもあからさまなイジメのようなものだった。

他の事務所の後輩がグループ同士の交流があることにちょっと寂しさは感じたけれど、別に仕事場に友達を作りに来ているわけじゃない。

俺たちには信じ合えるメンバーと母親のように俺たちを支えてくれるマネージャーがいた。

それだけで十分だった。

だからこそ、マネージャーが俺たちのことで踏みつけられるのは耐えられなかった。

俺たちがここまでがむしゃらに頑張ってこられたのも、マネージャーに花を持たせてあげたい一心だった。

だけど、どこまで頑張って結果を出しても、上は俺たちを認めてはくれなかった。

そこで、俺たちは決意したんだ。

この事務所との決別を。

社長は意外にもそれをあっさり承諾してくれた。

いや、あっさりと言うのは語弊があるだろう。

社長だって、心を痛めていたはずだ。

だけど、社長は俺たちのことを思って手放すことを受け入れてくれたのだ。

「僕が頼りないばっかりに、YOUたちに長年辛い思いをさせてしまってすまなかったね」

社長はもともと派閥的考えのない人間だ。

そして、神様から原石を見出す目をもらったいわば天才だ。

その原石が輝くことだけを望んでいる人。

しかし、その穏やかな人柄なだけに、下の暴走を止めることができなかった。

「自由になったらいいよ。僕は、YOUたちの幸せを願っているからね。ここを巣立っても、YOUたちはずっと僕の子供だよ」

社長の目には、涙が滲んでいた。




そして、12月。

俺たちはFNS歌謡祭に出演した。

「わぁ~TOKIOやっぱかっけーなぁ~。長瀬くん、相変わらず歌うまいね~。あ、なんか若い子も出てるんだね。HeySayJUNPいや~さすがにここまでくると俺わかんないや~」

普通ならピリピリしてしまうような状況で、無邪気にこんなふうに言えてしまうのは本当に剛らしい。

後輩が誰も楽屋に挨拶に来ないで本番を見て出演グループを知るなんて、フツーじゃねーだろ。

まぁ、現状を嘆いたり、その状況を作った人間を悪く言ったりしないところが、剛のいいところなんだが。

しかしこの後、俺たちはとんでもない光景を見ることになる。

大先輩の歌に、後輩たちは前に出てきてスタンディングオーベーションで会場を盛り上げた。

そして、次は俺たちの出番だ。

今まで後輩たちとの共演をことごとく禁じられてきたけれど、これだけフルメンバーが揃うステージで歌えるなんて。

後輩たちの手拍子の中で歌うなんて、どれだけ嬉しいことだろう。

さんざん話し合って決めたことなのに、事務所を出る決意が揺らいでしまいそうだ。

しかし、俺たちがステージに出るのに押し出されるように、そこにいた後輩たちはサーっとみんなはけてしまったのだ。

なんだこれ??

そうか、独立の話を聞いて、上が嫌がらせを始めたんだ。

でも、テレビだぞ

みんなに夢を与えるテレビで、イジメの現場を映すって頭おかしいんじゃねえのか

これで気持ちは完全に決まった。

こんな場所には、もういられない。




俺は、その日楽屋でメンバーにこう告げた。

SMAPは独立する。それを今年の紅白で公表する

メンバー全員が驚きのあまり口を開けたまま固まって俺を見る。

慎吾なんてかぶりつきかけていたハンバーガーをバサっと落とし、でっかい口だけはそのまま開けっ放しのまま固まっている。

「もう後戻りできない状況に追い込みたいんだ。それに、俺たちの決意を早くファンのみんなに伝える必要がある。ファンのみんなにだけは、嘘はつけないから。ダメ・・・かな

すると、木村がいつものように片方だけ口元を上げた笑顔を作る。

「何度も言わせんなって。お前が決めたことなら・・・」

「ついていかないヤツはここにはいないよ!!

慎吾と剛と吾郎が口を揃える。

「おい~~~お前らっそれ俺のセリフだからっ!!

木村が怒りながら笑う。

他の人が笑う。

せっかく築き上げたこの地位を捨てるなんて、みんなが俺たちの決断に首をかしげるだろうか?

でも、俺たちは「CRAZY」でもいいんだ。

今までの道のりは決して簡単なものじゃなかった。

歯を食いしばって耐えた若かりし頃の気持ちを忘れない。

だけど、いつだって俺たちは自分たちで道を切り開いてきた。

これからだってそうするだけさ。

だって、俺たちはどこへだって行ける。

決して迷うことはない。

そう、5人一緒なら。

俺は、こいつらのこの笑顔を絶対に守り続けると決めたんだ。

これは俺たちの、華麗なる逆襲だ!!




Far away!若すぎたんじゃない

そう誰にも従わずに 突き進んだ証

So far away!もう一人じゃない

さぁ手を取り Yes,We are all one.

涙を越え明日へ・・・1234Crazy5!

出典:SMAP「CRAZY FIVE」作詞作曲:N.マッピー/宮下浩二/宮下昌也

探してた道しるべは 踏み出した最初の一歩で

無限に広がる期待 あの頃に見た儚い夢を・・・

ちっぽけなこの手のひら それでもギュッと握って

奥歯を噛み締めていた 負けたくない 強い眼差し・・・

出典:SMAP「CRAZY FIVE」作詞作曲:N.マッピー/宮下浩二/宮下昌也

So far away!五つの星屑

くじけそうでも拳をあげろ 皆が迷わぬように

So far away!信じる気持ちは

わすれないよ Yes,We are all one.

諦めない明日へ・・・1234Crazy5!

出典:SMAP「CRAZY FIVE」作詞作曲:N.マッピー/宮下浩二/宮下昌也

SMAP「CRAZY FIVE」の歌詞全文を知りたい方はコチラ

華麗なる逆襲~彼らの真実~2へ続く




この小説はフィクションですが、現実世界であったSMAPの報道や巷で囁かれている噂を随所に盛り込んでいます。

本当にあったエピソードを知りたい方はコチラ↓

【本当にあったエピソード1話】FNS歌謡祭ジャニーズ後輩退席事件やJ-FRIENDハブ事件を中居が自虐ネタに!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする